ロードバイクの情報を発信しています!

カレブ・ユアンは、これは最初のツール・ド・フランスではなかったはずだと語る

海外情報
https://twitter.com/Lotto_Soudal
この記事は約5分で読めます。

カレブ・ユアンはツール・ド・フランス第11ステージで待望の勝利をあげた。

これで、カレブ・ユアンは全てのグランドツールでステージ勝利をあげ一流スプリンターの仲間入りを果たしたといってもいいだろう。

だが、カレブ・ユアンは、これは最初のツール・ド・フランスではなかったはずだと言う。

もっと早く達成出来たはずだと言うのだ。

ユアンがいう「最初のツール・ド・フランスではなかったはずだ」という言葉は何故なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

昨年のツール・ド・フランス不選出

https://twitter.com/lotto_soudal

12か月前、カレブ・ユアンはMitchelton-Scottでツール・ド・フランスに選出されなかった。

直前まで、ツールに出場出来ると思っていたカレブ・ユアン。

彼は、ソファからツール・ド・フランスのスプリントを見ることになってしまった。

チームは、アダム・イエーツの総合優勝のためのアシストを選択。総合に力を入れるチームでは、カレブ・ユアンはツールに出場することは来年以降もないと思われた。

この年からチームの出場メンバーが9人から8人になったのも大きな原因の一つだ。

ツール不出場は、Lotto Soudalへの移籍に傾く大きな理由として当然だった。

2014年にプロに転向する前でさえ、将来ツール・ド・フランスで勝てるスプリンターとして期待されていたカレブ・ユアン。

チーム方針が、グランドツアーの総合に優先順位をシフトしたためユアンの将来が変わってしまう。

2015年にブエルタ・ア・エスパーニャで1勝。2017年にはジロ・デ・イタリアで1勝。

ツアー・ダウンアンダーでは毎年勝利を積み重ね7勝している。

 

 

ユアンのツール・ド・フランスデビューは、ついに今年やってきた。ジロ・デ・イタリアでも勝利していたユアンへの期待は大きかった。

第1ステージからスプリンターステージでは、常に上位に入っている。

勝利には、結び付かなくても必ず表彰台には立っているのは凄い。

 

2019ツール・ド・フランス
スプリンターステージの成績
  • Stage 1 – Brussels › Brussels 3位
  • Stage 4 – Reims › Nancy 3位
  • Stage 7 – Belfort › Chalon-sur-Saône  2位
  • Stage 10 – Saint-Flour › Albi    3位

 

そして、ついに第11ステージの勝利となったのだ。

ユアンは

「思った以上に時間がかかった。

これは私の最初のツールドフランスではなかったはずだ。3、4年前には準備ができていたと思う。最高レベルでのレースに切望していた。しかし、ようやくチャンスを得た。

そして、ついに私は自分自身を証明することができた」

 

カレブ・ユアンは、まだ24歳。

「17歳のときにベイクリッツで優勝して以来、すぐに最高のレベルで勝つことができると、人々は言った。

それ以来、7年から8年前に、私がここに来て勝利することができるだろうという期待がありました」

 

カレブ・ユアンがLotto Soudalに移籍したのは大成功だった。

10年の歳月の間、アンドレ・グライペルはLotto Soudalで11回ツール・ド・フランスで勝利した。

今、その役目を担うのがユアンの仕事だ。

リーダーとして、ツールに来て勝たなければいけない。大きなプレッシャーに打ち勝ってユアンは勝利をあげることが出来た。

遅すぎた勝利だったが、チームの期待に応えることが出来たのだ。

 

シャンゼリゼを目指す

カレブ・ユアンは記者会見のあとに、同郷のロビー・マキュアンと話をした。

ロビー・マキュアンは2012年にOrica GreenEDGEで引退。ツール・ド・フランスでは11勝をあげている。

時期は違うが、カレブ・ユアンとロビー・マキュアンは同じコーチの指導を受けている。

「とても落ち着いた議論でした。話をしてもストレスを感じることは決してない。

彼は過去に多くのスプリンターと仕事をしてきたので、私たちが何であるかを知っており、私たちから圧力を取り除いてくれた」

 

カレブ・ユアンはチームの為に、ステージを勝ち取るというプレッシャーから解放された。

ユアンは、これまでキャリアの中でグランドツールを完了したことはない。

だが、彼はシャンゼリゼて勝利することでロビー・マキュアンをエミュレートすることを期待してアルプスを走り続ける。

 

「今日勝てなかったとしたら、スプリントのチャンスは2つしか残されていなかったし、私の頭の中では山を登ることはできなかっただろう。

1つの勝利で、ツアーはすでに成功している。しかし、今やめるつもりはない。

次のチャンスに挑戦するつもりだ」

とユアンは語った。

 

こちらはツール・ド・フランス2019第11ステージ ハイライト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました