ロードバイクの情報を発信しています!

AG2R La Mondialeがロマン・バルデ以外の中心選手と契約延長を発表

海外情報
photo AG2R La Mondiale instagram
この記事は約4分で読めます。

AG2R La Mondialeが次々と来シーズン以降の契約延長を発表している。

今回発表されたのは、 

  • ジェフリー・ブシャール(Geoffrey Bouchard)(28)、
  • ドリアン・ゴドン(Dorian Godon)(24)、
  • オウレリアン・パレパントル(AurélienParet-Peintre)(24)

の3人。このトリオは、2022年までフランスのフォーメーションを務める。

アレクシ・ヴュイエルモーズ(Alexis Vuillermoz)も少し前に契約更新しているので一緒に紹介。

 

スポンサーリンク

ジェフリー・ブシャール(Geoffrey Bouchard)

photo Geoffrey Bouchard instagram

2019年ブエルタ・ア・エスパーニャで山岳賞を獲得したのは記憶に新しい。

チームには2018年8月1日より、テストライダーとして契約している。移籍した初日からTour Alsaceを走っており、第4ステージで優勝。そのまま総合優勝を飾ってしまった。

そして、初めて出場したグランツールで山岳賞を取ってくれたのだからチームとしては嬉しいかぎりだろう。

26歳でプロデビューと遅咲きながら、2022年まで2年契約延長を勝ち取った。

 

ドリアン・ゴドン(Dorian Godon)

photo Dorian Godon instagram

2016年8月1日コフィディスにテスト生として入団。AG2R La Mondialeには2019年から所属している。

スプリントが得意だが、登りもこなせるオールラウンダーでもある。

チームからのこの信頼のサインに満足している。これにより、長期的な展望が開かれる。

良いグループと良い結束があり、グランドツアーでステージを勝ち取りたい。フランダースでオリバー・ナーセンをサポートできることを夢見ている。

24歳と若く、将来的にチームを支えていく選手となるはずだ。彼も2022年まで契約延長となった。

 

オウレリアン・パレパントル(AurélienParet-Peintre)

photo Aurélien Paret-Peintre instagram

2018年8月1日からチームに合流。オールラウンドに活躍出来る選手で、2020パリ~ニースではヤングライダー賞2位となっている24歳。

2020シーズン初戦のEtoile de Bessègesでは、ブノワ・コズネフロワの総合優勝をアシストしつつ、総合6位を獲得。

今しばらくは、アシストとしてチームを支えることになるだろう。シーズン序盤の成績によって、2022年まで契約延長となった。

 

アレクシ・ヴュイエルモーズ(Alexis Vuillermoz)

photo Alexis Vuillermoz instagram

2018年にパリニースで8位に終わり、2019年にドロームクラシックで優勝。ティレーノのクイーンステージで8位になり、非常に良いパフォーマンスを得たとしても、ケガの為、かなり途切れ途切れのシーズンをなっていた。

2019ツール・ド・フランスのあとに、膝蓋骨骨折。しかも、復帰しようとしていたボルタ・ア・カタルーニャもコロナのためにレースはなかった。

だが、チームは中心選手として2021年も契約を更新。2014年以来一貫してAG2R La Mondialeで走っておりチームの信頼が厚いことを伺わせる。

今のところ、このツール・ド・フランスに集中し、クラシック、特にアルデンヌクラシックを走る予定だ。

 

AG2R LA MONDIALEチームは、過去数週間でオリバー・ナーセンを含めて5人のライダーの契約延長を発表。だが、この中にエースであるロマン・バルデの名前はない。やはり移籍なのだろうか?

フランスチーム以外で走るロマン・バルデの姿は想像できないが、変化を求めているのならばしかたないかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました