ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームが考える、ブエルタ制覇を狙うレムコの弱点とは?

海外情報
Photo credit: Brendan A Ryan on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

ブエルタを2回制覇しているIsrael – Premier Techのクリス・フルーム。

コロナの影響は考えていたよりも大きく、レースでは後方を走ることが多い。

 

クリス・フルームは、第13ステージを終わってトップを快走するレムコ・エヴェネプールについて、インタビューで語っている。

現在絶好調のレムコ・エヴェネプールに弱点などあるのだろうか?

 

スポンサーリンク

フルームが考えるレムコの弱点は

 

フルーム、ここまでの走りを振り返ってどうですか?

コロナとの戦いの後、その最初の週は、私にとって本当にタフなものだった。しかし、今、本当に自分自身に少し戻っているように感じている。

レース最終週に正しく入ったら、脚がどのように感じているか、そして私が逃げで山岳ステージに行く能力があるかどうか、すぐに見てみようと思っている。

 

現在、レムコ・エヴェネプールは、ピーター・セリー、ジュリアン・アラフィリップを失ってますが、レムコについてどう考えてますか?

欠点は見当たらない。彼は3週間かけて自分自身を示すことになる。だが、彼は間違いなく必要なものを得ている。

 

今週末のシエラ・ネバダの登りはブエルタ全体に影響を与えると思いますか?

実は、本質的にはそうではないと思う。シエラ・ネバダは防御的にレースが行われるだろうと私は考えている。

シエラ・ネバダは、このレースで以前にあった登り坂ほど急ではない。レムコのような選手にとっては、例えば15%以上の勾配よりも、より簡単に調節して守備的に守ることができる登り坂だからだ。

 

では、リーダーのレムコ・エヴェネプールは、優勝に向かっていると考えて良いのかな?

ドラマがないと仮定していたら失うのは彼だ。木曜日のステージで、特にこのような滑りやすい道路では、簡単にクラッシュが起こり得ることを知ったはずだ。

しかし、そのようなことがない限り、彼はこれを手に入れたと信じている。彼は登りでもタイムトライアルでも、レース中最も強い男だった。

 

レムコの弱点はないのかな?

デメリットは、チームメイトが数人少ないこと。しかし、それはあくまで可能性のあるマイナス面だ。

例えば、横風が吹くステージや、数年前に私がブエルタでライバルに攻撃を加えられたようなシナリオがあれば、それは影響を与えるだろう。

そのようなことが起こった場合、そしてチームメイトに反応してもらいたい場合、それが彼の唯一の弱点になるかもしれない.

しかし、ここまで、彼は何の欠点も見せていない。彼は3週間以上自分自身を確認していないが、しかし、彼は間違いなくそれに必要なものを持っている。

 

フルーム、ブエルタ以降のレースについてはどうなっているの?

CROレースと、 1 つまたは 2 つのイタリアのレースを行うかもしれないが、それは確かに決定的ではない。

 

これからのステージで調子が上がってくると考えてますか?

今はまだだ。レースに臨むにあたって大きな影響を受けたので、良い感情を求めているところだ。このような良い感情が戻ってきたら、すぐにゴールを探すことができるだろう。

 

今の所、レムコに弱点は見当たらないが、これまでも長い3週間のステージでは2分以上のタイム差があっても逆転されたことは多々ある。直前ではタディ・ポガチャルがツール第11ステージで2分51秒も失った。

レムコがパットデイを迎えることだってある。まずは、週末の連続山岳ステージを注目しておこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました