ロードバイクの情報を発信しています!

ウイルコ・ゲルデルマンがベネルクスツアー第3ステージで骨盤骨折 今シーズン終了か?

海外情報
Photo by Kristine Wook on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

2021ベネルクスツアー第3ステージはタコ・ファンデルホールンの奇跡的な逃げ切りとなった。

 

 

ゴール前は、逃げている5人を追うために、猛烈なペースで集団は追っていた。ゴールまであと3.4kmという所で、ウイルコ・ゲルデルマンが芝生に飛ばされている場面が映し出される。

 

Tiz-cycling ストリーミングより

左肘から流血しており、かなり痛そうにしていたのだけど。

 

スポンサーリンク

骨盤、肋骨骨折

 

チームからの発表では、左腕の深い切り傷、骨盤骨折、肋骨2本の骨折となっている。手術の必要はないが、今シーズン走ることはもうないだろう。

2020ジロ・デ・イタリア総合3位。そして、今シーズン、Team Sunwebから移籍して、ツールでは総合5位と良い働きをしている。

 

今シーズンの走りを振り返ってみると

  • Volta Ciclista a Catalunya (2.UWT) 総合5位
  • Tour de Romandie (2.UWT) 総合10位
  • Critérium du Dauphiné (2.UWT) 総合4位
  • Tour de France (2.UWT) 総合5位

実に安定して成績を出せていた。最後にまたケガで離脱というのは少し悲しい。

 

不死鳥のように蘇る

今年はトレーニングキャンプでの交通事故で骨折してシーズンインが遅れた。

 

だが、本当にウイルコ・ゲルデルマンはケガの多い選手で列挙してみると

  • 2014年12月23日:トレーニング中に鎖骨骨折
  • 2015年6月8日:クリテリウム・デュ・ドーフィネでの転倒による手首の負傷
  • 2015年6月13日:ドーフィネのクイーンステージで、早めの転倒により氷に沈む
  • 2015年7月2日:トレーニング中に軽度のクラッシュが発生
  • 2015年7月13日:ツアーデビュー戦で何度もクラッシュ。背中の問題に悩まされる
  • 2016年3月21日:ツアー・オブ・カタルーニャでの体調不良について
  • 2016年7月23日:ツール・ド・フランス第5ステージでの遅めの転倒による打撲傷
  • 2017年3月7日:ストラーデ・ビアンケでの指の骨折で1ヶ月間欠場
  • 2017年5月14日 : ジロ・デ・イタリアでのバイクとの衝突で指を骨折
  • 2017年8月22日 :  第4ステージのブエルタ・ア・エスパーニャで転倒
  • 2017年10月22日 :  ツアー・オブ・グォンシィでのクラッシュで腕に深い傷を負った
  • 2018年3月11日  :  Tirreno-Adriaticoで転倒し、鎖骨骨折
  • 2018年4月5日  :   鎖骨骨折の合併症による長期欠場
    2018年7月1日   :  NKサイクリングでの事故後、肩を調査
  • 2019年3月29日   :  カタルーニャ州での転倒による頸椎骨折、鎖骨骨折
  • 2019年7月22日  : 背中のトラブルでツール・ド・フランスを離脱
  • 2021年1月16日  : トレーニング中の事故による椎骨骨折と脳震盪

 

どれだけ骨折しているのかというほどだ。今回は手術の必要はないということなので保存療法となる。数週間はかかるだろうから、今シーズンの復帰はもうないだろう。

来シーズンは、ケガのないように走って貰いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました