ロードバイクの情報を発信しています!

エガン・ベルナルはジロ3週目にアドレナリンが出れば爆発すると 背中の痛みについても語る

海外情報
Image by Pavla Kozáková from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

エガン・ベルナルは、第2週の最終日に短縮された16ステージでライバルを寄せ付けずにジロでステージ2勝目を上げた。

すでに総合で2位のダミアーノ・カルーゾに対して、2分24秒のリードをしている。だが、ジロは第3週で逆転されることも過去に何度もある。

サイモン・イェーツ、ステファン・クライスヴァイクなど2分のタイム差は簡単にひっくり返される。

エガン・ベルナルは、背中に問題も抱えながら走っているし、最終日は個人TTだ。

第3週に向けてのベルナルのインタビューを聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

レースで爆発するのはアドレナリンによる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Egan Bernal(@eganbernal)がシェアした投稿

 

コルティナで優勝した後、背中の不快感があると再び言いました。その痛みはどうですか?残りの5つのステージで問題になりますか?

うそをつくつもりはありません。背中が痛い時があります。最後の登りではない。ゴールや途中で。

それが来ると心配になる。臀部と腰の部分。毎日理学療法を行い、エクササイズを2回している。

麻痺するような大げさな痛みは出ないと思うし、耐えられると思いますよ。フルスロットルで入ると、腰よりも足の痛みが大きくなるので、悪いことではない。

 

怪我やトレーニングに疑問を持ちながらの来日でしたが、ライバルたちよりもレベルが高いですね。

体調不良の後の準備はとても良かった。それが理想的だったかどうかはわからないが、いくつかのガイドラインを変更し、適切なタイミングで適切なことを行った。

コーチがすべての面倒を見てくれたので、彼(Xabier Artetxe シャビエル・アルテツエ)に感謝しなければならない。私たちが持っているもので、できる限りのことをした。

 

ツール・ド・フランスとオリンビックのどちらに出ますか?

東京に行くかどうかはまだわかりません。

ジロは消耗の激しいレースだし、怪我をしている状態でレースをするのは、自分にとってベストな状態とは言えない。オリンピックに行くなら100%の状態で行くこと、そうでなければ行かない。否定はしないが、複雑だと思う。

ツールについてはそうは思わない。イネオスには非常に強力なチームがあり、すでにメンバーも決まっている。シーズンの後半に備えて、ブエルタに焦点を当てることを目指している。

まず、ジロを終えて、体が疲労にどのように反応するかを調べる。その後は、見てのお楽しみ。

 

ゴールでレインジャケットを脱いでピンクのジャージを着てゴールするなど、細部にまでこだわっているのはなぜでしょうか?

わからない、それが自分の仕事だから。私たちサイクリストは、この仕事をしていてとても幸せだ。

好きなことをしてお金をもらう。ジロのような大会に出て、自分の可能性を示すことができる。だからこそ、事前の準備や3週間の間、超集中力を発揮しなければならない。

そうすれば、忘れることができる。私はコルティナで勝利を祝い、自分の努力を裏付けるために拳を突き上げた。

自分の中にあるエネルギーを、自分で表現する。自分のため、後ろの人のため、チームメイトのため。彼らとジャージへの敬意をこめて。

 

3週目にどのように向き合いますか?

計画では、より保守的な走りをすることになっているが、調子が良ければ試してみたいと思っている。

それは状況による。アドレナリンが関係していて、バスの中で何かを考えた後、全開で走り出すこともある。山岳でもタイムトライアルでも負けないことが目標だが、2位との差が2分半もあるので、とても安心している。

 

インタビューでは正直に背中の痛みについて語っている。我慢できるレべルなのだろうけど、疲労が蓄積されたり、もし落車して腰でも強打すると危険だろう。

まずは、落車で順位を落とすようなことがないように気を付けて貰いたい。あとは、攻撃的なベルナルの走りも第3週で見せて貰いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました