ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ジロ・デ・イタリア第10ステージ EF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオルはスタッフと激突で仁王立ち

海外情報
UnsplashMarwan Ahmedが撮影した写真
この記事は約2分で読めます。

第10ステージは、2級山岳の下りでBahrain Victoriousが突然のペースアップ。

スプリンターを落とすための作戦だったけど、これにより集団は危険な雨の下りで分断されることになる。

残り54kmで集団を追走していたEF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオル。彼は落車しなくても良い場面で事故にあっている。

 

スポンサーリンク

スタッフと激突

こちらは事故の様子

 

最初に落車していたのは、Team Arkéa Samsicのミヘル・リースとTeam Jayco AlUlaのルーカス・ペストルベルガー。

アルベルト・ベッティオルは、あとから現場にきている。

だが、ルーカス・ペストルベルガーに駆け寄ろうとしたスタッフは、後ろからくるアルベルト・ベッティオルには全く気が付いていない。

結構なスピードでアルベルト・ベッティオルはぶつかってしまったのだけど、すぐに起き上がっている。

まあ、怒るのも無理はないけど、お互いにもう少し注意していたら良かったかもしれない。アルベルト・ベッティオルもスピードは落としていたのだろうけど。

アルベルト・ベッティオルは、無事に追走集団の19位でゴール。ミヘル・リースは11分19秒遅れの94位。ルーカス・ペストルベルガーは、11分19秒遅れの118位で無事にゴールしている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました