ロードバイクの情報を発信しています!

クリストファー・ローレスが契約破棄してイネオスからTeam Total Direct Energieに移籍

海外情報
photo Chris Lawless instagram
この記事は約2分で読めます。

クリストファー・ローレス(Chris Lawless)25歳がイネオスとの2021年の契約があるにも関わらず、Team Total Direct Energieに移籍を発表。

すでにTeam Total Direct Energieのサイトにも掲載されており1年契約となっている。

何故、契約破棄してまで、プロチームに移籍するのかは不明。

 

スポンサーリンク

1年契約

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Team Total Direct Energie(@teamtotaldirectenergie)がシェアした投稿

 

クリストファー・ローレンスは2018年からTeam Skyに所属。2019年には、ツール・ド・ヨークシャーで総合優勝もしている。

スプリントも得意だが、クラシックも得意なライダー。

だが、チームは総合を目指すためグランドツアーでリーダーをアシスト出来ない選手はいらないということなのだろうか?

2019年にも、シーズン2勝をあげたクリストファー・ハルヴォルセンがEF Education Firstに2年契約で移籍している。

 

スプリンターは必要なく、チーム構想から外れたと考えるしかない。

Team Total Direct Energieには、NTTからエドヴァルド・ボアッソンハーゲンが移籍してくるという噂もある。

これが実現するならば、クリストファー・ローレンスと二人でスプリント、クラシックも狙えることになる。

ニキ・テルプストラともクラシックでトリオとなることも可能だが、果たしてどうなるかな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました