ロードバイクの情報を発信しています!

ブラジルのサイクリストが一般公道で202km/hを記録!

海外情報
Image by Free-Photos from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ブラジルのサイクリストであるEvandro Portelaは、一般公道で時速202km/hを記録。

これは、公道で自転車で達成された最高速度の新世界記録でギネスブックにも登録される

一般公道で走ってどうやって202km/hを出したんだろうか?

 

スポンサーリンク

時速202km/h

こちらが達成した時の映像
Recorde Mundial – Ciclista Evandro Portela

この一般公道は、約30分間閉鎖された。日本では絶対に許可されそうにないけど。

このイベントには、連邦高速道路警察、道路高速道路局(DER-PR)、およびサンホセドスピニャス市庁舎からのセキュリティ構造とサポートがあったそうだ。

まあ、じゃないと無理だ。

 

photo Andre T. Piva

車のドラフトに入るまで、向かい風の中時速50km/hまで加速。11kmの間で時速202キロまで加速した。

この機会に用意された車は、高速での経験を持つドライバーが運転するスバルWRX 4X4 350 CVターボで、アクリルフェアリングで構造化され、真空を作りだす。

 

photo Andre T. Piva

バイクも特別で、自転車用ベアリングはセラミック製で、摩擦がなく、高速をサポート。

前輪はアルミ製で、カーボンよりも重いので安定している。後輪のスポークは平らで、空気に対する抵抗は少ない。

 

巨大ギア photo Andre T. Piva

着ているエアロスーツは、マウロリベイロスポーツによって風を切るために開発された。

使用されているタイヤはコンチネンタルのグランプリ4-シーズンで、安全性の高い技術を備えている。

もう少し詳しくバイクが見てみたいですね。

 

それは素晴らしい感情であり、達成された夢であり、大きな挑戦だ。簡単なことではありません。20km/hの風に直面したため、速度の向上が非常に困難だった。

190 km/hのときは何も見えなくなり、後輪はすでに空中にあったが、なんとかバイクをコントロールして維持することができた。頑張ってマークを打つ!

非常に困難でしたが、やりがいがあった。

チャレンジのために10年間準備。週800km乗り込んでいた。プロとして1990〜 2006に活躍している。

しかし、少しでもぶれたりしたら落車して大けがだから命がけですね。

今後の目標は時速280km/hだそうだ。

 

こちらは2017年に180km/hを記録した時の映像
BIKE FASTEST 180 KM/HORA

 

ちなみにロード世界記録はイギリスのニール・キャンベルの時速280.6km/h。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました