ロードバイクの情報を発信しています!

2021アントワープ・ポート・エビックで起こったチームEvoProのサポートカーの転落

海外情報
photo Louis Bidlot
この記事は約3分で読めます。

ベルギーのアントワープで行われたアントワープ・ポート・エビックでは、マチュー・ファンデルプールが復帰レースを飾っている。

このレースは、石畳と未舗装路が64kmもある難コース。道路幅も狭いためにアタックが掛かり続ける厳しいレースだった。

この狭い道路で犠牲になったのが、アイルランドのコンチネンタルチームEvoPro Racingのサボートカー。なんと道路の溝に落ちてしまった。

この落ちてしまった理由をソーシャルメディアで面白く教えてくれている。

 

スポンサーリンク

落ちた理由とは

見ての通り道路幅は狭い。

photo evo_pro_racing instagramより

 

インスタグラムでサボートカーが落ちた理由について説明してくれている。

 

この写真が世界中で人気を博し、様々な憶測を呼んでいることについて、少し説明してみましょう。

マチュー・ファンデルプールが、その巨大なパワーでマシンを道路から押し出して勝利に向かったわけではありません😂。

– セバスチャン・ローブのような劇的なクラッシュでもありませんでした。#ラリー

では、何が起こったのでしょうか?

たった3kmの間に、チームにとって不幸な出来事が続いたのです。ブレンダン・リムがクラッシュし、彼を止めて再び走り出しましたが、突然、マイケル・ヴァン・ステイエンが道端でパンクして手を挙げています。

ブレンダンに手を振って、マイケルを治療します。マイケルは飛んでグループに戻ってきたが、急に左に曲がって狭い石畳のセクションに入ってしまった。

ブレンダンがまたパンクして止まっている。コーナーを過ぎたところでコミッセールカーとニュートラルサービスが道に止まっていた。

15秒ほど後ろにライダーのグループがいたので、コミッセールカーの前で安全に停車するために詰め寄らなければなりませんでした。

メカニックがドアを開けて前の車から飛び出してきました…私の行く手を阻みました。

私は止まっているようなものだが、ライダーが来ているのではないかと不安になる。少し右によって道路にスペースを作りました。

すると、車は静かに難なく溝に滑り込んでいった。ウィングミラーが折りたたまれていないほどである。

この写真が撮られたときには、4台の外側のスペアバイクを外して2号車に乗せ、レースに復帰していた🙏。

車には何の傷もなく、誰も傷つかなかった。イベントではありませんでしたが、この写真は話題になりました。

ベルギー産のフライドポテトを食べた後、レッカー車が入ったままの状態で持ち上げてくれたので、主催者は来年のためにセクションにフェンスを設置することを検討しています。#thereyago

 

まあ、誰もケガをせず、レースの邪魔にもならず、車もバイクも傷ついていないのだから、ハッピーですね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました