ロードバイクの情報を発信しています!

Alpecin-FenixはZwiftアカデミーで優勝した25歳オーリストラリア人とプロ契約を結ぶ

海外情報
photo nerocontinental instagram
この記事は約2分で読めます。

Zwiftアカデミーの女子の部門で優勝したNeve Bradburyは、CANYON-SRAMとプロ契約。

そして、男子優勝者のJay VineはAlpecin-Fenixとプロ契約となった。25歳のオーストラリア人は来シーズン、マチュー・ファンデルプールのチームメイトになる。

これまで、女子のほうはCANYON-SRAMとのプロ契約が約束されていたが、男子はTeam Dimension Dataのコンチネンタルと契約したりでは、なかっただうろか?

いきなり、Zwiftアカデミーからプロ契約出来るとは凄いことではないかな。

 

スポンサーリンク

ヘラルドサンツアー総合5位の実力者

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alpecin-Fenix(@alpecinfenix)がシェアした投稿

 

決勝では、5人のライダーで争った。

  1. LionelVujasin、ベルギー
  2. Jay Vine オーストラリア
  3. Olly Moors 英国
  4. Jochem Kerckhaert オランダ
  5. Damien Clayton 英国

優勝したJay Vineだが、2019年New Zealand Cycle Classic (2.2)で総合5位。

2020年のヘラルドサンツアーでは総合5位となっている。特に第4ステージの山頂ゴールでは、ジェイ・ヒンドレー(Sunweb)が優勝したが、9秒差の3位でゴールしており、登りが得意だということがわかる。

女子のほうはプロ契約があるというは知ってましたが、男子もAlpecin-Fenixと契約出来るとは知りませんでした。コロナで契約が得られないプロ選手が多い中、Zwiftからプロになれるとは凄すぎ。

新たなプロへの道筋が出来てますね。ただ、何万人の中から優勝しないといけないので至難の業ですね。

女子のほうと一緒に記事にしておけば良かったけれども、後から知ったので申し訳なし。

コメント

  1. ゴロツキ より:

    オーリストラ人って何だよ

タイトルとURLをコピーしました