ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・ポローニュ第7ステージ 同タイムの総合の結果は?

海外情報
Photo credit: Francisco Anzola on Visualhunt
この記事は約20分で読めます。

第6ステージの個人タイムトライヤルでは、マテイ・モホリッチが頑張ってアルメイダと100分の74秒差でリード。

最終ステージのボーナスタイム、ゴールでのタイムで総合は決定する。ただ、アルメイダはミッションインポッシブルで無理だね~と弱気発言。マテイ・モホリッチは、最後まで戦うと言っている。

 

また、昨日の表彰式では3位のゲラント・トーマスの姿が見られなかった。

 

通常グランツールでは、ステージ毎の表彰は優勝者だけ。ゲラント・トーマスは誰も残れと言わなかったので、帰ってしまったと。

Polandの表彰式は長い。ベストPoland賞みたいなのもあるし、なんの表彰だかわからないものまである。

 

スポンサーリンク

第7ステージ   ザブジェ~クラクフ 166.6km

コースプロフィール photo tourdepologne

 

今年は、ワルシャワに次ぐ国内第二の都市であるクラクフで終了する。登りはあるけど、逃げに勝利をプレゼントするほど甘くはないだろう。

過去に成功したのは2021年のEF Education-EasyPostのジュリアン・ファンデンベルフのみ。

決勝は5kmのローカルラップを3周回。残り2.4kmと1.5kmでまだ左折が2つある。最後の1kmは直線となる。

 

  1. スプリントポイント Wilamowice
  2. 3級山岳 Witanowice 1.3km・5.5%
  3. 3級山岳 Kaszów  0.8km・5.4%
  4. スプリントポイント Budzyń

 

スタート

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

今日は少し曇り空。

 

オフィシャルスタート。UAE Team Emiratesが先頭に。まさか70km先のスプリントポイントは狙わないよね。

 

嘘だ~。誰も逃げない。ずっとダヴィデ・フォルモロが引いている。アルメイダはスプリントポイントを狙うのか?

 

57km走って、av46.3km/hと快速。UAE Team Emiratesは、本気でスプリントポイントでの逆転を狙っているのか。パスカル・アッカーマンがアルメイダを引くパターンが見られる?

 

Bahrain VictoriousとLotto-Dstnyが上がってきた。

 

スプリントポイント Wilamowice

Bahrain VictoriousとUAE Team Emiratesのトレイン対決。

 

Bahrain Victoriousが前を固める。

 

パスカル・アッカーマンが前に割って入る。

 

パスカル・アッカーマンが一人で頑張るのだけど、アルメイダは後ろにいる。

 

マテイ・モホリッチの後ろには、ジョアン・アルメイダ。

 

最後は、アンドレア・パクアスロンがマテイ・モホリッチを引く。

 

アルメイダが追いこんだが~。

 

結果は、マテイ・モホリッチが先着。

 

 

これでマテイ・モホリッチは、1秒のリードに変わった。

  1. マテイ・モホリッチ Bahrain Victorious 3ポイント・3秒
  2. ジョアン・アルメイダ UAE Team Emirates 2ポイント・2秒
  3. アンドレア・パクアスロン Bahrain Victorious 1ポイント・1秒

 

スプリンントポイントを越えてようやくのアタック!

Groupama – FDJのルイス・アスキーが飛び出すが、すぐに捕まる。

 

今度はBORA-hansgroheのライアン・ミューレンとAstana Qazaqstan Teamのエフゲニー・ギディッチが飛び出すがダメ。

 

今度は引き離して逃げに成功。

  1. ドリアン・ゴドン AG2R Citroën Team
  2. クリスティアン・スカローニ Astana Qazaqstan Team
  3. Marcin Budzinski (Poland)

 

3人は早くも40秒稼ぎだす。

 

なんと、Bahrain Victoriousのフラン・ミホリエビッチが落車して道路下まで転落している。

 

なんとか助けを借りて上がってこれたけれど、ジャージはボロボロに。その後、リタイヤしている。

 

集団はMovistar Team、Soudal – Quick Step、EF Education-EasyPost、Tudor Pro Cycling Team、Intermarché – Circus – Wantyが先頭交代に。

 

3級山岳 Witanowice 1.3km・5.5%

先頭3人は山岳ポイントに。

 

クリスティアン・スカローニがトップ通過。

  1. クリスティアン・スカローニ Astana Qazaqstan Team 3ポイント
  2. Marcin Budzinski (Poland) 2ポイント
  3. ドリアン・ゴドン AG2R Citroën Team 1ポイント

 

集団は1分9秒遅れで通過。最後尾はBORA-hansgroheのシェーン・アーチボルト。

 

残り39.1km。タイム差は47秒に。Q36.5 Pro Cycling Teamも先頭交代に加わっている。

 

3級山岳 Kaszów  0.8km・5.4%

ここはドリアン・ゴドンがトップ通過。

  1. ドリアン・ゴドン AG2R Citroën Team 3ポイント
  2. クリスティアン・スカローニ Astana Qazaqstan Team 2ポイント
  3. Marcin Budzinski (Poland) 1ポイント

 

スプリントポイント Budzyń

24秒差でスプリントポイントを通過。

  1. Marcin Budzinski (Poland) 3ポイント
  2. ドリアン・ゴドン AG2R Citroën Team 2ポイント
  3. クリスティアン・スカローニ Astana Qazaqstan Team  1ポイント

 

19秒差となり、後ろに集団が見えてくる。

 

残り3周

集団が迫る。

 

なんとかゴールライン越えたけれど、この後捕まってしまう。

 

Soudal – Quick Stepのヨセフ・チェルニーが先頭を引く。

 

残り2周

残り2周に。Soudal – Quick Stepのイラン・ファンワイルダーが引いている。

 

Lotto-Dstnyのトーマス・デへントは最後尾に。

 

集団のやや後方で落車。

 

Q36.5 Pro Cycling TeamのライダーとTeam Arkéa Samsicのライダーが立てない。なんとUAE Team Emiratesのパスカル・アッカーマンも落車。

  • パスカル・アッカーマン UAE Team Emirates
  • PERON Andrea (Team Novo Nordisk)

 

残り1周

Bahrain Victorious先頭でラスト周回に。

 

AG2R Citroën Teamが先頭に。マテイ・モホリッチは前をキープしている。

 

残り2.8km。Soudal – Quick Stepのマティア・カッタネオが先頭に。

 

残り2kmでマテイ・モホリッチは先頭。

 

Alpecin-Deceuninckのライダーが一人飛び出す。

 

これは、アレクサンダー・クリガーか。

 

しかし、これは捕まった。

 

Soudal – Quick Stepのベルト・ファンレルベルフがティム・メルリエをセットアップ。

 

残り200mでQ36.5 Pro Cycling Teamのマッティオ・モスケッティが先頭に。ティム・メルリエが大きく左にラインを変えてくる。

 

右から、マッティオ・モスケッティ、フェルナンド・ガビリア、ティム・メルリエと並ぶ。

 

マッティオ・モスケッティが足を止めた。早掛けしすぎたか。フェルナンド・ガビリアをティム・メルリエがまくる。右からTudor Pro Cycling Teamのアーヴィッド・デクレインがまくってくる。

 

ギリギリでティム・メルリエがゴールラインを駆け抜けた~!

最後は、見事にティム・メルリエが決めてみせた。2位はTudor Pro Cycling Teamのアーヴィッド・デクレイン。ガビリアは3位に終わった。

これにより、総合優勝はマテイ・モホリッチが1秒差でアルメイダを下してキープとなった。マテイ・モホリッチは今シーズンの4勝目を総合優勝で飾っている。

 

スポンサーリンク

リザルト

ティム・メルリエのコメント

またしても非常に忙しいスプリントだった。ゴールまで2kmの時点で少し遠すぎたが、ベルト・ファンレルベルフに、落ち着いて待っていてもいいと伝えた。

それから少し移動して、800m地点でベルトが実際に先頭まで行った。ベルトがリードを奪ったとき、おっと、長いリードアウトになるだろうと思った。

500m、400m、300mの標識が通り過ぎるのが見えたとき、ベルトは少し震え始めた。しかし、その後、私は彼らが入ってきたことを影を通して見た。ちょうどいいタイミングだったが、ベルトの非常に強力なリードアウトだった。

ここでハットトリックを達成しようというモチベーションがあったし、それを達成できたことを誇りに思う。

まだベストコンディションではないので、ここで強力なスプリンターたちを相手に2勝できたことは、次のレースに向けて大きな自信になった。

 

2位のアーヴィッド・デクレインのコメント

右で少しためらいすぎた。もっと自分の力からスタートすべきだったと思う。その後、メリエが左を経由して右に出てきた。

初日の転倒で本当に苦労した。この前のスプリントでは、本当に勝つための脚がなかった。

 

第7ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI   Time
1
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 400
10″
3:28:44
2
 DE KLEIJN Arvid
Tudor Pro Cycling Team 320
6″
,,
3
 GAVIRIA Fernando
Movistar Team 260
4″
,,
4
 THIJSSEN Gerben
Intermarché – Circus – Wanty 220   ,,
5
 PENHOËT Paul
Groupama – FDJ 180   ,,
6
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Human Powered Health 140   ,,
7
 GAUTHERAT Pierre
AG2R Citroën Team 120   ,,
8
 SELIG Rüdiger
Lotto Dstny 100   ,,
9
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 80   ,,
10
 PASQUALON Andrea
Bahrain – Victorious 68
1″
,,
11
 MENTEN Milan
Lotto Dstny 56   ,,
12
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk 48   ,,
13
 VAN DER SANDE Tosh
Jumbo-Visma 40   ,,
14
 MARECZKO Jakub
Alpecin-Deceuninck 32   ,,
15
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 28   ,,
16
 QUICK Blake
Team Jayco AlUla 24   ,,
17
 VAN UDEN Casper
Team dsm – firmenich 24   ,,
18
 PLOWRIGHT Jensen
Alpecin-Deceuninck 24   ,,
19
 NAESEN Lawrence
AG2R Citroën Team 24   ,,
20
 THEUNS Edward
Lidl – Trek 24   ,,
21
 DEKKER David
Team Arkéa Samsic 16   ,,
22
 MARTINELLI Davide
Astana Qazaqstan Team 16   ,,
23
 MILESI Lorenzo
Team dsm – firmenich 16   ,,
24
 MULLEN Ryan
BORA – hansgrohe 16   ,,
25
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 16   ,,
26
 VAN LERBERGHE Bert
Soudal – Quick Step 16   ,,
27
 SCHÖNBERGER Sebastian
Human Powered Health 16   ,,
28
 FLYNN Sean
Team dsm – firmenich 16   ,,
29
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 16
3″
,,
30
 VERGAERDE Otto
Lidl – Trek 16   ,,

マテイ・モホリッチのコメント(チーム公式サイトより)

一日中、今朝のスロベニアの出来事を考えていた。大洪水が発生し、多くの人々がすべてを失い、命さえも失い、本当に困難な状況にある。

しかし、私たちは誇り高き国であり、団結して立ち向かいます。私は個人的に、財政的に、できる限りの支援をするつもりだ。

 

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 400
25″
26:17:48
2 2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates 320
12″
0:01
3 3
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 260
8″
0:17
4 4
 VAN WILDER Ilan
Soudal – Quick Step 220   0:22
5 5
 CATTANEO Mattia
Soudal – Quick Step 180   0:41
6 6
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates 140   0:42
7 7
 DUNBAR Eddie
Team Jayco AlUla 120   0:55
8 8
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates 100
10″
0:58
9 9
 BATTISTELLA Samuele
Astana Qazaqstan Team 80   1:00
10 10
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich 68   1:07
11 11
 MONIQUET Sylvain
Lotto Dstny 56   ,,
12 12
 MARTINEZ Lenny
Groupama – FDJ 48   1:13
13 13
 SCARONI Christian
Astana Qazaqstan Team 40   1:26
14 14
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers 32   1:27
15 15
 VAN EETVELT Lennert
Lotto Dstny 28   1:29
16 16
 VOISARD Yannis
Tudor Pro Cycling Team 24   1:47
17 17
 VERVAEKE Louis
Soudal – Quick Step 24   1:49
18 18
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious 24   1:52
19 19
 HIGUITA Sergio
BORA – hansgrohe 24   1:56
20 20
 VAUQUELIN Kévin
Team Arkéa Samsic 24   1:57
21 21
 CONCI Nicola
Alpecin-Deceuninck 16   1:58
22 22
 VENDRAME Andrea
AG2R Citroën Team 16   2:02
23 23
 GODON Dorian
AG2R Citroën Team 16   2:11
24 24
 DONOVAN Mark
Q36.5 Pro Cycling Team 16   2:13
25 25
 GUERREIRO Ruben
Movistar Team 16   2:14
26 26
 OOMEN Sam
Jumbo-Visma 16   2:23
27 27
 LASTRA Jonathan
Cofidis 16   2:26
28 28
 SOBRERO Matteo
Team Jayco AlUla 16   2:30
29 29
 WARBASSE Larry
AG2R Citroën Team 16   2:40
30 30
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 16
16″
2:41

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 68
2 2
 ALMEIDA João
UAE Team Emirates 68
3 3
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 66
4 4
 VAN DEN BERG Marijn
EF Education-EasyPost 61
5 8 ▲3
 MERLIER Tim
Soudal – Quick Step 54
6 5 ▼1
 VAN WILDER Ilan
Soudal – Quick Step 48
7 6 ▼1
 ONLEY Oscar
Team dsm – firmenich 43
8 18 ▲10
 GAVIRIA Fernando
Movistar Team 43
9 21 ▲12
 ANIOŁKOWSKI Stanisław
Human Powered Health 38
10 16 ▲6
 MOSCHETTI Matteo
Q36.5 Pro Cycling Team 38

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 HOELGAARD Markus
Lidl – Trek 25
2 2
 MOSCA Jacopo
Lidl – Trek 18
3 3
 DE GENDT Thomas
Lotto Dstny 17
4 4
 VAN LERBERGHE Bert
Soudal – Quick Step 8
5 5
 ANDRESEN Tobias Lund
Team dsm – firmenich 6
6 6
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious 5
7 7
 HAMILTON Lucas
Team Jayco AlUla 5
8  
 SCARONI Christian
Astana Qazaqstan Team 5
9  
 GODON Dorian
AG2R Citroën Team 4
10 8 ▼2
 KRON Andreas
Lotto Dstny 4

 チーム賞

Rnk Prev ▼▲ Team Class Time
1 1  UAE Team Emirates WT 78:54:32
2 2  Soudal – Quick Step WT 1:33
3 3  INEOS Grenadiers WT 5:43
4 4  AG2R Citroën Team WT 5:45
5 5  Team Jayco AlUla WT 6:29
6 6  Bahrain – Victorious WT 8:28
7 7  Astana Qazaqstan Team WT 9:03
8 8  BORA – hansgrohe WT 10:40
9 9  Team dsm – firmenich WT 11:27
10 10  Jumbo-Visma WT 11:40
11 11  Lidl – Trek WT 15:22
12 12  EF Education-EasyPost WT 15:30
13 14 ▲1  Groupama – FDJ WT 16:03
14 13 ▼1  Cofidis WT ,,
15 15  Lotto Dstny PRT 17:44
16 16  Team Arkéa Samsic WT 20:34
17 17  Q36.5 Pro Cycling Team PRT 27:15
18 18  Movistar Team WT 40:05
19 19  Poland NAT 43:59
20 20  Intermarché – Circus – Wanty WT 52:12
21 21  Tudor Pro Cycling Team PRT 1:01:02
22 22  Alpecin-Deceuninck WT 1:08:17
23 23  Human Powered Health PRT 1:26:46
24 24  Team Novo Nordisk PRT 1:29:01

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました