ロードバイクの情報を発信しています!

Fizikから3DプリントサドルAntares Versus Evo 00 Adaptiveにブラックバージョン追加

機材情報
photo Fizik
この記事は約2分で読めます。

Fizikは、Antares Versus Evo 00 Adaptiveサドルのスタイリッシュなブラックバージョンを発表。

すでに発売されていた3Dプリントサドルのブラック版だ。

これまでのFizik-Antares Versus Evo 00 Adaptiveサドルは、むき出しの素材の色だったが、これでどんなバイクにも合うカラーとなったと言えるだろう。

 

スポンサーリンク

Antares Versus Evo 00 Adaptive

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

fizik(@fizikofficial)がシェアした投稿

 

インスタの写真をめくっていくと、イネオスも使っていることがわかる。サドルの性能については、以前のFizik-Antares Versus Evo 00 Adaptiveと全く変わらない。

 

photo Fizik instaagram

前のFizik-Adaptiveサドルもイネオス、ユンボ・ヴィズマ、モビスターなどが使用している。

 

Antares Versus Evo 00 Adaptive- Welcome to the future

3Dプリント技術で作られたサドルは、座面への圧力のかかり方を4つのゾーンに分割して、最適なクッション性を実現している。

実際のレビューを見ても、座り込ごちが良いという意見が多い。

 

ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE spec

  • サドル長:274mm
  • 幅:139mm、146mm
  • 重量:147g、154g
  • レール:10×7mm メビウスカーボンレール
  • シェル:HMフルカーボンシェル
  • 価格:48,000円

 

Fizikの3Dプリントサドルには、安価な二つの製品も以前に出ている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました