ロードバイクの情報を発信しています!

アレハンドロ・バルベルデはレムコ・エヴェネプールが圧倒的に世界一のライダーだと絶賛

海外情報
Photo credit: Andrés Porcel García on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

42歳で引退したアレハンドロ・バルベルデだが、先日のシンガポールクリテリウムでは元気な姿をみせていた。

さすがに、最後の逃げにMovistar Teamを代表して乗るという展開にはならなかったけれど。

 

まあ、流石に表彰式でヨナス・ヴィンゲゴーの両隣が引退する二人だったらおかしいよね。

アレハンドロ・バルベルデは、シンガポールのインタビューでレムコ・エヴェネプールについて大絶賛している。

バルベルデがレムコを圧倒的に世界一という理由とはなんだろうか?

 

スポンサーリンク

レムコは世界一

 

まだまだ走れると思いますが、現在最高のライダーだと思うのは誰ですか?

42歳を超えても意味がない。来年はまだいいレベルかもしれないが、今はそれでいい。レムコ・エヴェネプールは、今の僕にとって世界最高のドライバーだ!

今、彼が見せているものは、このままいけば、きっと僕より上に行くはずだ。

彼の若さで世界チャンピオンとなり、ブエルタ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ、クラシカ・サンセバスチャンを制したことは素晴らしいことだ。

 

ツールを2勝したタディ・ポガチャルと比べてどうですか?

タディ・ポガチャルは別格だが、レムコは誰もが驚くようなことをやってのける。彼は他の人よりはるかに優れている。

 

貴方は、今シーズンもフレッシュ・ワロンヌやストラーデビアンケなどで2位に入り、依然として世界のエリートに属していることを示しています。これで止めるのは問題ないですか?

自分のキャリアに満足している。133勝だけでなく、2位110回、3位105回で退場することになった。だから、300回以上表彰台に上っているんだ。事実上、すべてを達成した。

 

2018年の世界チャンピオンであり、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ4連覇を達成しましたしね。今後はMovistar Teamで働くんですよね。

ライダーと少し、監督を少し、コーチを少しという感じだろうか。自分の経験を生かせるようにする。改善できることがあれば、その手助けをしようと思っている。

 

2022UCIポイントランキング10位のアレハンドロ・バルベルデ。彼の抜けた後はエンリク・マスが引き継ぐことになる。はたして、上手く世代交代が出来るだろうか。

今後は、アレハンドロ・バルベルデの指導者としての手腕が試される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました