ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ヴォルタ・アン・アルガルヴェ第1ステージ 200kmオーバーのゴールを制したのは?

海外情報
Photo credit: mastrobiggo on Visualhunt.com
この記事は約16分で読めます。

ポルトガルで行われるヴォルタ・アン・アルガルヴェ。Volta ao Algarve em Bicicleta(2.Pro)

多くのクラシックライダーにとって準備レースとして理想的なコース設定となっている。

過去の優勝者

2021:  レムコ・エヴェネプール
2021:  ジョアン・ロドリゲス
2020:  レムコ・エヴェネプール
2019:  タデイ・ポガチャル
2018:  ミハウ・クフィアトコフスキ
2017:  プリモッシュ・ログリッチ
2016:  ゲラント・トーマス
2015:  ゲラント・トーマス
2014:  ミハウ・クフィアトコフスキ
2013:  トニー・マルティン
2012: リッチー・ポート

 

スポンサーリンク

第1ステージ  ポルティマン~ラゴス  200.2km

コースプロフィール photo voltaaoalgarve

 

初日はスプリンターの日となる。スタートは大西洋のアルガルヴェの最南端のポルティマンから。

ポルトガル海岸に沿って西に向かい、その後内陸に向かう。中間に山岳もあるけど、ゴールまでの距離が長いのでスプリントで決着だ。

 

  1. 4級山岳 Aldeia dos Matos  1.6km・6.1%
  2. スプリントポイント São Bartolomeu de Messines
  3. 3級山岳 Nave  6.0km・4.2%
  4. スプリントポイント Aljezur
  5. スプリントポイント Vila do Bispo

 

注目のライダーは

  •  Alpecin-Deceuninck クイントン・ヘルマンス、二コラ・コンチ
  •  BORA – hansgrohe ジェイ・ヒンドレー、セルジオ・イギータ、マルコ・ハーラー、ニルス・ポリッツ、ヨルディ・メーウス
  •  EF Education-EasyPost シュテファン・ビッセガー、マグナス・コルトニールセン、
  •  Groupama – FDJ シュテファン・キュング
  •  INEOS Grenadiers テイメン・アレンスマン、フィリッポ・ガンナ、トム・ピドコック、ダニエル・マルティネス、ミハウ・クフィアトコフスキ
  •  Intermarché – Circus – Wanty ルイ・コスタ、マイク・テウニッセン
  •  Jumbo-Visma トビアス・ファス、ティム・ファンダイク
  •  Soudal – Quick Step ファビオ・ヤコブセン、カスパー・アスグリーン、イラン・ファンワイルダー
  •  Team Arkéa Samsic ワレン・バルギル、ユーゴ・オフステテール
  •  Team DSM オスカー・オンリー、ジョン・デゲンコルプ
  •  Trek – Segafredo バウケ・モレマ、フィリッポ・バロンチーニ
  •  UAE Team Emirates ジョアン・アルメイダ、マルク・ヒルシ、マッテオ・トレンティン
  • Uno-X Pro Cycling Team アレクサンダー・クリストフ、ソーレン・ヴァーレンショルト

 

ステージ前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

スプリントとなれば、注目はファビオ・ヤコブセン。今年はすでにブエルタ・ア・サンファン第2ステージで優勝している。今回のステージでは力一つ抜けているのでは。

 

BORA – hansgroheのヨルディ・メーウスも調子が良い。最後は絡んでくるだろう。

 

総合の候補はUAE Team Emiratesのジョアン・アルメイダだ。

 

さあ、スタート。少し寒そうだ。

 

4級山岳 Aldeia dos Matos  1.6km・6.1%

4級山岳を通過。

  1. LOURENÇO Rafael (APHotels and Resorts – Tavira) 3ポイント
  2. FERREIRA António (Kelly / Simoldes / UDO ) 2ポイント
  3.  GRIGOREV Aleksandr (Efapel Cycling) 1ポイント

 

最初のメンバーは5人。すでに4人となっている。

  1.  アレクサンダー・カンプ (Tudor Pro Cycling Team)
  2.  GRIGOREV Aleksandr (Efapel Cycling)
  3.  FERREIRA António (Kelly / Simoldes / UDO )
  4. LOURENÇO Rafael (APHotels and Resorts – Tavira)
  5.  GARCÍA Sergio (Glassdrive Q8 Anicolor)

 

集団はコンチネタルチームが引いている。

 

残り50.5kmでBORA – hansgroheとSoudal – Quick Stepが引く。

 

先頭から切れたライダーが集団に吸収される。

 

先頭は3人に。

  1.  アレクサンダー・カンプ (Tudor Pro Cycling Team)
  2.  GRIGOREV Aleksandr (Efapel Cycling)
  3.  FERREIRA António (Kelly / Simoldes / UDO )

 

アレクサンダー・カンプは次々に逃げのメンバーを少なくする。

 

二人でいくようだ。

  1.  アレクサンダー・カンプ (Tudor Pro Cycling Team)
  2.  FERREIRA António (Kelly / Simoldes / UDO )

 

Uno-X Pro Cycling Teamのアレクサンダー・クリストフは集団前方にいる。

 

先頭から切れたライダーが集団に吸収される。

 

集団先頭はSoudal – Quick Stepのティム・デクレル。

 

ファビオ・ヤコブセンは、山岳で遅れていたが追いついてきた。

 

残り23.8k,mで56秒差。アレクサンダー・カンプはTrek-Segafredoからの移籍だ。結果が欲しい。

 

フィリッポ・ガンナは最後にリードトレインの先頭を引くか。

 

まだ、集団は大きい。

 

集団に追いつかれた二人は握手して健闘をたたえ合う。

 

残り11.9kmで、先頭二人が吸収だ。

 

落車だ。10人くらいが巻き込まれた。

 

Tudor Pro Cycling Teamのジョエル・ズーターも巻き込まれている。

 

各チームがトレインを組む。

 

Soudal – Quick Stepは、レミ・カヴァニャが先頭。カスパー・アスグリーンはラスト1kmからの引きかな。最後はミケル・モルコフが発射台だ。

 

BORA – hansgroheはニルス・ボリッツが引いている。

 

残り2.1km。登っているのでファビオ・ヤコブセンの姿が見えなくなる。

 

先頭はSoudal – Quick Step。UAE Team Emiratesが続く。

 

ファビオ・ヤコブセンは、登りで遅れたので位置が悪い。

 

ゴール前にきた。先頭は、ファビオ・ヤコブセンを探しているぞ。

 

Groupama – FDJが先頭にきそうだ。

 

Groupama – FDJが前を固めている。

 

Groupama – FDJのシュテファン・キュングが外れた。

 

さあ、どこが主導権を握るのか。

 

ミケル・モルコフが先頭に立ったが、ファビオ・ヤコブセンがでない。

 

ファビオ・ヤコブセンは、少しミケル・モルコフに引かせ過ぎたか。Uno-X Pro Cycling Teamのソーレン・ヴァーレンショルトが前に出た。

 

ミケル・モルコフの後ろからファビオ・ヤコブセンが発射。だが、左からUno-X Pro Cycling Teamのソーレン・ヴァーレンショルトがアレクサンダー・クリストフを発射してる。

 

左からファビオ・ヤコブセン。右からアレクサンダー・クリストフ。

 

アレクサンダー・クリストフが前に出てくる。

 

ファビオ・ヤコブセンが進路を変えてアレクサンダー・クリストフをまくろうとするが。

 

だが、勝ったのはアレクサンダー・クリストフだ~!

ヨルディ・メーウスが後ろから、まくり上げてきたがアレクサンダー・クリストフが先着だ。35歳のベテラン、アレクサンダー・クリストフがチームに勝利をもたらせた。

しかも、ファビオ・ヤコブセンを破っての勝利は大きい。チームを引っ張る大ベテランだ。

 

スポンサーリンク

リザルト

アレクサンダー・クリストフのコメント

これは素晴らしいことだ。ラゴスでのスプリントは過去に2回やったことがあるけど、今回は本当にうまくいったよ。ポルトガルで勝ったのも初めてだ。

Uno-X Pro Cycling Teamに移籍しての初勝利ですね。

早く勝ててほっとした。とにかくプレッシャーから解放されたよ。ソーレン・ヴァーレンショルトはとても良いリードアウトをした。それでも彼は3位に入った。それは彼がとても強いということだ。

彼が完璧にスタートさせてくれたので、私もそれを利用しなければならなかった。アルメリアではすでにうまくいっていたし(クリストフは4位入賞)、それをベースにしたかったんだ。でも今はもっと良くなっている。ここで勝てたことは、言葉では言い表せないほどうれしいよ。

今大会の後半には、またスプリンターズチャンスが待ってますね。

まだプロフィールをよく見ていないけど、あのフィニッシュは僕に合っているかもしれないね。少し登り坂にもなっていると思うし、ソーレン・ヴァーレンショルトにもあっていると思う。彼はとても速いことを証明している。

 

2位のヨルディ・メーウスのコメント

チームは素晴らしい仕事をした。完走できなくて申し訳ない。私は近づいていたが、十分に近づいていなかった。

しかし幸いなことに、まだ多くのステージが待っている。決勝戦は思った通り。ラインの2km手前の丘で、かなりの努力をしなければならなかった。その後、チームは私を完璧に降ろしてくれた。

その後、適切なホイールを見つける必要があった。

Uno-Xの列車だけが発進でき、それもクリストフの勝利につながってますが。

正面から斜めに吹く向かい風が原因で、混沌としたスプリントだっで。最後の1kmでスペースを探していて見つけたが、少し遅すぎた。足は良かったのですが、2位でした。

第1ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team 20
10″
4:49:25
2
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 15
6″
,,
3
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 10
4″
,,
4
 JAKOBSEN Fabio
Soudal – Quick Step 5   ,,
5
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 3   ,,
6
 BITTNER Pavel
Team DSM     ,,
7
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ     ,,
8
 TESFATSION Natnael
Trek – Segafredo     ,,
9
 KIELICH Timo
Alpecin-Deceuninck     ,,
10
 THEUNS Edward
Trek – Segafredo     ,,
11
 VAN DIJKE Tim
Jumbo-Visma     ,,
12
 MENDONÇA Luís
Glassdrive Q8 Anicolor     ,,
13
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost     ,,
14
 HOFSTETTER Hugo
Team Arkéa Samsic     ,,
15
 TRENTIN Matteo
UAE Team Emirates     ,,
16
 VACEK Mathias
Trek – Segafredo     ,,
17
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates     ,,
18
 BAYER Tobias
Alpecin-Deceuninck     ,,
19
 MIHKELS Madis
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
20
 BOHLI Tom
Tudor Pro Cycling Team     ,,
21
 VADER Milan
Jumbo-Visma     ,,
22
 BARRENETXEA Jon
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
23
 BABOR Daniel
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
24
 LEITÃO Iúri
Caja Rural – Seguros RGA     ,,
25
 KÜNG Stefan
Groupama – FDJ     ,,

総合

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team 5
10″
4:49:15
2
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe  
6″
0:04
3
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team  
4″
0:06
4
 JAKOBSEN Fabio
Soudal – Quick Step     0:10
5
 BITTNER Pavel
Team DSM     ,,
6
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ     ,,
7
 TESFATSION Natnael
Trek – Segafredo     ,,
8
 KIELICH Timo
Alpecin-Deceuninck     ,,
9
 THEUNS Edward
Trek – Segafredo     ,,
10
 VAN DIJKE Tim
Jumbo-Visma     ,,
11
 MENDONÇA Luís
Glassdrive Q8 Anicolor     ,,
12
 BISSEGGER Stefan
EF Education-EasyPost     ,,
13
 HOFSTETTER Hugo
Team Arkéa Samsic     ,,
14
 TRENTIN Matteo
UAE Team Emirates     ,,
15
 VACEK Mathias
Trek – Segafredo     ,,
16
 OLIVEIRA Rui
UAE Team Emirates     ,,
17
 BAYER Tobias
Alpecin-Deceuninck     ,,
18
 MIHKELS Madis
Intermarché – Circus – Wanty     ,,
19
 BOHLI Tom
Tudor Pro Cycling Team     ,,
20
 VADER Milan
Jumbo-Visma     ,,

ポイント賞

Rnk Rider Team Points
1
 KRISTOFF Alexander
Uno-X Pro Cycling Team 25
2
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 20
3
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 16
4
 JAKOBSEN Fabio
Soudal – Quick Step 13
5
 BITTNER Pavel
Team DSM 10
6
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ 8
7
 KAMP Alexander
Tudor Pro Cycling Team 6
8
 TESFATSION Natnael
Trek – Segafredo 6
9
 KIELICH Timo
Alpecin-Deceuninck 4
10
 GRIGOREV Aleksandr
Efapel Cycling 4

山岳賞

Rnk Rider Team Points
1
 FERREIRA António
Kelly / Simoldes / UDO 6
2
 LOURENÇO Rafael
APHotels and Resorts – Tavira 3
3
 KAMP Alexander
Tudor Pro Cycling Team 3
4
 GARCÍA Sergio
Glassdrive Q8 Anicolor 2
5
 GRIGOREV Aleksandr
Efapel Cycling 1

新人賞

Rnk Rider Team Time
1
 BITTNER Pavel
Team DSM 4:49:25
2
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ ,,
3
 VACEK Mathias
Trek – Segafredo ,,
4
 MIHKELS Madis
Intermarché – Circus – Wanty ,,
5
 GELEIJN Owen
Jumbo-Visma ,,
6
 DE POOTER Dries
Intermarché – Circus – Wanty ,,
7
 ONLEY Oscar
Team DSM ,,
8
 FISHER-BLACK Finn
UAE Team Emirates ,,
9
 MACEDO João
Credibom / LA Aluminios / Marcos Car ,,
10
 WANDAHL Frederik
BORA – hansgrohe ,,
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました