ロードバイクの情報を発信しています!

アレックス・ダウセットが12月12日にアワーレコード挑戦!

海外情報
Photo by freestocks on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

ジロ・デ・イタリア第8ステージで逃げきり勝利したアレックス・ダウセット(Israel Start-Up Nation )32歳。

アレックス・ダウセットは12月12日にアワーレコード挑戦を発表した。ダウセットも元アワーレコード保持者。

果たしてチャレンジは成功するのか?

 

スポンサーリンク

風洞実験でバイクとウェアをテスト

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

IT’S HAPPENING.

Alex Dowsett(@alexdowsett)がシェアした投稿 –

 

アレックス・ダウセットがアワーレコード新記録を作ったのは、2015年と5年も前のこと。当時28歳で最も強かったと思われる時期だ。

 

現行ルールでのアワーレコード挑戦者と記録

2014.9.18イェンス・フォイクトトレック ファクトリーレーシング 51.110km
2014.10.30マティアス・ブランドレイアム サイクリング 51.852km
2015.1.31ジャック・ボブリッジチーム バジェットフォークリフツ 51.3km
2015.2.8ローハン・デニスBMCレーシングチーム 52.491km
2015.2.25トーマス・デッケル当時所属なし 52.221km
2015.3.14グスタフ・ラーションクルトエナジー プロサイクリング50.016km
2015.5.2アレックス・ダウセットモビスター チーム 52.937km
2015.6.7ブラッドリー・ウィギンスチーム ウィギンス 54.526km
2018.10.4
ミッケル・ビョーグHagen Berman Axeon 53.730km
2019.4.16
ヴィクトール・カンペナールツ
Lotto Soudal 55.089km

ヴィクトール・カンペナールツの55.089kmの記録はかなり周到な準備をして達成されている。

特に大きいのは、アグアスカリエンテスのヴェロドロームの標高1,887mで達成されていること。

アレックス・ダウセットが挑戦するマンチェスターはわずか38mの標高。全く高地のメリットはない。

12月ということで、屋内とはいえ気温も低いのではないだろうか? 気温もパフォーマンスを出す上で重要な問題だけど。

 

アレックス・ダウセットはチャレンジに関して

1つ目は、バーが非常に高く設定されているが、彼(カンペナーツ)が人生を非常に困難にしたにもかかわらず、それは可能性の範囲外ではないので、私はレコードを取得したいということだ。

第二に、それは個人的な思い。前回は記録を取得したが、タンクにかなりの量が残っていることに気付いたので、非常にフラストレーションがたまった。

すべての作業を投入して、80%のライドを実現することはイライラするので、自分に何ができるのか見てみたい。

前回は52km/h。今回は55km/hを維持しないといけない。相当ハードルは高いと言わざるを得ない。

 

バイクはFactorか?  トラック専用バイクか?

photo Alex Dowsett

風洞実験でテストされたのはFactor SLiCK。チームが使用するバイクだ。

実は、アレックス・ダウセットはヨーロッパ選手権個人タイムトライヤルではSpecialized S-Works Shiv TTを黒塗りして使っていた。

 

今回はチームのサポートも受けているのでFactor SLiCKを使用するかもしれない。トラック専用のバイクを使うだろうが、まだ完成していない。

アレックス・ダウセットは2年の契約を発表しているが、どこのチームと契約したのかわからない。今回もIsrael Start-Up Nationのサポートを受けるということは、チーム残留の線もある。

 

ZwiftとMuc-offもイベントをサポートする。

ダウセット自身は血友病患者であり、チャリティーパートナーであるリトルブリーダーズと血友病協会もアワーレコードの試みに参加している。

 

アレックス・ダウセットは

最後に、これは血友病の認識のためです。当日はそのための強い存在感と認識があります。

血友病があなたを妨げる可能性があるという誤解を覆すために、次世代の血友病患者を鼓舞するのに役立つメッセージを伝えたいと思います。

とコメントしている。

病気を抱えながらのプロ生活。是非、記録更新を果たして貰いたい。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました