ロードバイクの情報を発信しています!

Cofidisのブライアン・コカールが乗る新型のLOOKロードバイク

機材情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約5分で読めます。

ブライアン・コカールはついにワールドツアーで勝利をあげた。

2023サントス・ツアー・ダウンアンダー第4ステージ、上りスプリントを制したのだ。しかも、圧倒的なスビードのゴール前のスプリントだった。

 

 

そのブライアン・コカールが乗るLOOKは未発表の新型だ。見事に新型のロードバイクの宣伝となったといってもよいかもしれない。

 

スポンサーリンク

LOOKの新型バイク

Image credit: Future

 

新型だけど、チームバイクに関する公式の詳細は不明だが写真からわかることは

  • ドロップシートステー
  • 水平トップチューブ
  • 大きなボトムブラケットジャンクション
  • 非常に短いヘッドチューブ
  • より広い空力フォークレグ
  • LOOKワンピースハンドルバーとステム

これらが特徴だ。

 

Image credit: Future

 

CofidisはCampagnoloからShimanoに乗り換え、Shimamo Dura-Ace 12速R9200 di2グループセットを使用している。

フランスのCorimaのカーボンファイバー製チューブラーホイール。タイヤはMichelin。Selle Italiaのサドル、ボトルケージはELITE Leggeroのカーボンファイバー製を使用。

 

 

Image credit: Future

 

Cofidisは、Shimano独自のDura-Ace 9200-Pパワーメーターチェーンセットを使用せず、代わりにSRM-Originカーボンファイバーパワーメーターチェーンセットを選択している。

チェーンセットの軸は24mmと30mmがあり、フレームやボトムブラケットとの互換性を高めている。チェーンセットのスパイダーにはDura-Aceのチェーンリングが装着されているので、この決定はSRMパワーメーターを使うためだろう。

クランクアームにはLOOKのロゴが入り、チェーンセットと他のパーツが一体となって、ブランドイメージを高めている。

ブライアン・コカールのバイクには現在11-30tのカセットが装着されている。

 

Image credit: Future

 

プロ用バイクの常として、メカニックはドライブ側のシートステーにバイクを識別するためのネームステッカーを貼り付けている。

ドロップタイプのシートステーは、より幅広で角ばった形状をしており、エアロダイナミクスを重視していることがうかがえる。

795 Blade RSのシートステーはドロップされておらず、これは新型795RSの最も大きな外観上の変更点の一つとなる。

これは、Lookが他のワールドツアーフレームメーカーと同様に、ドロップステーを採用したことを意味している。

 

Image credit: Future

 

この写真では、チューブラータイヤを使用しているように見える。ミシュランのパワーコンペティションモデルで、サイズは25mm。多くのチームがチューブレス仕様に移行しているが、チューブラーの時代はまだ終わっていない。

写真のタイヤは新品には見えないので、古いホイールとタイヤで開幕戦に臨んだことも考えられる。

 

Image credit: Future

 

上の非ドライブ側の写真では、ボトムブラケット・シェルと接合部のごつい外観を見ることができる。

この部分は、パワー伝達を助け、剛性を向上させるためにかなり大きくなっている。これはスプリンターのブライアン・コカールがスプリントを開始するときに評価すべき点となる。

シートチューブとリアホイールの間のクリアランスが強調されているが、このフレームは25mm以上のタイヤを装着することができそうだ。

 

 

新型LOOKの正式発表はいつになるだろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました