ロードバイクの情報を発信しています!

2022 イツリア・バスクカントリー第5ステージ  まさかプリモッシュ・ログリッチが~

海外情報
TIZ-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様
この記事は約16分で読めます。

第4ステージも、ジュリアン・アラフィリップはギリギリでステージ優勝ならず。まあ、それだけステージ勝利というのは難しいということだ。

さて、第5ステージも昨日のステージ同様にアップダウンの連続コース。

リーダーのプリモッシュ・ログリッチは、ボーナスタイムの獲得はなく、徐々にタイム差を縮められてきている。

昨日も最後は登っており狙い目だったけど、足が少し足らなかったと言っている。昨日よりも、厳しいコースで総合順位はどう変わるだろうか?

 

スポンサーリンク

第5ステージ    ザムディオ~マリャビア 163.8km

第4ステージ  photo itzulia.eus

 

このステージもアップダウンしかない。それぞれの登りの最大勾配は10%を越えている。

更に、ゴール前の登りは1,100mで8.8%勾配。残り500mからは、二桁の勾配となり、最大勾配は16%。

ここでタイム差がつくことは十分に考えられる。レムコはログリッチに遅れずにゴール出来るだろうか?

 

  1. 2級山岳 パレシ    9.1km・3.5%
  2. 3級山岳  ベダロナ   2.1km・7.2%
  3. 3級山岳   ゴンツァガライガナ  2.6km・6.3%
  4. 3級山岳  トラバクア     3.3km・6.8%
  5. スプリントポイント マリャビア フニッシュライン
  6. スプリントポイント Abadiño
  7. 2級山岳   カラビエタ 6.8km・5.4%

 

スタート前

TIZ-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

なんと、Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxはインフルエンザで、コービー・ホーセンスしか残っていない。チーム唯一の生き残りだ。

 

昨日は逃げに乗ったゲラント・トーマス。今日は、総合3位に上がったダニエル・マルティネスのアシストとなる。チームは7人揃っているので大丈夫だ。

 

6人の逃げ

6人が逃げている。Bahrain Victoriousのペッリョ・ビルバオもいたが切れてしまった。集団に戻ったのかな。

  1. セップ・クス Jumbo-Visma
  2. マルク・ソレル Movistar Team
  3. セルジオ・サミティエル Movistar Team
  4. カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers
  5. ルーカス・ハミルトン Team BikeExchange – Jayco
  6. ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo

 

3級山岳   ゴンツァガライガナ  2.6km・6.3%

少し、割れているかな。

 

マルク・ソレル先頭で3級山岳を越える。

  1. マルク・ソレル Movistar Team 3ポイント
  2. カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers 2ポイント
  3. ルーカス・ハミルトン Team BikeExchange – Jayco 1ポイント

 

なんと、カーブでルーカス・ハミルトンが崖下に転落してしまう。

 

 

落ちる時に、バイクがガードレールに少し引っかかったようで、少しゆっくり落ちた。下が木のようで、大けがはないかもしれない。

 

集団が通り過ぎてから、上がってきた。骨盤骨折とかはなさそうだ。

 

先頭は3人に。

  1. マルク・ソレル Movistar Team
  2. カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers
  3. ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo

 

3級山岳  トラバクア     3.3km・6.8%

先頭を走っていたマルク・ソレルが先頭交代のために蛇行。

 

ケニー・エリッソンドが行きそうになるとこで、マルク・ソレルがベースアップ。その後3人に戻ったが、まだ協力していく距離ではないかな。

 

エンリク・マスがサドルの高さを調整している。何故?

 

ケニー・エリッソンドが切れて、二人で3級山岳を通過。

  1. マルク・ソレル Movistar Team 3ポイント
  2. カルロス・ロドリゲス INEOS Grenadiers 2ポイント
  3. ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo 1ポイント

 

逃げていたセップ・クスが集団に戻る。

 

先頭二人は、残り47.8kmでタイム差は3分58秒と広がる。

INEOS Grenadiersは昨日のゲラント・トーマスに続いて今回はカルロス・ロドリゲスが逃げることで集団を引かなくて良い。

 

集団を引くのは、Quick-Step Alpha Vinyl TeamとJumbo-Visma。

 

二人は3分46秒差。カルロス・ロドリゲスは、総合で6分31秒遅れだけど、マルク・ソレルは総合14位で、1分8秒しか遅れていない。

当然、集団は逃げ切りを許さないだろう。

 

集団は、BORA – hansgroheとBahrain Victoriousが引き始めた。これで、タイム差が縮まるか。

 

まずは、逃げていたケニー・エリッソンドとセルジオ・サミティエルが集団に吸収される。

 

スプリントポイント Abadiño

二人はスプリントポイントを通過。タイム差は残り27.3kmで3分16秒。

 

集団は、ゲラント・トーマスがスプリントポイントを3位通過。

 

2級山岳   カラビエタ 6.8km・5.4%

この2級山岳を越えれば、勝利が見えてくるか?

 

Bahrain Victoriousが先頭を引く。タイム差は1分44秒に。

 

カルロス・ロドリゲスは前を引かない。総合3位にいるダニエル・マルティネスのためだ。

 

ゲラント・トーマスが仕事終了。

 

アレクサンドル・ウラソフがアタックをかけそうだ。

 

エマヌエル・ブッフマンはどこまで引けるか?

 

あっと、ここでレムコがアタックだ!

 

すぐに、ヨン・イサギレとヨナス・ヴィンゲコーが続く。

 

すぐに、小集団が出来上がる。

 

 

ここに、プリモッシュ・ログリッチがいないぞ。

  1. レコム・エヴェネプール Quick-Step Alpha Vinyl Team
  2. エンリク・マス Movistar Team
  3. ヨナス・ヴィンゲコー Jumbo-Visma
  4. ダニエル・マルティネス INEOS Grenadiers
  5. ヨン・イサギレ Cofidis
  6. アレクサンドル・ウラソフ BORA – hansgrohe

 

後ろからペッリョ・ビルバオもおいついて、先頭は7人に。

 

カルロス・ロドリゲスは、残り14kmでマルク・ソレルを抜いてアタック!

 

ここまで、引いていたマルク・ソレルはついていけない。

 

カルロス・ロドリゲスが、単独で2級山岳をトップ通過。タイム差35秒で残り13.1km。逃げ切れるか?

 

レムコグループは、集団に42秒のタイム差をつけた。このままいくと、レムコが総合逆転だ。

 

レコム・エヴェネプールは、下りを80km/hオーバーで下る。個人TTのつもりで走らないと多分、誰も交代してくれない。

 

マルク・ソレルがレムコの引きで吸収される。

 

カルロス・ロドリゲスは、プロ初勝利に向けて残り7.2km。ただ、タイム差は32秒しかない。

 

総合勢は誰がアタックをかけるのか?

 

レムコはラウドバウトでアタックをかけるのかと思ったら、まだだった。

 

総合勢は牽制しているのでカルロス・ロドリゲスには有利だ。

 

残り2.5km。タイム差は31秒あり、これは勝利が見えてきた。

 

レムコの総合トッブが見えてきたか。このまま集団についてゴールすれば良い。ヨナス・ヴィンゲコーが許すかな。

 

さあ、カルロス・ロドリゲスは、ここから15%の激坂にはいる。

 

後続がまだ見えないので自分のベースで15%勾配を上がる。

 

総合も最後の激坂にレコム・エヴェネプール先頭で入る。

 

レムコが先頭でゴールに向かう。

 

カルロス・ロドリゲスは、プロ初勝利をあげた~!

これまでも、初戦のボルタ・ア・バレンシアナで総合3位に入っていたが、ついに勝利を掴むことができた。21歳なので、これから伸びていくライダーだ。

 

 

なんと、ゴール手前でアレクサンドル・ウラソフとヨナス・ヴィンゲコーが絡んで落車。

 

二人は、押してゴールに向かうことに。とほほっ、といった感じだ。

この、ステージで、レコム・エヴェネプールは総合トッブに。プリモッシュ・ログリッチは、1分8秒遅れの総合8位となる。

総合優勝の行方は、明日の最終ステージで決着となる。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第5ステージ リザルト

カルロス・ロドリゲスのコメント

当初、5、6人でいたときは、ダニエル・マルティネスが後ろにいて、彼の興味に反するライダーを助けるつもりがなかったので、引き継ぐことができなかった。

それからマルク・ソレルは最強だった。そして彼は攻撃でそれをはっきりと示した。

申し訳ないが、ダニとアダム(イェーツ)を保護しなければならず、マルクは私たちにとって脅威だった。彼が乗った素晴らしいステージで彼を祝福しなければならないが、それはサイクリングだ。

気持ちはいいし、こんなにハイレベルなライダーたちと一緒に、こんなに重要なレースで勝つことはとてもいいことだ。

信じられない。私は小さな一歩を踏み出し、成長を続けている。それが私がしなければならないことだ。

 

RnkRiderTeamUCIPnt Time
1
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers5050
14″
4:07:09
2
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers2030
6″
0:07
3
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team818
4″
0:09
4
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 13 0:11
5
 MAS Enric
Movistar Team 10 ,,
6
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 7 ,,
7
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 4 0:18
8
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 3 0:20
9
 SOLER Marc
UAE Team Emirates 2
6″
0:38
10
 BARCELÓ Fernando
Caja Rural – Seguros RGA 1 1:07
11
 GUERREIRO Ruben
EF Education-EasyPost   ,,
12
 YATES Adam
INEOS Grenadiers   ,,
13
 GALL Felix
AG2R Citroën Team   1:11
14
 VUILLERMOZ Alexis
TotalEnergies   ,,
15
 GAUDU David
Groupama – FDJ   ,,
16
 WOODS Michael
Israel – Premier Tech   1:15
17
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates   ,,
18
 GESCHKE Simon
Cofidis   ,,
19
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma   ,,
20
 POLANC Jan
UAE Team Emirates   ,,

総合

レコム・エヴェネプールのコメント

いいタイミングだったと思う。登った後の高原では、誰もが回復したいと思っている。

しかし、ペースを本当に高く保ちたかったんだ。レース前に話し合ったのだが、うまくいったことをとてもうれしく思う。

最後は、もう本当のスプリントではなかったので、多分それは雨で少しそれを超えていた。

終わりの75メートル前に私は滑り落ちた。それから私は目の前の男たちの立場を失った。それから二人が落車した。

だから、マルティネスは少し時間を取ったと思う。それが人生。スペインと雨は決して良い組み合わせではないん。

今日の決勝では、幸いなことにステージ全体ではなかった。1週間で最も過酷なワールドツアーレースで黄色いジャージを着用するのは特別なことだ。

 

10秒のボーナスタイムは、カルロス・ロドリゲスが取りましたね。逆に助かりましたか?

それで、10のボーナスはなくなった。勝つために乗らないと言うのは少し奇妙だと思うけど、明日もある。

また、マルティネスが足を惜しまないことも知っていたので、彼は当然スプリントで最も新鮮だった。

明日は、完全に異なるゲームになる。大変だと思う。短くてタフなステージになるが、明日は黄色いジャージでここに戻って来られることを心から願っている。

 

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
12▲1
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team818:12:29
23▲1
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers 0:02
38▲5
 IZAGIRRE Ion
Cofidis 0:21
44
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe 0:22
56▲1
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious ,,
67▲1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 0:29
711▲4
 MAS Enric
Movistar Team 0:37
81▼7
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma 1:05
95▼4
 YATES Adam
INEOS Grenadiers 1:15
1014▲4
 SOLER Marc
UAE Team Emirates 1:3

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 ALAPHILIPPE Julian
Quick-Step Alpha Vinyl Team65
24▲2
 MARTÍNEZ Daniel Felipe
INEOS Grenadiers54
32▼1
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma51
43▼1
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious47
56▲1
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team46
65▼1
 VLASOV Aleksandr
BORA – hansgrohe42
7 
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers37
814▲6
 IZAGIRRE Ion
Cofidis32
942▲33
 SOLER Marc
UAE Team Emirates29
107▼3
 ARMIRAIL Bruno
Groupama – FDJ29

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 RODRÍGUEZ Cristián
TotalEnergies27
26▲4
 POLANC Jan
UAE Team Emirates13
32▼1
 RUIZ Ibon
Equipo Kern Pharma12
4 
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers10
5 
 SOLER Marc
UAE Team Emirates10
63▼3
 OKAMIKA Ander
Burgos-BH9
74▼3
 THOMAS Geraint
INEOS Grenadiers9
85▼3
 LAFAY Victor
Cofidis7
99
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team7
107▼3
 ARMIRAIL Bruno
Groupama – FDJ6

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 EVENEPOEL Remco
Quick-Step Alpha Vinyl Team18:12:29
25▲3
 GALL Felix
AG2R Citroën Team4:17
32▼1
 TULETT Ben
INEOS Grenadiers4:30
44
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo4:32
57▲2
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers6:07
63▼3
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM6:25
76▼1
 MONIQUET Sylvain
Lotto Soudal7:18
88
 ARRIETA Igor
Equipo Kern Pharma13:45
910▲1
 PRODHOMME Nicolas
AG2R Citroën Team15:24
1015▲5
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious23:30

コメント

タイトルとURLをコピーしました