ロードバイクの情報を発信しています!

2019世界選手権のコロンビア代表にエガン・ベルナルが選ばれる

海外情報
Photo Eganbernal twitter
この記事は約4分で読めます。

コロンビアの世界選手権出場メンバーが発表されている。

ツール・ド・フランス覇者のエガン・ベルナルもスタートリストに名前があり、ナイロ・キンタナと共にエースをまかされる。

ただ、ブエルタで落車したリゴベルト・ウランの名前や、ミゲル・アンヘルロペスの名前もないのは残念だ。

 

スポンサーリンク

コロンビア代表選手

 

代表選手として選ばれたのは7人のライダー。

Columbia
スタートリスト
  • エガン・ベルナル (Team INOEOS)
  • ナイロ・キンタナ (Movistar)
  • フェルナンド・ガビリア (UAE)
  • アルバロホセ・ホッジ(Deceuninck-Quick Step)
  • エステバン・チェベス (Mitchelton-Scott)
  • ファン・セバスチャン・モレノ (UAE)
  • ダニエルフェリペ・マルチネス (EF Education First)

 

コロンビアといえば、クライマーが目立つがフェルナンド・ガビリアも選出されている。

フェルナンド・ガビリアは、ブエルタにも出場していたが、スプリンター向けのコースが少なく第1ステージの落車の影響もあってか、第3ステージの3位が最高の成績。

途中のステージでも落車しており、万全の体制ではなかったようだ。

世界選手権のコースは、のこぎりの歯のようにアップダウンが連続するコースなのでフェルナンド・ガビリアにはきついコースだ。

 

世界選手権コース https://worlds.yorkshire.com

世界選手権のコースは、クライマーが抜けだせたとしても、ゴールまでは遠い。

最後に勝つのは、パンチャーのような選手が抜けてくるのではないだろうか?

 

エガン・べルナル

Photo Egan Bernal instagram

エガン・ベルナルは、ヨークシャーのロード世界選手権で初めて国を代表して出場するが、2014年のノルウェーで行われたUCIマウンテンバイク世界選手権に参加している。

その時には、ジュニアで銀メダルを獲得した。

ツール・ド・フランス後は、2か月の大半をコロンビアで過ごしロードトレーニングを行って世界選手権にそなえている。

世界選手権後のエガン・ベルナルの予定は

  • 10.05  Giro dell’Emilia
  • 10.06  Gran Premio Bruno Beghelli
  • 10.08  Tre Valli Varesine
  • 10.12  Il Lombardia

 

コロンビアとしては、エガン・ベルナルやナイロ・キンタナがどこまで先頭集団に残れるかが鍵となってくるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました