ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・ド・フランス第14ステージ 山を含む平坦ステージ?

海外情報
Photo by Mitchell Henderson on Unsplash
この記事は約10分で読めます。

第13ステージでは、大きくシャッフルされた総合勢。ついに、若き天才タディ・ポガチャルが2位に浮上した。

スロベニア勢が1位と2位を占め、ディフェンディングチャンピオンのエガン・ベルナルは二人を追う展開。だが、厳しくなったのは間違いない。

 

このステージでは、総合勢は動かないだろう。

逃げ切りの狙えるステージで動き出すライダーは誰だろうか?

 

スポンサーリンク

第14ステージ クレルモン・フェラン〜リヨン 194㎞

第14ステージ photo letour

厳しかった第13ステージに続いて、またも前半に2級山岳を配置してきた。

その前にスプリントポイントがあるので、スプリンターの活躍もそこまでかな。ゴールは逃げ切りライダーか、パンチャーが勝利しそうなステージとなっている。

KMPOINT
33Côte du Château d’Aulteribe (1.3k・6.2%)4級山岳
38Courpière スプリントポイント
70Col du Béal (11.9k・5.3%) 2級山岳
95Côte de Courreau (3.8k・5.7%) 3級山岳
188Côte de la Duchère (1.3k・ 5.4%) 3級山岳
193Côte de la Croix-Rousse (1.4k・4.5%) 4級山岳

 

アタック合戦は中々決まらず

cycling today ストリーミングより 以下同様

長いアタック合戦の末に、二人が抜け出る。

  1. 108. Edward Theuns(エドワード・トゥーンス)TREK
  2. 203. Cees Bol(ケース・ボル)Tecm CCC

ケース・ボルはゴールスプリントを狙うつもりはないのか?  これまで4回トップ10フニッシュをしているに。

 

これまで何度も逃げいてる、54番 Stefan Küng(ステファン・キュング)が追いついてくる。ケース・ボルは切れていく。

その代わりにメイン集団から207番 Casper Pedersen(キャスパー・ペダースン)が追ってくる。

 

Tecm Sunwebとしては選手交代といったところか。と、思ったらケール・ボルを迎えにいっただけだった。二人は喋りながらメイン集団に戻る。

スプリントポイントまで頑張るつもりだったんじゃないの?

 

最初の4級山岳をステファン・キュング先頭で通過。すでにメイン集団に3分45秒のタイム差をつけている。

 

サガンは4級山岳の前からアタックをかけて、サム・ベネットとマッテオ・トレンティンを追い落す。

 

サガンは、敢闘賞のマキシミリアン・シャフマンと共にスプリントポイントを3位通過で10ポイント追加。集団に戻っていく。

これでサム・ベネット265ポイントに対してサガン201ポイント。

 

メイン集団は、クイックステップに変わってBORAが先頭を固めて2級山岳を上がる。カレブ・ユアンは最後尾から遅れていく。

 

なんと先頭は、エドワード・トゥーンスが遅れてしまい、ステファン・キュングがソロとなる。エドワード・トゥーンスは下りで追いつくことを止めて集団に戻ってしまう。

 

サム・ベネットは追いつくか

サム・ベネットは2級山岳で遅れてしまい、チームメイトと共にメイン集団を追うがタイム差は開いていく。このままスプリントに参加出来ないのか?

下りで、ダビ・デラクルス(UAE)とトムス・スクインシュ(TREK)が落車。

 

ティレーノ・アドリアテッコのゴールシーンを見ていたら、ステファン・ヒュングが残り80kmで捕まってしまう。

ちなみに、ティレーノ・アドリアテッコ第6ステージの勝者はベルギーチャンピオンのティム・メリエ (Alpecin-Fenix)。

 

おっと、サム・ベネットはついに追いつくことをあきらめたようだ。多くのライダーと共にグルペット集団を結成してのんびりと走ることに。

ゴールをサガンが取るとポイント差は大きく近づく。

 

最後の4級山岳前にSunwebが攻撃

最後の4級山岳前にティシュ・ベノート(Team Sunweb)がアタック!

ここからSunwebの波状攻撃が始まる。

 

ティシュ・ベノートを捕まえたのはレナード・ケナム(BORA)。捕まえるだけならよかったが、少し間が開くまで踏み込んでしまう。

後ろからは、トーマス・デヘントやエガン・ベルナル、ジュリアン・アラフィリップも追ってくる。

 

ジュリアン・アラフィリップが、レナード・ケムナを捕まえる。

 

ここで、第12ステージで勝利したマルク・ヒルシがアタック!

 

だが、これは危険を察知したサガンによって吸収。残り3.3kmで先頭に立ってしまっては戦術的によくない。

サガンの周りにはチームメイトがいないのだ。

 

ここが決定的瞬間だ!  

サガンが足を緩めた瞬間に、左からアタックをかけたセーアン・クラーウアナスンが独走を開始!

 

集団先頭のサガンは追う訳にはいかず、誰もが追うのを躊躇。見る見る間にタイム差が広がっていく。

 

結局、セーアン・クラーウアナスンがメイン集団に15秒もの大差をつけて勝利した!

Team Sunwebの勝利にかける執念は素晴らしかった。すべてのアタックが見事に連携して決まった感じ。

セーアン・クラーウアナスンは、2020パリ~ニース第4ステージの個人TTでも勝っており、タイムトライヤルも得意だ。

この3kmのTTなんて朝飯前。それにしても、ラスト10km当たりからの攻防は見ごたえがあり、もう一度見たい感じ。

BORAがサガンを孤立させてしまい、波状攻撃のアタックをかけたSunwebの見事な勝利だった。

 

こちらは第14ステージハイライト
Tour de France 2020 – Stage 14 Highlights | Cycling | Eurosport

 

第13ステージ リザルト

スマホの場合には、横にスワイプして見て下さい。

ステージ

RnkRiderTeamTime
1 KRAGH ANDERSEN SørenTeam Sunweb4:28:10
2 MEZGEC LukaMitchelton-Scott0:15
3 CONSONNI SimoneCofidis, Solutions Crédits,,
4 SAGAN PeterBORA – hansgrohe,,
5 PEDERSEN CasperTeam Sunweb,,
6 STUYVEN JasperTrek – Segafredo,,
7 TRENTIN MatteoCCC Team,,
8 NAESEN OliverAG2R La Mondiale,,
9 COLBRELLI SonnyBahrain – McLaren,,
10 HIRSCHI MarcTeam Sunweb,

 

総合

RnkRiderTeamtime
1 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma61:03:00
2 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates0:44
3 BERNAL EganINEOS Grenadiers0:59
4 URÁN RigobertoEF Pro Cycling1:10
5 QUINTANA NairoTeam Arkéa Samsic1:12
6 LÓPEZ Miguel ÁngelAstana Pro Team1:31
7 YATES AdamMitchelton-Scott1:42
8 LANDA MikelBahrain – McLaren1:55
9 PORTE RichieTrek – Segafredo2:06
10 MAS EnricMovistar Team2:54

 

山岳賞

RnkRiderTeamPnt
1 COSNEFROY BenoîtAG2R La Mondiale36
2 PETERS NansAG2R La Mondiale31
3 HIRSCHI MarcTeam Sunweb31
4 SKUJIŅŠ TomsTrek – Segafredo24
5 PACHER QuentinB&B Hotels – Vital Concept p/b KTM21
6 ROGLIČ PrimožTeam Jumbo-Visma18
7 POWLESS NeilsonEF Pro Cycling16
8 MARTÍNEZ Daniel FelipeEF Pro Cycling14
9 SCHACHMANN MaximilianBORA – hansgrohe14
10 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates14

 

ポイント賞

Rnk▼▲RiderTeamPnt
1 BENNETT SamDeceuninck – Quick Step262
2 SAGAN PeterBORA – hansgrohe219
3▲2 TRENTIN MatteoCCC Team169
4▼1 COQUARD BryanB&B Hotels – Vital Concept p/b KTM162
5▼1 EWAN CalebLotto Soudal158
6 VAN AERT WoutTeam Jumbo-Visma131
7 ALAPHILIPPE JulianDeceuninck – Quick Step108
8▲1 MØRKØV MichaelDeceuninck – Quick Step106
9▼1 KRISTOFF AlexanderUAE-Team Emirates100
10 HIRSCHI MarcTeam Sunweb97

 

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamtime
11 POGAČAR TadejUAE-Team Emirates61:03:44
22 BERNAL EganINEOS Grenadiers0:15
33 MAS EnricMovistar Team2:10
44 HIGUITA SergioEF Pro Cycling25:28
56▲1 MADOUAS ValentinGroupama – FDJ58:35
68▲2 KÄMNA LennardBORA – hansgrohe1:10:56
75▼2 MARTÍNEZ Daniel FelipeEF Pro Cycling1:16:10
87▼1 POWLESS NeilsonEF Pro Cycling1:27:22
910▲1 HIRSCHI MarcTeam Sunweb1:28:29
109▼1 TEJADA HaroldAstana Pro Team1:29:23

 

コメント

  1. あんでるせん より:

    勝ったのはクラーウアナスンですよね…?

タイトルとURLをコピーしました