ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・ルワンダ第2ステージ  スプリントで勝利したのは?

海外情報
Photo credit: Francisco Anzola on Visualhunt
この記事は約13分で読めます。

ツール・ド・ルワンダの第2ステージ。

今日も短くて、132.9km。リーダーとなったSoudal – Quick-Step Devo Teamのイーサン・バーノンのジャージキープ出来そうな感じのコースレイアウトだ。

 

スポンサーリンク

第2ステージ   キガリ~ギサガラ 132.9km

コースプロフィール phto tourdurwanda

 

キガリのスタートから、前半はひたすら登っていく。だが、後半は下り基調なので逃げには有利だ。

どのチームが動いてくるだろうか。

 

  1. 3級山岳 Ruyenxzi  1.9km・6.0%
  2. 2級山岳 kamonyi  3.9km・5.4%
  3. 2級山岳 Nyamabuye  5.6km・5.3%
  4. スプリントポイント Muhanga
  5. スプリントポイント Huye  1.6km・5.6%
  6. 3級山岳 Nyagasozi  1km・7.3%

 

スタート前

YouTube動画 スクリーンショット 以下同様

イーサン・バーノンのリーダージャージは、当分キープだろう。

 

 

クリス・フルームの出番は山岳になるまでないのでは。

 

さあ、スタート。

 

登りから逃げているのはただ一人。

  1. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education-NIPPO Development Team)

 

3人が追うのだけど全く届かず。

  1. MUGISHA Moise(Rwanda)
  2. KURITS Joonas(Tartu2024 Cycling Team)
  3. BIGIRIMANA Jean Nepo(May Stars)

 

たんたんとプリッツェン・マルク・オリバーは単独で走る。

 

3級山岳 Ruyenxzi  1.9km・6.0%

単独で通過。

 

後ろはバラバラ。追走の3人のうちの二人だけが頑張っている。

 

2級山岳 kamonyi  3.9km・5.4%

ここも単独で通過。最大8分までタイム差を広げる。

 

まだ、一人単独で追走している。

 

集団は、Soudal – Quick-Step Devo TeamとIsrael – Premier Techが引く展開。

 

逃げていたルワンダのライダーが捕まる。

 

単独で逃げ続けている。

 

凄い大観衆だ。

 

2番手で逃げていたライダーも捕まる。

 

逃げていたルワンダの選手と共に5人が逃げを。しかし、これも吸収。

 

残り66kmでタイム差がかなり縮まる。

 

3級山岳 Nyagasozi  1km・7.3%

最後の登りで、6人が前に。

  1. William Junior Lecerf (Soudal Quick-Step Devo)
  2. ビクトル・デラパルテ (TotalEnergies)
  3. カールフレドリク・ハーゲン (Q36.5 Pro Cycling Team)

 

カールフレドリク・ハーゲンらは捕まり、単独での逃げが。

 

ついに、先頭の後ろに集団が迫る。

 

追走が追いついた。

  1. プリッツェン・マルク・オリバー(EF Education-NIPPO Development Team)
  2. Felicien Hakizimana(May Stars)

 

先頭も捕まった。

 

さあ、もうゴール前のスプリントだ。イーサン・バーノンは4番手。

 

トップでイーサン・バーノンが上がってくる。

 

ゴール前で主導権をイーサン・バーノンが握る。

 

もう、イーサン・バーノンは上体を起こしている。

 

いや~、またもイーサン・バーノンがトップ通過。

 

2勝目を現すVサインでゴールを通過。余裕すぎる。スプリントでイーサン・バーノンに勝てる選手は、この中にはいないだろう。

イーサン・バーノンは、キャリア6勝目となった。

 

スポンサーリンク

リザルト

イーサン・バーノンのコメント(チーム公式サイトより)

今日は簡単ではなかった。イエロージャージをキープするためにレースをコントロールしなければならなかったし、同時に2回目のステージ優勝を目指さなければならなかった。

しかし、素晴らしいチームワークのおかげでそれを達成することができたので、とても満足している。スプリンターにとって次のチャンスは週末に来る可能性が高いので、これまでのチャンスを生かすことができてよかった。

 

第2ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 VERNON Ethan
Soudal – Quick-Step Devo Team 14 3:21:30
2
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 5 ,,
3
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team 3 ,,
4
 RAISBERG Nadav
Israel – Premier Tech   ,,
5
 CHRISTENSEN Ryan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
6
 WEINBERG Roi
Israel – Premier Tech   ,,
7
 BLACKMORE Peter Joseph
Great Britain   ,,
8
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
9
 CAHYADI Aiman
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
10
 BONNET Thomas
TotalEnergies   ,,
11
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke   ,,
12
 BERASATEGI Xabier
Euskaltel – Euskadi   ,,
13
 LECERF William Junior
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
14
 HICKS Dylan
Great Britain   ,,
15
 PLANET Charles
Team Novo Nordisk   ,,
16
 YEMANE Dawit
Bike Aid   ,,
17
 FIORELLI Filippo
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   ,,
18
 ED DOGHMY Achraf
Morocco   ,,
19
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies   ,,
20
 AREFAYNE Aklilu
Eritrea   ,,
21
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team   ,,
22
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
23
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
24
 GELDERS Gil
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
25
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi   ,,
26
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
27
 MUHOZA Eric
Bike Aid   ,,
28
 BADILATTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
29
 HAGEN Carl Fredrik
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
30
 NIYONKURU Samuel
Rwanda   ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI Time
1 1
 VERNON Ethan
Soudal – Quick-Step Devo Team 3 6:07:22
2 3 ▲1
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   ,,
3 6 ▲3
 MEIJERS Jeroen
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
4 9 ▲5
 RAISBERG Nadav
Israel – Premier Tech   ,,
5 8 ▲3
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
6 7 ▲1
 BONNET Thomas
TotalEnergies   ,,
7 4 ▼3
 FIORELLI Filippo
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè   ,,
8 17 ▲9
 CHRISTENSEN Ryan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
9 11 ▲2
 BERASATEGI Xabier
Euskaltel – Euskadi   ,,
10 15 ▲5
 CAHYADI Aiman
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
11 13 ▲2
 PLANET Charles
Team Novo Nordisk   ,,
12 10 ▼2
 AREFAYNE Aklilu
Eritrea   ,,
13 19 ▲6
 ED DOGHMY Achraf
Morocco   ,,
14 31 ▲17
 BLACKMORE Peter Joseph
Great Britain   ,,
15 18 ▲3
 DE ROSSI Lucas
China Glory Continental Cycling Team   ,,
16 25 ▲9
 YEMANE Dawit
Bike Aid   ,,
17 42 ▲25
 WEINBERG Roi
Israel – Premier Tech   ,,
18 22 ▲4
 EYOB Metkel
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
19 35 ▲16
 HICKS Dylan
Great Britain   ,,
20 23 ▲3
 HAGEN Carl Fredrik
Q36.5 Pro Cycling Team   ,,
21 28 ▲7
 IRIBAR Unai
Euskaltel – Euskadi   ,,
22 36 ▲14
 DE LA PARTE Víctor
TotalEnergies   ,,
23 48 ▲25
 STEWART Mark
Bolton Equities Black Spoke   ,,
24 39 ▲15
 BUDYAK Anatoliy
Terengganu Polygon Cycling Team   ,,
25 29 ▲4
 KUSZTOR Péter
Team Novo Nordisk   ,,
26 43 ▲17
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke   ,,
27 41 ▲14
 MUHOZA Eric
Bike Aid   ,,
28 40 ▲12
 ORMISTON Callum
South Africa   ,,
29 37 ▲8
 REINDERINK Pepijn
Soudal – Quick-Step Devo Team   ,,
30 52 ▲22
 NIYONKURU Samuel
Rwanda   ,,

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1  
 PRITZEN Marc Oliver
EF Education-NIPPO Development Team 13
2 1 ▼1
 NSENGIMANA Jean Bosco
Rwanda 6
3  
 BIGIRIMANA Jean Nepo
May Stars 5
4  
 MULUBRHAN Henok
Green Project-Bardiani CSF-Faizanè 3
5  
 MUGISHA Moise
Rwanda 3
6 2 ▼4
 FOUCHÉ James
Bolton Equities Black Spoke 2
7  
 BONNET Thomas
TotalEnergies 1
8  
 REINDERINK Pepijn
Soudal – Quick-Step Devo Team 1

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 VERNON Ethan
Soudal – Quick-Step Devo Team 6:07:22
2 4 ▲2
 RAISBERG Nadav
Israel – Premier Tech ,,
3 3
 CALZONI Walter
Q36.5 Pro Cycling Team ,,
4 6 ▲2
 BERASATEGI Xabier
Euskaltel – Euskadi ,,
5 5
 AREFAYNE Aklilu
Eritrea ,,
6 13 ▲7
 BLACKMORE Peter Joseph
Great Britain ,,
7 22 ▲15
 WEINBERG Roi
Israel – Premier Tech ,,
8 17 ▲9
 HICKS Dylan
Great Britain ,,
9 23 ▲14
 CURRIE Logan
Bolton Equities Black Spoke ,,
10 21 ▲11
 MUHOZA Eric
Bike Aid ,,
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

  1. 毎日読者K より:

    わかれば教えてください。
    このレースはゴール着順ボーナスタイム10秒が無いんですかね?

    • ちゃん より:

      ないみたいですね。それでもクリス・フルームは、第2ステージの集団最後尾で8秒のタイムロス。もうちょっと力をいれて走れば良いのに~。
      タイム差なしで、45人が並んでますね。ただ、イーサン・バーノンが越えられそうもない山岳ステージでないので差がつく場所がないかも。

タイトルとURLをコピーしました