ロードバイクの情報を発信しています!

小鹿を救ったマイケル・ウッズとロバート・ゲシングたち4人

海外情報
photo robertgesink instagram
この記事は約3分で読めます。

アンドラ公国で練習していたTeam Jumbo-Vismaのロバート・ゲシングとEF Pro Cyclingのマイケル・ウッズにジェームス・ウイラント、マグナス・コートニールセンの4人。

彼ら4人が練習中に遭遇したのは小さな小鹿。

アンドラ公国は、フランスとスペインに挟まれたミニ国家でピレネー山脈の東部に位置しており、自然豊かで標高は2000m以上ある山の中。

 

photo robertgesink instagram

野生動物に遭遇することも多い。彼らはトレーニングを中断して小鹿の保護にあたった。

 

スポンサーリンク

トレーニング中断して救助を待つ

こちらはマイケル・ウッズのインスタ投稿。2つの目の動画で消防士の救助が来たことがわかる。

コルドルディーノを登りながらトレーニングをしているときに、4人は道端で怖がって震えている小さな子鹿を見つけた。

すぐに彼らは立ち止まり、小鹿に触れることなく見守ることに。

ロバード・ゲシングがスペイン語の知識を活かしてフォレストコールに連絡し、マイケル・ウッズは自分の自転車で車が通過する時に小鹿を保護。

 

photo robertgesink instagram

ジェームス・ウイラントは、肉食動物に襲われないようにまわりを注意。

やがて、消防士の到着で彼らはトレーニングを再開。

ロバート・ゲシングはインスタで

33歳ウッズと、34歳の私は子供がいるので感傷的になった。道路の脇に小さな震えがあるのを見て、すぐにフォレストコールに電話した。予期せぬ30分間の休息のあとに、消防士たちの迅速な介入に感謝している。

登りの途中だったのでしょうから、良い休憩にもなったのでは。

ロバート・ゲシングはチームが違っても、同じ場所に住んでいるので一緒に練習しているようですね。

 

マイケル・ウッズは大腿骨骨折してましたが、もうすっかり良いみたい。このメンツで一緒に走れるならば問題なしでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました