ロードバイクの情報を発信しています!

2023台湾KOMチャレンジでベンジャミン・ダイボールがヴィンチェンツォ・ニバリの記録を破る

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt
この記事は約5分で読めます。

台湾KOMチャレンジにTeam Jayco AlUlaから、サイモン・イェーツとヘスス・ダビッド・ペーニャも参加していた。

 

日本のトップヒルクライマーも参加する台湾KOM。その結果は?

 

スポンサーリンク

台湾KOMチャレンジ

こちらはスタート風景 サイモン・イェーツは最前列

 

サイモン・イェーツは大きな集団についていたようで、途中の様子はライブ配信動画で見られる。

サイモン・イェーツは、優勝候補だったけれど、マシントラブルでリタイヤ。ヘスス・ダビッド・ペーニャは、かなり頑張ったようだけど、勝利したのは。

 

 

ヴィクトワール広島のベンジャミン・ダイボール。しかも、ヴィンチェンツォ・ニバリの記録を更新する3時間16分9秒でフニッシュ。

2018・2019年も2位となっておりコースは熟知していた。ヴィンチェンツォ・ニバリの記録は、3時間19分54秒なので、実に3分以上のタイムアップでの勝利となっている。

 

ベンジャミン・ダイボールのコメント

このルートは非常に難しい。 力を調整し、リズムを維持しなければならない。特に最後の10kmは勝利の鍵となる。

自分の経験があったから勝った。 信じられない。

 

 

2位のヘスス・ダビッド・ペーニャのコメント

今日は本当に本当に大変だった。予想以上にハードだった。押し始めるのに最後の1時間半かと思っていたが、ものすごくハイペースで2時間半かかったのかもしれない。

2,000m以上は霧で、道はあまり良く見えなかったが、大丈夫だった。 最後の10km、急でハードで、高度も本当にハードだった。 最後の1kmはもっときつかった。

 

 

サイモン・イェーツのコメント

今日はハードなレースだった。特にオフシーズンの直後に言おう。 楽しいことばかり。 私とダビッドはベストを尽くそうとしたが、他のライダーに敗れた。

チャレンジして本当に楽しかったし、また一年すると戻ってくると思う。

 

リザルト

1 ベンジャミン・ダイボール  ヴィクトワール広島 03:16:09.65
2 ヘスス・ダビッド・ペーニャ Team Jayco AlUla 03:20:30.34
3 JPN KIZUNA サイクリングチーム 03:23:02.32
4 Yushi Tanaka  KIZUNA サイクリングチーム 03:24:09.07
5 マーティン・パパノフ  トリゴンファクトリーレーシング 03:28:49.83
6 森本誠  KIZUNA サイクリングチーム 03:31:22.20
 
こちらはライブ映像
 

 
https://www.taiwankom.org/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました