ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツアー・オブ・オマーン第1ステージ 唯一のスプリンターステージを制したのは?

海外情報
Photo credit: Prof. Mortel on VisualHunt.com
この記事は約16分で読めます。

2月は中東にレースが集まる。サウジツアーに続いてツアー・オブ・オマーン。Tour of Oman(2.Pro)

昨年は6ステージだったけれども、今年5ステージに短縮。さらにスプリンターのためのステージは第1ステージのみとなる。スプリンターには厳しいプロレースとなる。

 

過去の優勝者は

  • 2022 ヤン・ヒルト
  • 2019 アレクセイ・ルチェンコ
  • 2018 アレクセイ・ルチェンコ
  • 2017 ベン・ヘルマンス
  • 2016 ヴィンチェンツォ・ニバリ
  • 2015 ラファエル・バルス
  • 2014 クリス・フルーム
  • 2013 クリス・フルーム
  • 2012  ピーター・ヴェリツ
  • 2011 ロベルト・ヘーシンク

 

スポンサーリンク

第1ステージ アル・ルスタク砦~マスカット 147.4 km

コースプロフィール photo tour-of-oman.com

 

第1ステージは、湾岸諸国の内陸部、13世紀のアル・ルスタク砦の近くから始まる。このステージでは、スプリンターを悩ませる登りはない。

前日のマスカット・クラシックのようにスプリンターがふるい落とされることもないだろう。これにかけるスプリンターは多いはずだ。

 

  1. スプリントポイント Wadi Al Maawil
  2. 山岳ポイント Fanja Climb 1.2km・8.8%
  3. スプリントポイントFanja

 

注目のライダーは

  •  Astana Qazaqstan Team マーク・カヴェンディシュ、アレクセイ・ルチェンコ
  •  BORA – hansgrohe エマヌエル・ブッフマン、マシュー・ウォールズ
  •  Intermarché – Circus – Wanty ルイス・メンチェス、レイン・タラマエ
  •  UAE Team Emirates  パスカル・アッカーマン、ディエゴ・ウリッシ、ダヴィテ・フォルモロ
  •  Cofidis ヘスス・エラダ、アクセル・ザングレ
  •  Team Arkéa Samsic クリスティアン・ロドリゲス、イエンセ・ビエルマンス
  •  Movistar Team マッティオ・ヨルゲルソン、マックス・カンター、イバン・ソーサ
  •  AG2R Citroën Team グレッグ・ファンアーヴェルマート、ブノワ・コヌフロワ、オリバー・ナーセン
  •  Soudal – Quick Step ヤン・ヒルト、ファウスト・マスナダ、ティム・メルリエ、マウリ・ファンセベナント、ヨルディ・ワルロップ
  •  Lotto Dstny トーマス・デヘント、マキシム・ファンジルス
  •  Uno-X Pro Cycling Team クリストファー・ハルヴォルセン
  •  JCL Team UKYO 岡篤史

 

スタート前

OmanSportsTV ライブストリーミング スクリーンショット以下同様

オマーン選抜のライダーを中心にスタート。バックはアル・ルスタク砦。

 

まずは、パレード走行。アタックする選手は、チームオーダーでもう決まっているでしょうね。

 

マーク・カヴェンディシュだけど、Astana Qazaqstan Teamで一人だけオークリーKATOをつけている。

 

3人の逃げ

オフシャルスタートから0kmアタックがかかる。

 

二人が飛び出して、Burgos-BHのライダーが追っている。

 

あっという間の逃げの完成だ。

  1. サイード・アル・ラービ (Oman) 
  2. ロドリゴ・アルバレス (Burgos-BH) 
  3. イエルーン・マイヤース (Terengganu Polygon Cycling Team)

 

集団を引くのはSoudal – Quick Stepからヨセフ・チェルニー。Astana Qazaqstan Teamからマヌエーレ・ボアーロ。スプリンターは今日しか勝負できる日がないので、間違いなく逃げを捕まえる。

 

逃げているイエルーン・マイヤースは、30歳のオランダ人。2019ツアー・オブ・チャイナ2勝に、2019ツアー・オブ・インドネシア第2ステージで勝利など、キャリア3勝。

2023サウジツアーでも総合20位でゴールしている。

 

オマーンのサイード・アル・ラービは、22歳。2021サウジアラビア選手権ロードで優勝。

 

Burgos-BHのロドリゴ・アルバレス は、2021年にBurgos-BHのtrainee(研修生)。2022年はEquipo Gomurで走っており、今年からBurgos-BHに所属の23歳。

 

マーク・カヴェンディシュは、昨年は第2ステージで優勝したけど、今回は平坦ステージは今日しかない。なんとしても、チームの期待に応えないと。

 

Soudal – Quick Stepのヤン・ヒルトは昨年の総合優勝者。エースナンバーなので、今回は連覇を狙うのかな。

 

スプリントポイント Wadi Al Maawil

看板とラインがあるだけのスプリントポイントを通過。いつ越えたのはわからなかった。

  1. ロドリゴ・アルバレス (Burgos-BH)  3ポイント・3秒
  2. イエルーン・マイヤース (Terengganu Polygon Cycling Team) 2ポイント・2秒
  3. サイード・アル・ラービ (Oman)  1ポイント・1秒

 

山岳ポイント Fanja Climb 1.2km・8.8%

登りに入ってきた。

 

Burgos-BHのロドリゴ・アルバレスが厳しそう。

 

だが、先に切れたのはオマーンのサイード・アル・ラービ

 

山岳ポイント前で、Burgos-BHのロドリゴ・アルバレスがスパート。だが、直前でイエルーン・マイヤースが逆転。

  1. イエルーン・マイヤース (Terengganu Polygon Cycling Team) 3ポイント
  2. ロドリゴ・アルバレス (Burgos-BH)  2ポイント
  3. サイード・アル・ラービ (Oman)  1ポイント

 

先頭は、イエルーン・マイヤース単独となり、ちぎれた二人が合流して追っている。

 

集団はSoudal – Quick Step先頭で越えていく。

 

先頭は単独に。タイム差、1分しかない。

 

追走の二人は集団に吸収された。

 

残り22kmで50秒差。道路は真っすぐなので、すでに集団からは位置が見えているはず。

 

遠くに集団が見えてきた。

 

逃げているのが一人なので、集団も早くは捕まえない。他に逃げだしたら困るし。

 

逃げていたイエルーン・マイヤースが吸収された。あとは、ゴール手前の1km・5.3%の登りがあるだけだ。

 

UAE Team Emiratesが先頭に立つ。

 

各チームが横一列に。登りでパンチャーの逃げだしを捕まえられるだろうか。

 

登りだしたが、誰も飛び出さない。今日はスプリントで賛成だ。

 

登りが終わり、各チーム縦一列で進む。

 

あとは位置取り合戦だ。最後のゴールも少し登っている。

 

残り3kmを切って、AG2R Citroën Teamが先頭に。

 

残り2kmを切った。

 

さあ、Astana Qazaqstan Teamが先頭に出てきたぞ。

 

マーク・カヴェンディシュは3番手。

 

ここでCofidisが前に。

 

だが、Soudal – Quick Stepがティム・メルリエを連れて上がってくる。発射台はベルト・ファンレルベルフだ。マーク・カヴェンディシュは、この後、囲まれて失速。

 

早くも、ティム・メルリエが先頭に立った。

 

ティム・メルリエの後ろから、Team Arkéa Samsicのデビット・デッカーが上がってくる。

 

あ~、だがティム・メルリエが余裕のポーズで駆け抜けた~。

これはゆりかごポーズだ。11日前に、生まれてきた赤ちゃんのためのポーズで決めていたようだ。Soudal – Quick Stepに移籍したティム・メルリエが早速、第2戦目で結果を出してきた。

ツール・ド・フランスに向けてファビオ・ヤコブセンとのチーム内の戦いが待っているが、まずは1歩リードだ。

2位には、Team Arkéa Samsicに移籍したデビット・デッカーが入っている。

 

スポンサーリンク

リザルト

ティム・メルリエのコメント

チームのために一刻も早く勝ちたい 、という思いは常にありますね。シクロクロスのフィールドではすでに勝っていたが、今度はロードでも勝つことができた。これはチームにとって非常に重要なことだ。

 

Soudal – Quick Stepのスプリントトレインは、最初のテストをうまくクリアしましたね。

スローなステージだったので、みんなフレッシュで、ポジションを維持するのが難しかった。最終コーナーの手前で一時的にベルト・ファンレルベルフを見失ったが、すぐに彼を見つけ出した。

後者はヨルディ・ワルロップに合図を送り、スプリントを開始した。スタートが少し早すぎたが、幸運なことに勝つには十分だった。

 

2位のデビット・デッカーのコメント

スプリントを助けてくれるような選手は、ここにはあまりいないんだ。実は、昨日優勝したイエンセ・ビエルマンスしかいないのですが、彼には2、3人の価値がある。

スプリントに至るまでが長かったし、ちょっと苦しかった。それ自体はすべてうまくいったのだが、メルリエがここで完璧なリードアウトをした。もし力があればオーバーしていたかもしれないので、2位は心強いです。

第1ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 20
10″
3:31:00
2
 DEKKER David
Team Arkéa Samsic 15
6″
,,
3
 ZINGLE Axel
Cofidis 10
4″
,,
4
 MARIT Arne
Intermarché – Circus – Wanty 5   ,,
5
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team 3   ,,
6
 ACKERMANN Pascal
UAE Team Emirates     ,,
7
 WALLS Matthew
BORA – hansgrohe     ,,
8
 SALBY Alexander
Bingoal WB     ,,
9
 KANTER Max
Movistar Team     ,,
10
 SELIG Rüdiger
Lotto Dstny     ,,
11
 NAESEN Lawrence
AG2R Citroën Team     ,,
12
 PRADES Benjamín
JCL Team UKYO     ,,
13
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates     ,,
14
 BIERMANS Jenthe
Team Arkéa Samsic     ,,
15
 FERNÁNDEZ Miguel Ángel
Burgos-BH     ,,
16
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny     ,,
17
 OKA Atsushi
JCL Team UKYO     ,,
18
 BANASZEK Alan
Human Powered Health     ,,
19
 PEÁK Barnabás
Human Powered Health     ,,
20
 KREDER Raymond
JCL Team UKYO     ,,
21
 CAVENDISH Mark
Astana Qazaqstan Team     ,,
22
 FORMOLO Davide
UAE Team Emirates     ,,
23
 BASSETT Stephen
Human Powered Health     ,,
24
 VAN LERBERGHE Bert
Soudal – Quick Step     ,,
25
 YAMAMOTO Masaki
JCL Team UKYO     ,,
26
 DESAL Ceriel
Bingoal WB     ,,
27
 HERRADA Jesús
Cofidis     ,,
28
 TEJADA Harold
Astana Qazaqstan Team     ,,
29
 TEUGELS Lennert
Bingoal WB     ,,
30
 COBO Iván
Equipo Kern Pharma     ,,

総合

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 5
10″
3:30:50
2
 DEKKER David
Team Arkéa Samsic  
6″
0:04
3
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team  
5″
0:05
4
 ZINGLE Axel
Cofidis  
4″
0:06
5
 ALVAREZ Rodrigo
Burgos-BH  
4″
,,
6
 MARIT Arne
Intermarché – Circus – Wanty     0:10
7
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team     ,,
8
 ACKERMANN Pascal
UAE Team Emirates     ,,
9
 WALLS Matthew
BORA – hansgrohe     ,,
10
 SALBY Alexander
Bingoal WB     ,,
11
 KANTER Max
Movistar Team     ,,
12
 SELIG Rüdiger
Lotto Dstny     ,,
13
 NAESEN Lawrence
AG2R Citroën Team     ,,
14
 PRADES Benjamín
JCL Team UKYO     ,,
15
 ULISSI Diego
UAE Team Emirates     ,,
16
 BIERMANS Jenthe
Team Arkéa Samsic     ,,
17
 FERNÁNDEZ Miguel Ángel
Burgos-BH     ,,
18
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny     ,,
19
 OKA Atsushi
JCL Team UKYO     ,,
20
 BANASZEK Alan
Human Powered Health     ,,

ポイント賞

Rnk Rider Team Points
1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 15
2
 DEKKER David
Team Arkéa Samsic 12
3
 ZINGLE Axel
Cofidis 9
4
 MARIT Arne
Intermarché – Circus – Wanty 7
5
 HALVORSEN Kristoffer
Uno-X Pro Cycling Team 6
6
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team 5
7
 ACKERMANN Pascal
UAE Team Emirates 5
8
 ALVAREZ Rodrigo
Burgos-BH 4
9
 WALLS Matthew
BORA – hansgrohe 4
10
 AL RAHBI Said
Oman 3

新人賞

Rnk Rider Team Time
1
 DEKKER David
Team Arkéa Samsic 3:30:54
2
 ZINGLE Axel
Cofidis 0:02
3
 ALVAREZ Rodrigo
Burgos-BH ,,
4
 MARIT Arne
Intermarché – Circus – Wanty 0:06
5
 WALLS Matthew
BORA – hansgrohe ,,
6
 SALBY Alexander
Bingoal WB ,,
7
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny ,,
8
 PEÁK Barnabás
Human Powered Health ,,
9
 DESAL Ceriel
Bingoal WB ,,
10
 COBO Iván
Equipo Kern Pharma ,,

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました