ロードバイクの情報を発信しています!

まさかの氷と土砂崩れ 大波乱のツール・ド・フランス第19ステージ

海外情報
https://twitter.com/LeTour
この記事は約6分で読めます。

こんなこともあるのかと言った感じのツール・ド・フランス。

ツール・ド・フランス第19ステージは、凄いステージになってしまった。

 

スポンサーリンク

ティボー・ピノのリタイヤ

まさかのリタイヤだったが、チームメイトはすでに知っていたようだった。

ティボー・ピノは、第17ステージで落車を避けようとしてハンドルが膝に当たった影響で、昨日の夜には歩行に問題があるほどだった。

レーパンで見えなかったが、太ももには包帯が巻かれていた。

第19ステージを走り始めたが、痛みのためにレースペースで走れない。リタイヤとなってしまう。

過去の2回のツール・ド・フランスも最後まで走れていない。

昨年のジロ・デ・イタリアでは肺炎のためにリタイヤ。回復が間に合わずツールにも出場出来なかった。

いつも、良い所まで走っているに涙を呑んでしまうティボー・ピノ。

総合5位で、マイヨジョーヌも狙える走りをしていたのに不運が続いた。

今回も最後まで走ることが出来ないレースとなってしまった。

 

 

イネオスの波状攻撃

超級山岳イズラン峠の頂上まで6.5kmを残した段階で、ゲラント・トーマスがアタック!

それは、最後までアシストしていたチームメイトのワウト・プールスが離れた瞬間の出来事。

トーマスのアタックは、すぐに捕まるが今度は、ステフェン・クライスヴァイク(Team Jumbo-Visma)がカウンターアタック!

 

こうして、ついにジュリアン・アラフィリップが遅れてしまう。

エガン・ベルナルは、少ししてから追走を開始。結局ベルナルは逃げていた選手も含めて全ての選手を置き去りにしてイズラン峠をトップで通過。

下りで、どこまで一人で走れるのか?

遅れたジュリアン・アラフィリップはどこまで追いついてくるのか?

とても面白い展開が期待される最後の山頂フニッシュに向かう場面だったが….

 

まさかの悪天候から土砂崩れ

イズラン峠を越える前から、1級山岳ティニュに向かう道は嵐のような天候でアラレ混じりの雪が降っていた。

凄まじい降雪で道路は冠水。

 

 

除雪しても、全く水が減らない。

 

ついには、土砂くずれまで発生する事態に。

 

土砂くずれの全容。

 

これでは、レースを続行する事などできない。なんと、すでに下っていたエガン・ベルナルと下りで追いついたサイモン・イエーツはオフィシャルカーからストップさせられた。

下りで、ジュリアン・アラフィリップがどこまで追いつくのか楽しみだったのに残念。

 

イズラン峠の頂上がゴールに変更

ゴールは、イズラン峠の頂上と決定。

これにより、エガン・ベルナルがマイヨジョーヌ獲得。なんとも、中途半端な終わり方となってしまった。

モヤモヤ感が残るのは、私だけではないはず。

しかも、次の第20ステージはコースが降雪のために短縮されるという。

ティボー・ピノもいない。登坂でエガン・ベルナルを圧倒するライダーがいないとなると~。

20ステージを待たずして、ツールの行方が決まったような感じですかねえ~。

 

2019 ツール・ド・フランス 第19ステージ ハイライト
Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第19ステージ ハイライト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました