ロードバイクの情報を発信しています!

コンチネンタルがツール・ド・フランス限定3460本のCompetition TdF LTD 2019を発売

https://www.continental-tires.com/bicycle/blog/competition-tdf-ltd 機材情報
この記事は約3分で読めます。

タイヤスポンサーのContinentalは、イエロージャージーの100年を祝うために限定版のCompetition TdF LTD 2019タイヤを発売。

多くのプロライダーが使用しているチューブラータイヤと同じくらいの性能を持つと言われている。

通常よりも、30g軽いしブチルチューブだしメリット満載。

Team INOSEとかは、プロ限定の市販されていないタイヤを使用してますね。

 

スポンサーリンク

Competition TdF LTD 2019 ブロ仕様と変わらない性能

https://www.continental-tires.com/bicycle/blog/competition-tdf-ltd

TdF LTDチューブラーはContinentalによってドイツで手作りされていている。

プロのタイヤを作るのと同じ手法によって縫われて加硫される。

 

特徴
S Competition TdF LTD 2019
  • 3,460本限定発売
  • 優れたグリップ
  • 低い転がり抵抗
  • 比較的長い耐摩耗性能
  • ドイツ製のBlackChiliコンパウンドラバーを使用
  • 手縫いのブチルゴム製インナーチューブ
  • Conti独自のファインファイルALXトレッドデザイン
  • パンク防止のためにトレッドの下に軽量のVectranブレーカー
  • 200tpi
  • 700x25mm、250g
  • ブチルインナーチューブ

 

これらが標準のコンペティションよりも優れている点は

  • ケーシングの繊維の細かさを表す数値であるTPIが通常180から200に増加
  • 軽量なブチルインナーチューブを使用
  • 通常よりも30g軽い

ブチルチューブなので、空気が抜けにくいのが良い点。

 

https://www.continental-tires.com/bicycle/blog/competition-tdf-ltd

購入できるタイヤは3,460本しかありません。これは、今年のツール・ド・フランスの走行距離。

価格は、106ユーロなので日本円で約1万2千円。

海外通販では、まだ以下のサイトだけのようです。一般の販売店から注文して貰うとかすれば買えるでしょう。

https://bikeshop.continental-reifen.de/specials/28×25-competition-black-black-tubular-skin-tdf-ltd.html

 

コンチネンタルは、ブロ御用達のチューブラータイヤ。

使っているブロチームは

  • Bahrain Merida
  • Team INEOS
  • Team Sunweb
  • Team Katusha Alpecin
  • Movistar Team
  • Team Sunweb

 

23mm幅を出してくれたら、すぐに買うんですけどね~。私は細い幅のチューブーが好きです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました