ロードバイクの情報を発信しています!

クリス・フルームは2021年シーズンをブエルタ・ア・サンファンで始める

海外情報
Photo by John Cameron on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

クリス・フルームの新しいシーズンが始まる。

Israel Start-Up Nationは、2021年の最初のレーススケジュールを発表。まずは、アルゼンチンのブエルタ・ア・サンファンからスタートする。

ここで、クリス・フルームも移籍後の初レースを行うことが発表されている。

 

スポンサーリンク

ブエルタ・ア・サンファンからスタート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Israel Start-Up Nation(@israelcyclingacademy)がシェアした投稿

 

数週間にカリフォルニアでトレーニングをしているクリス・フルームは以下のように述べている:

このレースは、私のキャリアの待望の新しい章の始まりを示すでしょう。新しいチームメイトとレースをして、これから先の冒険にボールを転がすのを楽しみにしています。

 

ブエルタ・ア・サンファンはアルゼンチンで行われるステージレース。1月24日から31日まで開催され、2年連続でUCIProシリーズ-2.Pro-カテゴリに分類される。

25チームが参加することも発表されている。

そのうちの4つは、UCIワールドチームカテゴリ、4つのUCIプロチーム、8つのコンチネンタル、9つのナショナルチームとなる。

 

ワールドツアーチームを紹介すると

  1. COFIDIS
  2. BORA-hansgrohe
  3. DECEUNINCK
  4. Israel Start-Up Nation

コフィデスはエリア・ヴィヴィアーニ。BORAはサガン。DECEUNINCKは、タイトル防衛のためにレムコ・イヴェネブールが出場する。

 

来年は、UCI国際カレンダー(2017年)に入って以来、ブエルタの5回目の開催。初めて、個人タイムトライアルとコロラドへの登山を含む8つのステージが含まれる。

2021年ツアーに参加する170人のサイクリストは、約1,160キロで勝利を争う。

 

いよいよ、クリス・フルームが移籍して初めてのレースとなりますね。まあ、最初からベストではないでしょうから、ある程度のコンデションと考えるのが良いですかね。

レムコはイル・ロンバルディアの骨盤骨折からの復帰レースとなるので、どこまで戻しているのか注目。総合争いに絡んできたら凄いことですけど。

ただ、凄く絞り込んでいるので、いよいよ総合系ライダーとして今シーズン羽ばたくかもしれないですね。

 

こちらはブエルタ・ア・サンファン2021の紹介ビデオ
Vuelta a San Juan 2021

コメント

タイトルとURLをコピーしました