ロードバイクの情報を発信しています!

2024 ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ第4ステージ 短縮されたクイーンステージを勝ち取ったのは?

海外情報
Photo credit: Anguskirk on VisualHunt
この記事は約17分で読めます。

バレンシアナのステージは第4ステージがクイーンステージとなる。

現在のトップはVF Group – Bardiani CSF – Faizanèのアレッサンドロ・トネッリ。ゴールでリーダージャージを奪われるだろう。

 

スポンサーリンク

第4ステージ  テウラダ・モライラ~バル・デボ  175km

コースプロフィール photo vueltacv

 

クイーンステージには、平坦は全くなし。獲得標高は3,642m。決戦は最後の1級山岳ミゼラット峠で行われる。

ただ、その後もアップダウンがあり、ゴール手前は2kmほど上っている。少人数での勝負となりそうだ。

 

【修正に】

コースプロフィール photo  procyclingstats

 

当初はバル・デボがフィニッシュ地点だったが、その地点で観客が死亡したため、主催者はフィニッシュ地点を15km早めることにしている。つまり厳しい上りゴールだ。

 

  1. 2級山岳 Benimantell   5.4 km・7%
  2. 2級山岳   Confrides  7.6 km・4.5%
  3. 3級山岳 Alto de la Cabaña  5 km・3.9%
  4. 3級山岳 Tollos  4.5 km・4.9%
  5. スプリントポイント Pego
  6. 1級山岳 ミゼラット峠  5.7 km・9.2%

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ニュートラルスタート。

 

7人の逃げ

結構なメンバーが逃げている。

  1.  ペライヨ・サンチェス (Movistar Team)
  2.  サム・オーメン(Lidl – Trek)
  3.  ミケル・ビスカラ (Euskaltel – Euskadi)
  4.  ジョキン・ムルギアルデー (Caja Rural – Seguros RGA)
  5.  ジェームス・フェラン (Q36.5 Pro Cycling Team)
  6.  マヌエーレ・タロッチ (VF Group – Bardiani CSF – Faizanè)
  7. アレックス・モレナ (Illes Balears Arabay Cycling) 

 

残り47kmでタイム差は、2分21秒。BORA – hansgroheが引いている。

 

残り32kmで1分25秒差。Intermarché – Wantyも集団先頭に出てきている。

 

サム・オーメンが逃げに乗るとは思ってもみなかった。

 

集団で落車。ハンドルが絡み合っている。

  •  HAILEMICHAEL Mulu Kinfe (Caja Rural – Seguros RGA)
  •  MARIVOET Duarte (UAE Team Emirates)
  •  MEENS Johan (Bingoal WB)

 

残り25kmで19秒差に。

 

スプリントポイント Pego

逃げ集団はなんとかスプリントポイントを越えた。

 

残り22km。集団が迫る。

 

集団に逃げが吸収された。

 

すでに最後の上りに入っている。BORA – hansgroheが先頭を引く。

 

1級山岳 Alto del Miserat  5.7 km・9.2%

集団が絞られてきた。先頭は、ジョヴァンニ・アレオッティ。

 

ジェイ・ヒンドレーのアシストが外れてアレクサンドル・ウラソフがスパート。集団が崩壊する。

 

リーダーのアレッサンドロ・トネッリが遅れた。リーダー交代だ。

 

ブランドン・マクナリティがアタック!

 

アレクサンドル・ウラソフが追ってくる。先頭は4人となった。

  1. ブランドン・マクナリティ UAE Team Emirates
  2. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe
  3. サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious
  4. ウェライ・ハゴス・ベルヘ Team Jayco AlUla

 

サンティアゴ・ブイトラゴがアタック!

 

このアタックで、ウェライ・ハゴス・ベルヘが切れた。これで先頭は3人に。

  1. ブランドン・マクナリティ UAE Team Emirates
  2. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe
  3. サンティアゴ・ブイトラゴ Bahrain Victorious

 

アレクサンドル・ウラソフとブランドン・マクナリティは、シーズン序盤のチャレンジ・マヨルカから何度も対決している。

 

誰が勝つだろうか。

 

かなりの勾配だ。ブランドン・マクナリティが厳しいペースを設定する。

 

残りの距離が出ないのがいけない。ゴールが短縮されたせいだ。

 

サンティアゴ・ブイトラゴがアタック。

 

牽制していると、後続が追いついてしまう。

 

ここで、ブランドン・マクナリティがアタック!

 

アレクサンドル・ウラソフは、サンティアゴ・ブイトラゴの動きを見ている。

 

ブランドン・マクナリティは猛烈なスビードで二人を引き離した。

 

完全に二人が見えなくなる。

 

今度こそ、ブランドン・マクナリティは勝利をつかみそうだ。

 

 

後続の二人は小さく見えている。

 

観客の中をゴールに向かう。

 

ブランドン・マクナリティが、ついに今シーズンの初勝利を挙げた。文句なしの勝ち方だ。これがキャリア7勝目。

しかし、これだけ強い選手でも、綺羅星のように強力なメンバーがいるUAE Team Emiratesでは、グランドツアーでアシストにしかなれない。今の間に自分の勝利のために走っておかなければ。

 

2位はサンティアゴ・ブイトラゴ、3位はアレクサンドル・ウラソフ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ブランドン・マクナリティのコメント

三つ巴のバトルを制しましたね。

急なセクションでかなりマッチしていたと思う。急斜面では互角に戦えたと思う。あそこではいつも、もう少しアドバンテージがあるんだ。僕のほうが少し大きいし、パワーもある。そこでリードを築くことができ、そのままゴールまで持ちこたえることができた。

日曜日の最終ステージをリーダーとしてスタートしますが、ステージをどうみてますか?

去年のステージを覚えているよ。あの時は何が起こるかわからなかったけど、混沌としたステージだった。まだすべてがオープンだ。でも、リーダージャージを守るために頑張るよ。

急に短縮されたステージについては?

フィニッシュ地点から40キロほど離れたところで、フィニッシュが早まることを聞いたんだ。(…)しばらくはカオスだったけど、結局サイクリングは人生と同じ。順応するんだ。チームは私を麓まで送り出してくれた。

第4ステージ リザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 20
10″
4:08:21
2
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 15
6″
0:12
3
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 10
4″
,,
4
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 5   0:24
5
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe 3   ,,
6
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates     0:29
7
 KEPPLINGER Rainer
Bahrain – Victorious     0:44
8
 ROMO Javier
Movistar Team     0:47
9
 BERHE Welay Hagos
Team Jayco AlUla     0:48
10
 KONRAD Patrick
Lidl – Trek     1:01
11
 DOUBLE Paul
Team Polti Kometa     ,,
12
 ARRIETA Igor
UAE Team Emirates     1:04
13
 RUBIO Einer
Movistar Team     1:08
14
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe     1:10
15
 CASTRILLO Pablo
Equipo Kern Pharma     ,,
16
 PIGANZOLI Davide
Team Polti Kometa     1:12
17
 HAGEN Carl Fredrik
Q36.5 Pro Cycling Team     1:22
18
 ZANA Filippo
Team Jayco AlUla     1:26
19
 BOU Joan
Euskaltel – Euskadi     1:31
20
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty     1:34
21
 BIZKARRA Mikel 
Euskaltel – Euskadi     ,,
22
 TONELLI Alessandro
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè     1:41
23
 ITURRIA Mikel
Euskaltel – Euskadi     1:53
24
 DE PRETTO Davide
Team Jayco AlUla     ,,
25
 DE TIER Floris
Bingoal WB     2:01
26
 AGIRRE Jon
Equipo Kern Pharma     2:06
27
 DÍAZ José Manuel
Burgos – BH     2:13
28
 OOMEN Sam 
Lidl – Trek     2:21
29
 TAROZZI Manuele 
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè     ,,
30
 TERCERO Fernando
Team Polti Kometa     2:25

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 23 ▲22
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 5
10″
15:44:08
2 4 ▲2
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious  
8″
0:14
3 5 ▲2
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe  
5″
0:17
4 1 ▼3
 TONELLI Alessandro
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè  
12″
0:20
5 11 ▲6
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe     0:34
6 22 ▲16
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious     ,,
7 3 ▼4
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates  
3″
0:36
8 13 ▲5
 KEPPLINGER Rainer
Bahrain – Victorious     0:54
9 19 ▲10
 ROMO Javier
Movistar Team     0:57
10 20 ▲10
 BERHE Welay Hagos
Team Jayco AlUla     0:58
11 7 ▼4
 DOUBLE Paul
Team Polti Kometa     1:11
12 25 ▲13
 KONRAD Patrick
Lidl – Trek     ,,
13 10 ▼3
 RUBIO Einer
Movistar Team     1:18
14 8 ▼6
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe     1:20
15 14 ▼1
 CASTRILLO Pablo
Equipo Kern Pharma     ,,
16 15 ▼1
 PIGANZOLI Davide
Team Polti Kometa     1:22
17 28 ▲11
 ARRIETA Igor
UAE Team Emirates     ,,
18 18
 HAGEN Carl Fredrik
Q36.5 Pro Cycling Team     1:32
19 12 ▼7
 ZANA Filippo
Team Jayco AlUla     1:36
20 9 ▼11
 BOU Joan
Euskaltel – Euskadi     1:41
21 26 ▲5
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty     1:44
22 27 ▲5
 DE PRETTO Davide
Team Jayco AlUla     2:03
23 16 ▼7
 DE TIER Floris
Bingoal WB     2:11
24 17 ▼7
 AGIRRE Jon
Equipo Kern Pharma     2:16
25 21 ▼4
 DÍAZ José Manuel
Burgos – BH     2:23
26 2 ▼24
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious  
10″
2:25
27 33 ▲6
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi     2:41
28 29 ▲1
 TAROZZI Manuele
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè  
9″
2:42
29 32 ▲3
 ITURRIA Mikel
Euskaltel – Euskadi     3:00
30 6 ▼24
 FIORELLI Filippo
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè     3:16

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 MILAN Jonathan
Lidl – Trek 37
2 2
 FIORELLI Filippo
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè 36
3 3
 LONARDI Giovanni
Team Polti Kometa 36
4 4
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 34
5 5
 CONSONNI Simone
Lidl – Trek 28
6  
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 25
7 6 ▼1
 TONELLI Alessandro
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè 25
8 27 ▲19
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 24
9 8 ▼1
 TAROZZI Manuele
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè 20
10 9 ▼1
 MARIT Arne
Intermarché – Wanty 20

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1  
 BIZKARRA Mikel
Euskaltel – Euskadi 18
2 1 ▼1
 SORARRAIN Gorka
Caja Rural – Seguros RGA 15
3  
 MURGUIALDAY Jokin
Caja Rural – Seguros RGA 12
4  
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 10
5 9 ▲4
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 10
6 13 ▲7
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 7
7 2 ▼5
 TAROZZI Manuele
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè 6
8 3 ▼5
 ELOSEGUI Iñigo
Equipo Kern Pharma 6
9 4 ▼5
 MEENS Johan
Bingoal WB 5
10 5 ▼5
 TONELLI Alessandro
VF Group – Bardiani CSF – Faizanè 5

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 BUITRAGO Santiago
Bahrain – Victorious 15:44:22
2 6 ▲4
 ROMO Javier
Movistar Team 0:43
3 7 ▲4
 BERHE Welay Hagos
Team Jayco AlUla 0:44
4 2 ▼2
 ALEOTTI Giovanni
BORA – hansgrohe 1:06
5 4 ▼1
 CASTRILLO Pablo
Equipo Kern Pharma ,,
6 5 ▼1
 PIGANZOLI Davide
Team Polti Kometa 1:08
7 9 ▲2
 ARRIETA Igor
UAE Team Emirates ,,
8 3 ▼5
 ZANA Filippo
Team Jayco AlUla 1:22
9 8 ▼1
 DE PRETTO Davide
Team Jayco AlUla 1:49
10 10
 MOLENAAR Alex
3:48
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました