ロードバイクの情報を発信しています!

ブルエタ・ブルゴスはレムコが危ないところだった

海外情報
photo Vuelta a Burgos twitter
この記事は約4分で読めます。

最終ステージは登ってゴールなので何かが起こると思ってましたけど、ラスト5kmから勝負と言った感じでしたね。

総合では、レムコがジョージ・ベネットに対して18秒のリード。ミケル・ランダに対して32秒のリードだったので二人をマークしてればOKだったんですけど~。

 

スポンサーリンク

Stage 5 » Covarrubias › Lagunas de Neila (158k)

第5ステージ

距離は158kmと長くないけど、最後に登りの待つ厳しいコース。しかも、平坦な区間は最初だけで、あとはダラダラと登っている。

 

最後は標高1839mまで登ってゴール。総合は最後の登りで決着がつくのは間違いない日だった。

 

ストリーミングが始まった時点で残り35kmを切っている展開。

今日の逃げのメンバーは

 

  1. Ángel Madrazo (Burgos-BH)
  2. Joel Nicolau (Caja Rural-Seguros RGA)
  3. Arjen Livyns (Bingoal-Wallonie Bruxelles)
  4. Gotzon Martín (Euskatel-Euskadi)
  5. Delio Fernández (Nippo Delko One Provence)
  6. Dani Navarro (Israel Start-Up Nation)

Burgos-BHのアルヘル・マドラソは2019ブエルタの山岳賞2位の選手。登りや逃げは得意だ。

 

だが、まあ逃げが容認されるレースではない。残り10kmでつかまり集団はミケル・ランダのためにBahrain – McLarenがペースを作る。

残り6.5kmからダミアーノ・カルーゾが全開で集団先頭を引いていく。

 

そして、カルーゾが下がった所で、ミケル・ランダがアタック!

 

最初に反応したのは、ジョージ・ベネット(Team Jumbo-Visma)。だが、彼らは集団に追いつかれる。結構離したように見えたのですけどねえ~。

 

しかし、今日のランダはあきらめずに再度アタック!

ジョージ・ベネットは切れ、今度はレムコとイヴァン・ソーサが上がってくる。

3人の争いになるが、なんとここでレムコがアタック!

一気に突き放したので、このまま第3ステージの再現かと思っていたら失速。このアタックが最後に命取りになってしまう。

 

そして、狙いすましたイヴァン・ソーサのアタック!

これは綺麗に決まった。ソーサは3年連続で最終ステージの勝利を飾った。総合は3年連続とならなかったけど。

危なかったのはレムコ。最後はミケル・ランダにも後れをとり2秒タイムを縮められてしまう。第3ステージで大きくリードを奪っていたから良かったものの、更に長い距離の登坂だと危なかっただろう。

リーダーとしての走りを見につけないといけない。

びっくりしたのは、チームメイトのジョアン・アルメイダの走り。セカンドグループからリチャル・カラパスらをちぎって上がってきた。

総合でも3位に入ったのは凄いことだ。

レムコがジロでも、山岳で生き残るためには無駄な動きをしないほうが良い。今回のレースで良くわかっただろうけど。私の中ではレムコがジロの優勝候補です。

 

こちらはハイライト レムコのアタックシーンも見れます
5ª etapa #VueltaBurgos

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました