ロードバイクの情報を発信しています!

ヤコブ・フグルサングはダブルツールを走るが、どちらでエースとして走るのか?

海外情報
Photo Jakob Fuglsang instagram
この記事は約4分で読めます。

今シーズン、クラシックではバツグンの走りを見せてくれたヤコブ・フグルサング。

UCI獲得ポイントも堂々の3位とチームに大きく貢献している。

かれは来シーズン、ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスのダブルツールを走るというが、チームにはミゲル・アンヘルロペスという若いエースがいる。

ヤコブ・フグルサングがエースをつとめるのはどちらのグランツールなのだろうか?

 

スポンサーリンク

2019キャリアハイの成績

Photo Jakob Fuglsang instagram

34歳のヤコブ・フグルサングは今シーズン文句なしのキャリアハイの成績をおさめた。特に春先のクラシックではジュリアン・アラフィリップとの二人逃げは何度も見た光景だった。

あらためて彼の今シーズンの成績を見てみよう。

 

Jakob Fuglsang
2019主な成績
  • Vuelta Ciclista a la Región de Murcia Costa Cálida (2.1) 山岳賞
  • Vuelta Ciclista a la Región de Murcia Costa Cálida (2.1) 総合優勝
  • Strade Bianche (1.UWT) 2位
  • Tirreno-Adriatico (2.UWT) Stage5 優勝 総合3位
  • Itzulia Basque Country (2.UWT)  総合4位
  • Amstel Gold Race (1.UWT) 3位
  • La Flèche Wallonne (1.UWT) 2位
  • Liège-Bastogne-Liège (1.UWT) 優勝
  • Critérium du Dauphiné (2.UWT) 総合優勝
  • La Vuelta ciclista a España (2.UWT) Stage16 優勝 総合13位
  • Il Lombardia (1.UWT)  4位

ツール・ド・フランスの前哨戦であるクリテリウム・ドーフィネでは総合優勝。期待されたツールだったが、2度のクラッシュによってリタイヤとなってしまう。

 

ブエルタ・ア・エスバーニャではミゲル・アンヘルロペスのアシストとして走ったが自身初のグランツールステージ優勝に総合でも13位と好成績を収めた。

そんな、ヤコブ・フグルサングが来年の目標をデンマークのテレビチャンネルTV 2 Sportで語っている。

来シーズンは、ダブルツールを走るかもしれないが自分はジロ・デ・イタリアでリーダーとして走るそうだ。

来シーズンのレーススケジュールを見ると

  • 3月8日:ストラーデ・ビアンケ
  • 4月19日:アムステルゴールド
  • 4月22日:フレッシュ・ワロンヌ
  • 4月26日:リエージュ・バスト・リエージュ
  • 5月9日:ジロ・デ・イタリア

物凄く、ざっくりとしたスケジュールだがクラシックとジロが目標となる。

ツール・ド・フランスについては、ミゲル・アンヘルロペスのアシストとして走るかどうかは決定的ではないようだ。

ヤコブ・フグルサングは2016年のリオデジャネイロオリンピックでは銀メダルを獲得しており、東京ではゴールドのメダルを当然目指している

前回リオでは、ツールでファビオ・アルーをアシストしてオリンピックに出場しており同様な展開で目指すようになるかもしれない。だが、その場合100%の状態では望めないだろう。

厳しいレースになるほど真価を発揮するヤコブ・フグルサングには東京のコースはうってつけだ。

今シーズン、食生活の改善でキャリアハイの成績をおさめたヤコブ・フグルサング。来シーズン更なる活躍が出来るのか注目しておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました