ロードバイクの情報を発信しています!

エガン・ベルナルやイバン・ソーサが在籍したDrone Hopper – Androni Giocattoliの存続が危ない

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

2016・2017年には現在INEOS Grenadiersで走るエガン・ベルナルが所属していたDrone Hopper – Androni Giocattoli。

Movistar Teamで走るイバン・ソーサも2017・2018年と所属していた名門チームだ。当時のチーム名は、2017年にはAndroni – Sidermec – Bottecchiaだった。

だが、そのチーム存続が危ないと言われている。

 

スポンサーリンク

2023年の存続は?

 

Drone Hopper – Androni Giocattoliからワールドツアーに進出したライダーは数多い。

  • エガン・ベルナル INEOS Grenadiers
  • イバン・ソーサ Movistar Team
  • ファウスト・マスナダ Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • マッティオ・カッタネオ Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • ダヴィデ・バッレリーニ Quick-Step Alpha Vinyl Team
  • アンドレア・ペンドラーメ AG2R Citroën Team
  • シモン・ペロー Trek-Segafredo
  • アンドレア・ピッコロ EF Education-EasyPost
  • ジェフェルソン・セペタエルナンデス Caja Rural – Seguros RGA

 

トリノ出身のサビオ監督とそのスタッフは、才能を引き出し、活用する術を心得ている。しかし今、2023年のチーム存続が危ぶまれている。

Drone Hopperはスタートアップ企業であり、そのプロジェクトはまだ完全に軌道に乗ったわけではない。そのため、資金調達に遅れが生じている。

継続したいが、そのためには正確な保証が必要であり、現時点では2023年までに保証が得られるかどうかはわからない。

Drone Hopperは、火災、農業、物流ソリューションで使用されるドローンを開発販売している企業。Androni Giocattoliはオモチャ会社だ。

Drone Hopperは昨年、2025年までの契約を結んだが、2022年は大丈夫だけど来年からは金銭的保証が難しいらしい。

すでに、チームはライダーたちに、将来のために別のチームを見つけるために、魅力的なオファーがあれば受け入れるようにと伝えている。とても厳しい話だ。

ドローンの活用振りは凄いので、企業としては発展するばかりだと思うのだけど、そうでもないのかもしれませんね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました