ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ヴォルタ・アン・アルガルヴェ第1ステージでINEOS Grenadiersのトム・ピドコックが5位に入るが罰金に~

海外情報
Image by Andrew Martin from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ヴォルタ・アン・アルガルヴェ第1ステージでは、Uno-X Pro Cycling Teamのアレクサンダー・クリストフが、ソーレン・ヴァーレンショルトのリードアウトを上手くいかして勝利。

向かい風をもろともしない走りを見せた。

優勝候補のファビオ・ヤコブセンは、ラスト2kmからの登りで遅れ前に戻るのに力を使う。そして、向かい風でミケル・モルコフのリードアウトから抜け出すのが遅れ4位に。

 

その、後ろで激しくスプリントするINEOS Grenadiersのライダーの姿が。なんと、トム・ピドコックがスプリントに参加していたのだ。

しかも、5位に食い込む素晴らしい走り。だが、ピドコックは罰金と共に降格になってしまった。

それはゴールして2時間も立ってからだった。何故、降格となったのか?

 

スポンサーリンク

罰金と降格

YouTube動画 スクリーンショット以下同様

 

トム・ビドコックは残り1kmで上位に食い込んで走っていた。上記はゴール前だけど、隣の黄色いGlassdrive Q8 Anicolorチームのルイス・メンドンサを手で押している。

一瞬のことだけど、手をハンドルから離すのは良くない。

 

 

さらに、ゴール手前でもAlpecin-Deceuninckのティモ・キーリッヒとも接触して、少し肩で押しているように見える。

いずれも、自分の進路を守るためだ。だが、手を離して押したのが危険と陪審員に判断されたようだ。

結局、ゴールから2時間たってから先頭集団最後尾の135位に降格。200スイスフランの罰金も取られている。

 

INEOS Grenadiersのメンバー

 

そもそも今回のINEOS Grenadiersのメンバーにはスプリンターがいない。

  • 41 テイメン・アレンスマン
  • 42 ジョナタン・カストロビエホ
  • 43 ローレンス・デプルス
  • 44 フッリッポ・ガンナ
  • 45 ミハウ・クフィアトコフスキ
  • 46 ダニエル・マルティネス
  • 47 トム・ピドコック

 

フィリッポ・ガンナがゴール手前1kmくらいから、引く役目をする。だけど、一流スプリンターはいない。トム・ピドコックはスプリントも速いけれど、少し無理があったのかもしれない。

ピドコックは135位に降格したけれども、タイム差は皆とかわらずトップと10秒差のままだ。これから挽回すれば良い。

ピドコックは、スペインの高度ホテルで3週間トレーニングしている。クラシックに向けての体調は万全だ。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました