ロードバイクの情報を発信しています!

カレブ・ユアンの乗るRidley Noah Fast Disc 昨年からの変更点

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/機材情報
Photo cyclingtips.com
この記事は約5分で読めます。

カレブ・ユアン(Lotto Soudal)の2020年シーズンはサントス・ツアーダウンアンダーで2勝。

UAEツアーでは昨年に続いてハッタダムの登りスプリントを制しており、昨年の好調を維持している。

カレブ・ユアンの乗るRidley Noah Fast Discは、ロット・スーダルの4人のリーダーだけに許されたカスタムカラーのバイクの1台。

 

今年彼が乗るバイクを詳しく見てみよう。

 

スポンサーリンク

Ridley Noah Fast Disc

Photo Caleb Ewan instagram

カレブ・ユアンの2020年シーズンに乗るRidley Noah FastはリムブレーキからDISKに変更された。昨年と比べて気付いた点が一つ。

ポジションが大きく変わってる。

サドルの高さの部分に線を引いてみたが、ハンドルがかなり2020年は上がっている。

 

2019

https://www.bikeradar.com/

 

2020

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

2020年になって、かなりアップライトなポジションになっていることがわかる。ステムの角度が全く違う。

カレブ・ユアンの特徴は超低空姿勢のスプリント。165cmの身長で更に低いポジションを取るのだから、後ろにいるライダーは全く風除けとして使えない。

これこそが、カレブ・ユアンがトップに立った時に、ゴールを奪える理由の一つだ。

 

風洞実験室で作られたポジションだったのに、これだけアップライトにして問題ないのだろうか?

なんせ、ハンドルよりも下に頭がきてますからねえ~。けど、2020年もキッチリと結果を出しているのだから問題ないのでしょう。

プロライダーがここまでポジションを変更するのはよほどのことだが、考えられるのはフレームサイズが変わったから?

カレブ・ユアンのフレームサイズについては、全く情報がないのでサイズ変更したのかどうかはわからない。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

ステムは昨年の150mmから140mmに変更されている。カレブ・ユアンがScott Foil RCで乗っていた時には140mmだったので、元に戻った感じ。

Ridleyのケーブル内蔵の方法は、ケーブルをフラット化されたフォークステアラーチューブの前部に送り込む独自のワンピースハンドルバーとステムを使用している。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

Lotto-SoudalチームバイクはRidleyのハンドル・ステム一体型のコックピットを使用せず、代わりにDedaコンポーネントで組んでいる。

エアロ性能を犠牲にしてまで、Dedaのステムとハンドルを使う理由はなんだろう?  ユアンの場合には、140mmとステムが長いので一体型では対応しきれないからだろうか。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

ハンドルバーの幅も昨年から20mm狭まって360mmに。カレブ・ユアンの身長は165cmなのでわからないこともないですが、スプリントのためなんでしょうかねえ~。

フレームサイズが大きくなったことも関係しているのかな。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

パワーメーターはSRMを使用。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

フレームには、Ridleyの「F-Surface Plusテクノロジー」が施されている。

ヘッドチューブ、ダウンチューブ、フォークに窪みを持たせ、通過する空気があまりに早く分離するのを防ぐために微小乱流を作り出すことを目的としている。

この意図的な気流の乱れは、滑らかな翼形状よりも平均7%の空気抵抗低減を実現した。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

シートステイとシートチューブがまじわる所の形が面白い。なんで尖っているのだろう?

これも空気抵抗のため?

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

ブレーキは、Campagnolo Super Recordディスク。Lotto Soudalはカンパをずっと使ってますね~。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

カンパレコードのクランクにSRMのパワーセンサー。54×39。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

リアディレーラーは、Campagnolo Super Record EPS。カセットは11×29。カンパには29もあるんですね。知らなかった。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

C-Bearのセラミックが使用されている。

 

https://cyclingtips.com/2020/01/pro-bike-caleb-ewans-ridley-noah-fast-disc/

Bora Oneにタイヤは、Vittoria Corsa G +チューブラー、25 mm。

 

Ridley Noah Fast Disc  Spec

  • フレームセット: Ridley Noah Fast Disc
  • ブレーキ: Campagnolo Super Recordディスク
  • シフトレバー: Campagnolo Ergopower Super Record EPSディスク
  • フロントディレイラー: Campagnolo Super Record EPS
  • リアディレイラー: Campagnolo Super Record EPS、C-Bear 12Tプーリーホイール
  • カセット: Campagnolo Super Record 12-speed、 11-29t
  • チェーン: Campagnolo Super Record 12-speed
  • クランクセット: SRM Campagnolo 12、54 / 39t
  • ボトムブラケット: C-Bear Ceramic
  • ホイールセット: Campagnolo Bora Oneチューブラー
  • タイヤ: Vittoria Corsa G +チューブラー、25 mm
  • スルーアクスル:ボルトアップアロイ
  • ハンドルバー: Deda Superzero
  • ハンドルバーテープ Lizard Skins DSP
  • ステム: Deda Superzero(140 mm)
  • サドル: Selle Italia Flight
  • シートポスト: Ridley Noah Fast
  • ペダル: Look Keo Blade Carbon
  • Bidonケージ: Tacx Diva
  • ヘッドユニット: SRM PC8

再び、ポケット・ロケットことカレブ・ユアンのスプリントが見られるのはいつでしょうねえ~。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました