ロードバイクの情報を発信しています!

UCI降格で密かに戦うMovistar Teamのエンリク・マスとLotto Soudalのアルノー・デライ

海外情報
Photo by Warren Wong on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ワールドツアーの降格を巡る争いがシーズン後半にかけて加速している。

鍵を握るライダーは、Lotto Soudalのアルノー・デライとMovistar Teamのエンリク・マスとアレハンドロ・バルベルデだ。

現在、UCIワールドツアーランキングの3年トータルのポイントではLotto Soudalが19位で降格の可能性が高い。

だが、これが急速に縮まっている。

 

スポンサーリンク

ブルターニュ・クラシックで303ポイント差に

Image credit: lanternerouge

 

ブルターニュ・クラシックでLotto Soudalのアルノー・デライはワウト・ファンアールトに果敢にスプリントでチャレンジ。

250kmを越えるレースでも通用することを証明した。

 

惜しくも4位となったが、220UCIポイントを獲得。だが、これレースではそれだけではなかった。

  • アルノー・デライ 220
  • ジャスパー・デブイスト 24
  • フィリップ・ジルベール 24
  • ヴィクトール・カンペナールツ 8

実に、チームで276ポイントの荒稼ぎ。流石はワールドツアーレースだ。これでMovistar Teamとの差は、303ポイントに。

しかし、この差はまだ大きい。アルノー・デライは、1クラスのレースしか予定がないので勝利しても125UCIポイントしか稼げない。

アルノー・デライは、イル・ロンバルディアなどには出場予定もないし、目指すレースが違う。他のライダーで、勝利を更に掴まないと厳しいのは当然だ。

 

エンリク・マス

 

それに対してエンリク・マスはUCIポイントに関係なく、残るブエルタのステージで、オールオアナッシングで戦うと明言。2位では満足できないということだ。

2018年、2021年とブエルタ2位となっているが制覇しないと気が済まないのは当然だろう。

Movistar Teamにはアレハンドロ・バルベルデもいる。最後のブエルタで後半にステージ優勝を狙って走るのは間違いない。上位に顔を出すはずだ。

ブエルタの総合順位のUCI獲得ポイントは大きい。エンリク・マスがトップ5以内で終えればMovistar TeamのUCIポイントランキングは大きく上がるだろう。

まあ、どちらにしてもLotto Soudalは残るレースを全力で戦うしかない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました