ロードバイクの情報を発信しています!

元世界チャンピオンのリハビリはElliptiGOの楕円トレーニング?

https://www.elliptigo.com/stand-up-cycling/海外情報
© elliptigo.com
この記事は約4分で読めます。

マリアンヌ・フォスCCC-Liv)は元世界チャンピオン。

2019 Women’s WorldTourでもトップでシーズンを終了していた。女子ロードレースでは第一人者だ。

彼女は、径部動脈の痛みの為にシクロクロスシーズンを早く終了して手術を受けていた。

リハビリに取り組んでいるのだが、その方法が面白いので紹介。

 

スポンサーリンク

マリアンヌ・フォスの経歴

Photo mariannevosofficial instagram

2006年、2012年、2013年にUCI世界選手権ロードで優勝。2008年北京オリンピックではポイントレースで金メダル。

シクロクロスでは、2006年、2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年に7回の世界チャンピオンとなっている。

ニックネームはカンニバル。人食いと呼ばれている訳ですね。ほとんど全てのレースを勝ってしまうので、そんなニックネームで呼ばれているようだ。

2019シーズンも19勝をあげており、通算では228勝。32歳だから、どこまで勝利数を重ねていくのだろうか?

 

リハビリはElliptiGOで

Photo mariannevosofficial instagram

手術からまだ2週間しかたってないのだが、スペインのテネリフェ島でリハビリを開始。

彼女が選んだリハビリ方法は、スタンドアップサイクリングと呼ばれるElliptiGOだ。

ElliptiGOは、自然な体勢で乗車することができるので、自転車でよく起こる首・腰・お尻・手首の疲れや痛みを生じない。さらに、視点が高く、周囲の交通状況もよく分かり、安全な走行で楽しめる。

滑らかな楕円形の動きは、膝、腰、足首、背中に対して低衝撃なのでリハビリには丁度良いのだろう。

 

自転車を漕ぐ足の動きよりは、動作が少ないので術後の傷でも大丈夫なのだろう。

そんなに楽でもないようで、従来の自転車よりも33%多くカロリーを消費し、短時間でも良いトレーニングになるようだ。

彼女の乗っているのはロングストライドファミリーELLIPTIGO®11Rだろう。3,699ドルだから結構なお値段だ。日本では乗ってる人は見たことないですね。

完全な回復には6週間かかるということで2月一杯はリハビリとなりそう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました