ロードバイクの情報を発信しています!

アンドレ・グレイペル FIGHT-ALSメガライド Zwiftで寄付をしよう!

海外情報
Photo zwift
この記事は約3分で読めます。

アンドレ・グライペル(Israel Start-Up Nation)の母親は、2017年ALSのために亡くなった。ALSは筋萎縮性側索硬化症の略で難病であり治療方法は見つかっていない。

そのためアンドレは、ALSに関心を持って貰うために様々な活動をしている。

 

今回、Zwiftでアンドレ・グライペルFightALSメガライド2020が2月8日土曜日に行われる。

Zwiftをされている方が一人でも多く参加して貰えるようにアンドレ・グライペルは呼びかけている。

 

スポンサーリンク

Andre Greipel Fight ALS Mega Ride

Fight ALS_Zwift Ride Feb2020

アンドレ・グライペルFightALSメガライド2020にZwifterが参加すると、1人につき1ドル(最大1万ドル)をZwiftがドイツ神経変性疾患センターに寄付することになっている。

つまり1万人参加するとより多くの寄付が集まりALSの研究が進むことになる。

アンドレ・グライペルは、母親のグドルンが2017年に病気で亡くなった後、脳疾患ALSまたはルー・ゲーリッグ病と闘うためにZwiftでファンと一緒に乗って資金を集めている。

ALSは神経細胞に影響を与え、筋肉の制御を悪化させ、最終的には患者を麻痺させる。多くは診断後5年以内に死亡する。

 

アンドレは、母親の最大の支持者でしたが、ALSとの戦いに参加することで彼と彼女の遺産を支援するのは私たち次第です。
2月8日のグループライドで、ALSの研究のペースを加速するために、意識と資金を集めています。寄付は完全にALSの研究者であるプルドロ教授に送られ、現在はドイツ神経変性疾患センターのDZNEで研究を行っています。

 

Photo YallaIsraelSUN twitter

アンドレ・グライペルは、ALSの研究に資金を提供するために資金と意識を高めるために何年も費やしてきた。

運動ニューロン疾患としても知られる筋萎縮性側索硬化症は、神経細胞に影響を与え、筋肉制御の悪化を引き起こし、ほとんどの患者は最終的に麻痺を起こし、多くは呼吸不全で死亡してしまう。

日本では9600人、世界では45万人が発症しており、いつ誰がなるのかはわからない。

Zwiftの公式サイトでは2月8日に行われるとなっているが時間が何時かは書かれていない。また、分かれば追記します。

Zwiftをやられている方は、記事を拡散して頂けると助かります。記事上下にあるtwitterボタンを押して、貰うと出来ます。
一人でも多くの人が参加することで寄付が集まります。

 

 

こちらはアンドレ・グライペル公式サイトのALSとの戦いの活動記録。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました