ロードバイクの情報を発信しています!

2022 ブエルタ・ア・エスパーニャ第11ステージ  総合勢が次々に コロナはチーム降格の危機も招く

海外情報
Photo by Towfiqu barbhuiya on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ブエルタ・ア・エスパーニャを襲うコロナの猛攻が止まらない。

第11ステージを前にしてTeam BikeExchange – Jaycoのエース、サイモン・イェーツがコロナで離脱。

さらにINEOS Grenadiersのパヴェル・シヴァコフも~。

 

スポンサーリンク

サイモン・イェーツが離脱

 

サイモン・イェーツは、火曜日の夜から症状があり身体が痛いと。検査の結果コロナ陽性となってしまった。

これにより、今回のブエルタを去る27人目。そして、コロナでは17人目となってしまった。これは、Team BikeExchange – Jaycoにとってとても大きな意味を持ってくる。

UCIワールドチームの降格問題だ。少し前にMovistar Teamが危ないと言っていたけど、サイモン・イェーツが離脱するということはブエルタで貰えるはずだった総合順位のUCIポイントがゼロになることを意味する。

Movistar Teamは、エンリク・マスが総合トップ10以内でゴールすればUCIポイントの加算が大きい。

これでTeam BikeExchange – Jaycoはブエルタ後に一気に苦しくなるばずだ。現在の順位については、以下の記事を参考までに。

 

スポンサーリンク

パヴェル・シヴァコフ INEOS Grenadiers

 

INEOS Grenadiersからは、総合9位に位置していたパヴェル・シヴァコフがコロナ陽性でリタイヤ。これで18人目。第11ステージスタート直前で次々にライダーのコロナ陽性は発覚。

第11ステージでコロナで去るライダーは

  • サイモン・イェーツ Team BikeExchange – Jayco
  • パヴェル・シヴァコフ INEOS Grenadiers
  • ロジャー・アドリア  Equipo Kern Pharma
  • エクトル・カレテロ Equipo Kern Pharma
  • パウ・ミケル Equipo Kern Pharma

 

結局21人がコロナで去ってしまう。総合5位のサイモン・イェーツ。総合9位のパヴェル・シヴァコフのリタイヤ。スタート前に、まだ増えるかもしれない。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました