ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ノケレ・コールス 石畳の登りゴールを最速で駆け抜けたライダーは?

海外情報
Photo credit: Cindy Trossaert on Visualhunt.com
この記事は約13分で読めます。

ベルギーのセミクラシック、ダニリス・ノケレ・コールスDanilith Nokere Koerse(1.Pro)

Danilithは、スポンサーの建築会社の名前。1944年に初開催された伝統的なレース。2013年は大雪でキャンセル。2020年はコロナで中止。

フランターズのパリ~ルーベを目指しており、コースには25kmの石畳のコースが盛り込まれている。

 

過去の優勝者は

  • 2022    ティム・メルリエ
  • 2021 ルドヴィク・ロベート
  • 2019 ケース・ボル
  • 2018 ファビオ・ヤコブセン
  • 2017 ナセル・ブアニ
  • 2016 ティモシー・デュポン
  • 2015  BOECKMANS Kris 引退
  • 2014  DEHAES Kenny 引退
  • 2012  CHICCHI Francesco 引退
  • 2011  STEEGMANS Gert 引退
  • 2010  イェンス・クークレール

 

スポンサーリンク

ダインゼ~ノケレ  193.6km

コースマップ photo nokerekoerse

 

昨年より4kmほどコースは伸びている。スタートは、ダインゼで変わっていない。

ライダーは、ガーフェレ、ズワールム、オーデナール、ウォルテゲムペテゲム、アンゼゲムなどの有名なサイクリング村に沿って78.5km後にフニッシュラインに到達。

ここから4周回のローカルラップに入る。

 

コースプロフィール  photo nokerekoerse

 

ノケレ・コールスの特徴は石畳。4周のローカルラップの中には、短いセクターが5か所もある。フニッシュは石畳で登っているので、足の残ったライダーだけが駆け上がることが出来る。

 

  1. Wolvenberg   650m・6.8% 最大17%
  2. Tiegemberg  750m・5.6%
  3. Holstraat  1km・5.2%
  4. ペテゲンベルグ 550m・7.6% 最大11%
  5. Nokereberg 350m・5.7% 最大7% ここから周回
  6. Lange Ast 400m・5.2% 最大7.2%
  7. Nokereberg 350m・5.7% 最大7%
  8. Lange Ast 400m・5.2% 最大7.2%
  9. Nokereberg 350m・5.7% 最大7%
  10. Lange Ast 400m・5.2% 最大7.2%
  11. Nokereberg 350m・5.7% 最大7%
  12. Lange Ast 400m・5.2% 最大7.2%
  13. Nokereberg 350m・5.7% 最大7%

 

注目のライダーは

  •  Soudal – Quick Step ティム・メルリエ、イーサン・バーノン
  •  UAE Team Emirates パスカル・アッカーマン
  •  Trek – Segafredo エドワード・トゥーンス、トムス・スクインシュ
  •  Alpecin-Deceuninck ドリース・デポンド、ガーデン・グローブス
  •  Groupama – FDJ ルイス・アスキー
  •  Team DSM サム・ウェルスフォード
  •  Intermarché – Circus – Wanty 
  •  Cofidis クリストフ・ノッぺ
  •  Israel – Premier Tech セップ・ファンマルク
  •  Lotto Dstny ヴィクトール・カンペナールツ、ミラン・メンテン
  •  Uno-X Pro Cycling Team クリストファー・ハルヴォルセン

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

昨年優勝のティム・メルリエのコメント

これはベルギーでの私の最初のレースだ。自分はゴールから5kmのところに住んでいる。それはいくらかのストレスをもたらす。多くのメッセージを受け取った。ファンにとって、このレースは私が達成した勝利よりも重要なんだ。

 

7人の逃げ

残り92.2kmで1分26秒とタイム差は少ない。

  1.  アレックス・コールマン (Team Flanders – Baloise)
  2.  ROBEET Ludovic (Bingoal WB)
  3. AZPARREN Enekoitz(Euskaltel – Euskadi)
  4.  アダム・ドヴォス(Human Powered Health)
  5.  TOWNSEND Rory (Bolton Equities Black Spoke)
  6.  VAN EMPEL Etienne (Team Corratec)
  7.  GEENS Jonas (Tarteletto – Isorex)

 

Lange Ast 400m・5.2% 最大7.2%

集団はTeam DSMがメインで引いている。

 

Nokereberg 350m・5.7% 最大7% 残り3周

石畳の登りを先頭が通過。

 

タイム差は1分30秒程度で変わらない。

 

続いて集団も通過する。

 

集団も大きいままだ。

 

ラウンドバウトで落車。

  •  BOSTOCK Matthew (Bolton Equities Black Spoke)
  •  マディス・ミケルス (Intermarché – Circus – Wanty)
  •  DE KEIJZER Gerd (Team Novo Nordisk)

 

集団牽引は、Alpecin-Deceuninckのドリース・デポンド。

 

Nokereberg 350m・5.7% 最大7%

集団牽引は、Alpecin-DeceuninckとSoudal – Quick Stepがメインで引いている。

 

先頭で走っていた、アレックス・コールマンはパンク。

 

なんと、ホイール交換に手間取り集団に抜かれてしまう。これは、クリス・フルームを見ているような~。

 

先頭は5人に。

  1.  ROBEET Ludovic (Bingoal WB)
  2. AZPARREN Enekoitz(Euskaltel – Euskadi)
  3.  アダム・ドヴォス(Human Powered Health)
  4.  TOWNSEND Rory (Bolton Equities Black Spoke)
  5.  GEENS Jonas (Tarteletto – Isorex)

 

Q36.5 Pro Cycling Teamのトム・デヴリーントがアタック。だが、これはすぐに捕まる。

 

ヴィクトール・カンペナールツがアタックをかけるがカーブで落車。パンツが破れている。

 

先頭の後ろに集団が迫る。

 

集団が繋がった。

 

Nokereberg 350m・5.7% 最大7% 残り1周

逃げ集団が先頭のままゴールラインに向かう。

 

残り1周だ。

 

逃げのメンバーが先頭で通過。

 

昨年優勝のティム・メルリエもしっかりと集団にいる。

 

ここでアタックがかかり、3人の逃げに。

  1. ジャスパー・デブイスト Lotto-Dstny
  2. セップ・ファンマルク Israel – Premier Tech
  3. ベルト・ファンレルベルフ Soudal – Quick Step

 

集団はSoudal – Quick Stepが引いている。

 

先頭は、ジャスパー・デブイスト一人となっている。18秒差だ。

 

一人なので、集団も追うのは楽だ。これはスプリントで間違いない。

 

Lange Ast 400m・5.2% 最大7.2%

ジャスパー・デブイストは捕まった。Lotto-Dstnyは誰がミラン・メンテンのリードアウトをするのかな。

 

ここで、またもヴィクトール・カンペナールツがアタック。

 

だが、逃がして貰えない。後ろには、パスカル・アッカーマンもいる。

 

ここで、Groupama – FDJのサミュエル・ワトソンがアタック。

 

サミュエル・ワトソンは、うまく抜け出した。補給する余裕もある。

 

UAE Team Emiratesの、シェード・バックスが先頭を引く。

 

サミュエル・ワトソンは、17秒引き離した。

 

Alpecin-Deceuninckのカーデン・グローブスが落車。これはスプリントに参加出来ない。

 

残り5.8km。後ろに集団が迫る。

 

フロリアン・フェルメルシュが抜いていく。

 

4人が前に出たか。

 

あ~、なんと一人パンクだ。

 

先頭は3人となった。

  1. フロリアン・フェルメルシュ Lotto-Dstny
  2. セップ・ファンマルク Israel – Premier Tech
  3. サミュエル・ワトソン Groupama – FDJ

 

残り3.7km。これは面白い。

 

残り3.2km。3人は、集団を7秒引き離している。

 

残り2.3km。これはギリギリか。

 

残り1.4kmで集団が迫る。

 

残り1.2km。

 

おっと、追走で落車。Intermarché – Circus – Wantyのヘルベン・タイッセンもいる。

 

後ろを確認してゴールに向かう3人。

 

集団が容赦なく追ってくる。Soudal – Quick Stepのベルト・ファンレルベルフが強烈な引きだ。

 

逃げが、集団に捕まった。

 

ティム・メルリエが3人を抜いていく。

 

ティム・メルリエが先頭でカーブを曲がってきた。後ろは、Trek-Segafredoのエドワード・トゥーンスだ。

 

後ろから、Alpecin-Deceuninckのティモ・キーリッヒ。Lotto-Dstnyのミラン・メンテンも追い込んでくる。

 

先頭は10人くらいだ。

 

ティム・メルリエの後ろは、エドワード・トゥーンスがピッタリとつけている。

 

ティム・メルリエは、スーパースピードのままだ。

 

ティム・メルリエが先頭を譲らず、そのままゴール!

石畳の登りゴールを制した。これで、ティム・メルリエは昨年に続いて連勝。シーズン5勝目をあげた。素晴らしい活躍ぶりだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

ティム・メルリエのコメント

彼らは最後の2周を全力で走った。コントロールを見つけるのは難しかったが、我々は非常に強力なベルト・ファンレルベルフを頼りにしていた。

そしてリードアウトも良かった。ベルトがした仕事は本当に上品だった。彼のハンドルを握るのが夢だった。

プロトンで転倒した後、私はすぐにベルトに知らせ、もうためらうべきではないと伝えた。前にはまだ逃亡者がいたが、彼はそれをうまく解決した。その後、私はスプリントに乗ることができた。

 

そのスプリントについてどう思いましたか?

私は値を見ただけです…昨年ほど良くはありませんが、それでも十分だ。

ベルギーのチャンピオンが、ノケレ・コールスを優勝したのはこれが初めてのようだ。私はそれを誇りに思っている。

自分自身と、彼らが私にもたらしてくれたものを発揮できるチームに非常に満足している。現時点では大成功だ。

 

2位のエドワード・トゥーンスのコメント

ティムに勝つのは難しいと思っていたよ。スプリントでは歯が1本分大きかった。石畳でギアを入れ替えるのは簡単ではないので、無理だった。

ティムのパワースプリントは素晴らしく、彼を越えるのはとても難しい。もちろん、彼が失速してくれることを期待していたが、2位になれたことは最高だった。惜しくも2位でチームに報いることができてよかった。

 

 

3位のミラン・メンテンのコメント

シーズンのスタートがうまくいったことは、大きな自信になった。今日はチームとして完璧なコースにも乗れた。

プランは、速い選手が限界に達するようなハードなレースにすることだった。結局、3位で満足しなければならなかった。

Rnk Rider Team UCI Time
1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 200 4:19:14
2
 THEUNS Edward
Trek – Segafredo 150 ,,
3
 MENTEN Milan
Lotto Dstny 125 ,,
4
 KIELICH Timo
Alpecin-Deceuninck 100 0:03
5
 ASKEY Lewis
Groupama – FDJ 85 ,,
6
 VANMARCKE Sep
Israel – Premier Tech 70 ,,
7
 BLOUWE Louis
Bingoal WB 60 ,,
8
 PITHIE Laurence
Groupama – FDJ 50 ,,
9
 NOPPE Christophe
Cofidis 40 ,,
10
 BAX Sjoerd
UAE Team Emirates 35 ,,
11
 VERMEERSCH Florian
Lotto Dstny 30 ,,
12
 MIHKELS Madis
Intermarché – Circus – Wanty 25 ,,
13
 COLOMBO Filippo
Q36.5 Pro Cycling Team 20 0:09
14
 SOTO Antonio Jesús
Euskaltel – Euskadi 15 ,,
15
 CANAL Carlos
Euskaltel – Euskadi 10 ,,
16
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi 5 ,,
17
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team 5 0:13
18
 WELTEN Bram
Groupama – FDJ 5 ,,
19
 DVERSNES Fredrik
Uno-X Pro Cycling Team 5 ,,
20
 KREDER Wesley
Cofidis 5 0:23
21
 GIBBONS Ryan
UAE Team Emirates 5 ,,
22
 SAJNOK Szymon
Q36.5 Pro Cycling Team 5 ,,
23
 VAN POPPEL Boy
Intermarché – Circus – Wanty 5 0:25
24
 VAN ASBROECK Tom
Israel – Premier Tech 5 ,,
25
 VACEK Mathias
Trek – Segafredo 5 ,,
26
 WELSFORD Sam
Team DSM 5 ,,
27
 DUPONT Timothy
Tarteletto – Isorex 5 ,,
28
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk 5 ,,
29
 ZUKOWSKY Nickolas
Q36.5 Pro Cycling Team 5 ,,
30
 WALLAYS Jelle
Cofidis 5 ,,

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました