ロードバイクの情報を発信しています!

ナセル・ブアニは人種差別の被害を受け、UCIからサボート声明をうける

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

ナセル・ブアニ(Team Arkéa Samsic)は、フランスのワンデーレース、ショレ=ペイ・ド・ラ・ロワールでのスプリントにおける危険な行為で失格となっていた。

この時に、フェンスに追いやられたジェイク・スチュワート(Groupama-FDJ)は、手首を骨折しておりロンド・ファン・フラーデレンの出場は出来なかった。

この後も、ナセル・ブアニはフランスのワンデーレース、ラ・ルー・トゥランジェルに出場して2位となっている。

だが、ナセル・ブアニはシュヘルデプライスを欠場。失格となったショレ=ペイ・ド・ラ・ロワールのレース以降、SNSで人種差別の被害を受けており、精神的に追い込まれたようだ。

これについては、UCIもナセル・ブアニに向けられた人種差別の虐待について非難する声明を出している。

 

スポンサーリンク

レースに出れないほどに消耗か

こちらは人種差別の投稿をナセル・ブアニが張り付けてもの。

 

ブアニは、3月28日のフランスのショレ=ペイ・ド・ラ・ロワールの最後のスプリントでジェイク・スチュワート(Groupama-FDJ)をバリアに押し付けた後、罰せられ失格となった。

それ以来、ブアニはソーシャルメディア上で複数の異なる言語で人種差別的な投稿やメッセージの標的になっている。

彼は月曜日に彼自身の話に虐待のいくつかの異なる例を投稿し、次に彼自身の声明を投稿した。

私に個人的に手紙を書いたり、特定のサイクリングWebサイトにコメントしたりして、1週間楽しんでいる小さなジョーカーの皆さん、こんにちは。

私は犯罪者であり、私は北アフリカ人であり、抑留される必要があります。そして、誰かが私に[豚の絵文字]を絶えず送ってくれます。

と、ブアニは彼のInstagramストーリーに共有された投稿に書いていた。

ナセル・ブアニ自身は、フランス人であり2012年にはフランスチャンピオンにもなっている。生まれはフランスだが、どうやら両親のどちらかが北アフリカ出身のようだ。

それによって、様々な嫌がらせの誹謗中傷と人種差別を受けている。ついには、レースに出場出来る状態でないほどになってしまった。

Facebookについては、非難多かった投稿を削除している。特に人種差別については25年間も耐えてきたと言っており、根深い問題のようだ。

 

UCIが擁護の声明を出す

 

声明では

UCIは、ショレ=ペイ・ド・ラ・ロワールでの最後のスプリント中に危険な行為をしたとして失格となったフランス人ライダー、ナセル・ブアニをソーシャルメディアで狙った人種差別的な攻撃を固く非難したいと考えています。

ナセル・ブアニの過ちは深刻だが、告発された行為の後の数日間に受けた侮辱を正当化するものは何もないとも述べている。

最近は、世界中で人種差別の問題が大きく取り上げられており、弱いものを攻撃するという風潮がまかり通っている。

特にソーシャルメディアでは顔が見えないので、好き放題に言えるので困ったものだ。

ナセル・ブアニの最終的な処分はまだ確定していないが、出場停止となるとチームにとっても厳しいものとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました