ロードバイクの情報を発信しています!

2023 世界選手権U23男子個人タイムトライヤル 次代を担うライダーは誰だ?

海外情報
Photo credit: Fernando Sa Rapita on Visualhunt
この記事は約8分で読めます。

エリート男子・女子のタイムトライヤルの前に男子U23個人タイムトライヤルが行われる。

 

過去の優勝者

  • 2022   ソーレン・ヴァーレンショルト
  • 2021 ヨハン・プリースパイタースン
  • 2019   ミッケル・ビョーグ
  • 2018 ミッケル・ビョーグ
  • 2017 ミッケル・ビョーグ
  • 2016  マルコ・マティス
  • 2015 マッズ・ウィルシュミット
  • 2014  FLAKEMORE Campbell
  • 2013 ダミアン・ホーゾン
  • 2012  VOROBYEV Anton
  • 2011 ルーク・ダーブリッジ

 

スポンサーリンク

スターリング~スータリング 36.2km

コースプロフィール photo tissottiming

 

スコットランドのスターリングで行われる男子U23個人タイムトライヤル。最後に石畳の登りがあるけど、概ね平坦。パワーライダーがおしきりそう。

 

  1. 第1計測 残り23.3km
  2. 第2計測   残り13.3km
  3. 第3計測    残り4.4km

 

アラスター・マッケラー オーストラリア

第1走者がゴール。38分20秒でAV49.763km/h。2023オーストラリア選手権ロード・TTの2冠。現在Israel – Premier Techの開発チームで走っている。

 

イバン・ロメオ スペイン

Movistar Teamで走っているイバン・ロメオがスタート。19歳ながらワールドツアーライダーとして走っている。第1計測は15分38秒で暫定2位通過。

 

第3計測を28分22秒で通過。暫定3位に。

 

44分52秒で暫定2位。

 

マイケル・レナード カナダ

INEOS Grenadiersで走っているマイケル・レナードが第1計測でトップタイム更新。27分55秒。

 

マイケル・レナードは44分29秒で暫定トップに。

 

ヤン・クリステン スイス

UAE Team Emiratesでtrainee(研修生)として走っているヤン・クリステンがトップタイムを大幅に更新。27分29秒。av50.4km/h。

 

ヤン・クリステンは44分21秒で暫定トップタイムに。

 

ヘイミッシュ・マッケンジー オーストラリア

ヤン・クリステンの記録をすぐに塗り替えた。43分51秒。

 

ロレンゾ・ミレジ

Team dsm – firmenichで走っているロレンゾ・ミレジがスタート。

 

第2計測で、ヤン・クリステンを記録を更に塗り替えた。27分4秒。av51.2km/h。

 

これはメダルか。43分。av50.5km/hで暫定トップに。

 

50秒もタイムを更新するとは凄い走りだ。

 

ジョナサン・ヴァーベンヌ ベルギー

ベルギーU23TTチャンピオン。現在はSoudal – Quick-Step Devo Teamで走っている。ゴールタイムは、44分42秒。暫定5位。

 

アレックス・セガート ベルギー

優勝候補。ベルギー選手権TTは、ワウト・ファンアールトについで2位。ロードはレムコについで2位。

 

アレックス・セガートがスタート。

 

バイクは新型のRidley Dean Fast。

 

第1計測でロレンゾ・ミレジのタイムを更新。14分46秒。前を走るイタリアのブライアン・オリボを抜き去る。

 

第2計測を27分1秒で通過。ロレンゾ・ミレジとは3秒差で暫定トップ。

 

残り8.6kmでロレンゾ・ミレジとのタイム差は10秒。最後の石畳の登りで決まりそうだ。

 

第3計測でロレンゾ・ミレジから3秒遅れの37分で通過。

 

アレックス・セガートは11秒遅れた。2位となってしまった。

 

カール・フレドリック・ベヴォート

2024年から開発チームからUno-X Pro Cycling Teamに昇格するカール・フレデリック・ベヴォートが最終走者。

 

最終走者のカール・フレデリック・ベヴォートは13位でゴール。

 

この瞬間、ロレンゾ・ミレジはコーチと抱き合って喜びを爆発させた。

 

スポンサーリンク

リザルト

ロレンゾ・ミレジがワールドツアーライダーを貫禄を見せてU23王者となった。

ロレンゾ・ミレジのコメント

常に接近していたので、とてもエキサイティングだった。これは信じられない。このコースは過酷で、最後の1kmはクレイジーでとても苦痛だった。

主にセガートを見ていた。とても近くて、ずっと興奮していた。最初から全力で走った。力を出すしかなかった。向かい風のため、序盤はしっかり攻めることが重要だった。

だから私はそれを管理できなかった、ただいっぱいになった。タイムトライアル中、私はいつもセガールトのことを考えていた。彼が優勝候補だったからだ。だからこそお腹いっぱい行きたかった。まだ自分が世界チャンピオンであるとは思っていないが、そのためには時間が必要だ。

 

アレックス・セガートのコメント

勝ちに来て全力を尽くしたが、11秒の差は明らかだ。 コースは決して嘘をつかない。今日は最強の選手が勝った。

自分は野心的に始めたし、それが意図だった。それはすぐに自信を与え、すぐにイタリア人を目の前にできたことも後押しになった。しかし、最終的には思ったよりも残っていなかった。

できるだけ計画に忠実に従おうとしたが、最後まで苦労した。最後にはまだ可能性はあったが、予想よりも少し黙ってしまった。

どのスプリットも僅差だったので、最大限に活用しなければならないことは分かっている。ただ自分が行き詰まりを感じていたんだ。

彼は強いライダーだ。以前彼に会ったことがあり、彼は以前に私を倒した。だからこそ、私は常に彼のことを考慮しており、彼の無事を祈っている。

頭の片隅では彼が優勝候補であることを念頭に置いていたが、昨年の欧州選手権と世界選手権の後は自分をそれよりも少し上に置いていた。でも、来年に向けてすべてを出し切った。

 

Rnk Rider Team UCI Time Avg
1
 MILESI Lorenzo
Italy 125 0:43:00 50.512
2
 SEGAERT Alec
Belgium 85 0:11 50.297
3
 MCKENZIE Hamish
Australia 70 0:51 49.532
4
 GARCÍA PIERNA Raúl
Spain 60 0:54 49.476
5
 RAFFERTY Darren
Ireland 50 0:56 49.439
6
 CHARLTON Josh
Great Britain 40 1:12 49.140
7
 SÖDERQVIST Jakob
Sweden 35 1:18 49.029
8
 CURRIE Logan
New Zealand 30 1:19 49.011
9
 CHRISTEN Jan
Switzerland 25 1:21 48.974
10
 LEONARD Michael
Canada 20 1:29 48.827
11
 VERVENNE Jonathan
Belgium 15 1:42 48.591
12
 MACKELLAR Alastair
Australia 10 ,, 48.591
13
 BÉVORT Carl-Frederik
Denmark 5 1:43 48.572
14
 THORNLEY Callum
Great Britain 5 1:46 48.518
15
 ROMEO Iván
Spain 5 1:52 48.410
16
 LE HUITOUZE Eddy
France 3 1:57 48.320
17
 MIKUTIS Aivaras
Lithuania 3 1:58 48.302
18
 VAN BELLE Loe
Netherlands 3 2:03 48.213
19
 HARVEY Dean
Ireland 3 2:08 48.124
20
 WANG Gustav
Denmark 3 ,, 48.124
21
 VAN SINTMAARTENSDIJK Roel
Netherlands   2:14 48.018
22
 PALENI Enzo
France   2:19 47.929
23
 TODOME Yuhi
Japan   2:24 47.841
24
 WEISS Fabian
Switzerland   2:27 47.789
25
 BOYLE Evan
United States   2:45 47.475
26
 JUSSAUME Tristan
Canada   2:46 47.458
27
 MORGADO António
Portugal   2:56 47.286
28
 KRETSCHY Moritz
Germany   2:57 47.269
29
 GAJDULEWICZ Mateusz
Poland   3:09 47.064
30
 REMKHE Andrey
Kazakhstan   3:12 47.013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました