ロードバイクの情報を発信しています!

Affinity Anthem SL-AFロードバイクはプレミアムスチールバイクで6.58kg

https://affinitycycles.com/explore-affinity機材情報
Photo affinitycycles.com
この記事は約6分で読めます。

ニューヨーク、ブルックリンを拠点とし、シリアスなトラック競技者から絶大な支持を集めるAFFINITY CYCLES

そのAFFINITY CYCLESが地元ブルックリンでハンドメイドした、まったく新しいフレームANTHEMを発表した。

このANTHEMフレームをカスタマイズして作られたのがAffinity Anthem SL-AFロードバイク。スチールフレームながら、軽量パーツを盛り込んだバイクは6.58kgに仕上がった。

使われているパーツが軽量マニアをうならせる。私だけか(^^;

 

スポンサーリンク

Affinity Anthem SL-AFロードバイク

Photo affinitycycles.com

Anthemは、カスタムドローとバテッド2205ステンレス鋼フレームにモダンとクラシックのディテールを組み合わせた。

フラット化されたシートステーとシェイプドチェーンステーを追加して、ドライブトレインのパフォーマンスとライダーの快適さの両方を最適化する。

 

Photo affinitycycles.com

クラシックなディテールには、リムブレーキ、ハブ間隔100 / 130mmのQRドロップ、交換可能なディレイラーハンガー、68mm幅のBB、27.2mmシートポストなどのシンプルなものが含まれている。

 

軽量仕様とした場合のAnthem SL-AFロード

Photo affinitycycles.com

Anthemフレームセット自体は$ 1,750(約18万5千円)で販売され、ステンレスフレーム、フルカーボンフォーク、ヘッドセットが含まれている。

フレーム全体は、控えめに磨かれたAffinityグラフィックスでサンドブラスト仕上げされている。フレームサイズは4種類(S-XL)。

Affinity Anthem SL-AFロードバイクの完成車にはレベル1からレベル3まで様々な仕様がある。最軽量となった場合を見てみよう。

 

クランク

Photo affinitycycles.com

Affinityは、1ドライブのGarbaruk 50Tチェーンリングを採用。Chris KingセラミックBB。

クランクは、Cane CreekのeeWingsオールロードチタンクランク。

 

 

リムブレーキ

Photo affinitycycles.com

プレーキは、リムブレーキでは最軽量の部類と思われるCane Creek eeBrakesを採用。

 

 

シートポスト

Photo affinitycycles.com

カーボンスペシャリストであるDarimoのパーツも使われている。スペインのバレンシアのワークショップが作るパーツは軽量バイクで使われることが多い。

まず、シートポストに注目。T1 Loopシートポストは65g。

上の写真を良く見て欲しい。なんと、ヒモで固定されている!

世界最強のファイバーであるダイニーマで作られたロープループで軽量サドルを固定するワイルドなシートポストヘッド。

 

ヒモで固定ですよ~。このシートポストは2019年1月に販売開始している。

 

ハンドル

Photo affinitycycles.com

ハンドルバーもDarimoで118g。ステムは78g。4gのシートポストクランプを使用。メチャクチャ軽い!

 

サドル

Photo affinitycycles.com

カーボンGeluサドルは、71g。最軽量のサドルは選択してないですね。エルゴカットアウトで、前から後ろまで全部開いてる。

 

 

パーツの組み合せレベルが選べる

Anthemフレームセットを利用して、レべル1からレベル3まで仕様を変えることが可能。

 

Affinity
レベル1ビルド
  • SRAM Force 1xまたは2xメカニカルグループセット
  • Thomsonコンポーネント
  • DT Swissホイール

3,500ドル(約37万円)で販売される。

 

Affinity
レベル2ビルド
  • SRAM Force 1xまたは2xメカニカルグループセット
  • 上記記事の軽量バーツの全て
  • Affinity SL-AFカーボンホイール
  • 重量 : 6.8kg

Affinity SL-AFカーボンホイールは、ウルトラライトTiスポークを備えたExtraliteハブで938g。リムハイト38mm。

タイヤはVittoria Corsaの25mmがついている。この仕様で7500ドル(約80万円)。

 

ビルド3となると、10,000ドルでRed AXSグループとパワーメーター付きとなる。それでもこの軽量パーツで組んであることを考えると、とても安い価格設定だ。

 

フレームセットと自転車の完全なビルドの両方が2020年6月に利用可能となる。Affinityは、日本でも販売している店舗もあるのでご存知の方もおられることだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました