ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールがストラーデ・ビアンケの1000ワットの攻撃をSTRAVAにアップロード

海外情報
Photo by Bill Jelen on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

マチュー・ファンデルプールは、ストラーデ・ビアンケで見せたアタックのパワーがわかるデータをSTRAVAに投稿した。

やはり、最後のサンタカテリーナ通りの石畳の上り坂では1,000Wを越えるパワーを発揮していたようだ。

Alpecin-Fenixは、このSTRAVAのデータをわかりやすくインスタにまとめて投稿してくれている。

 

スポンサーリンク

20秒間1000Wで攻撃

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alpecin-Fenix(@alpecinfenix)がシェアした投稿

 

実際のSTRAVAの投稿ではカンポ広場に至る630mの区間(Strade Bianche -Finish hill Siena)では、登り始めは遅かったので区間記録は8位だ。

区間トップはペトル・ヴァコッチ(petr vakoc)で、マチュー・ファンデルプールのチームメイト。このレースでは15位でゴールしている。

ペトル・ヴァコッチの記録は2016年の5位になった時のもの。

ただ、アタックをかけてからの20秒間では平均1004W、最大で1362Wを記録したということ。如何にアタックからのスピードが爆発的だったかというのがわかる。

 

こちらは、ユーザーが撮影したアタックから頂上までの動画。

ジュリアン・アラフィリップと比べて、圧倒的なスピードがあることがわかる。

さらに、マチュー・ファンデルプールは4つのKOMを獲得している。

 

こちらは最初のアタック。パワー表示が出ていると凄さがわかるかと

 

最初のアタックである、レ・トルフェのセクターでは、60秒で平均738Wを記録している。ここからゴールまでの25kmでもKOMを獲得。

これは、2020年にワウト・ファンアールトが勝利した記録よりも3分も速い。

186km全体でも、389Wで走っており、これはマチューの公表されている75kgの体重から計算すると5.19w/kgという驚異的なパワーで走っていたことになる。

  • 距離:186.42km
  • 時間:4:45:19
  • 獲得標高:3,342m
  • 最大出力:1,362w
  • 平均出力:389w(5.19w/kg)

走りも凄かったけれど、データでもそれを証明してくれている。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました