ロードバイクの情報を発信しています!

2023 ツール・ド・フランス第21ステージ 最後のスプリントを勝利したのは驚きのライダー!

海外情報
Photo credit: Edgardo W. Olivera on VisualHunt.com
この記事は約23分で読めます。

2023ツール・ド・フランス最終日。恒例のパリ凱旋門を回る石畳のコースをライダーは疾走する。

ただ、ペースが上がるのはシャンゼリゼに到着してからとなる。

最後のパリのスプリントを勝利する栄光のライダーは誰になるだろうか?

 

スポンサーリンク

第21ステージ   サン=カンタン=アン=イヴリーヌ~パリ 115.1km

コースマップ photo letour.fr

 

今年はパリへの伝統的な最終ステージがサン=カンタン=アン=イヴリーヌから始まる。

1991年からは、サン=カンタン=アン=イヴリーヌは、4 年に1 度開催されるパリ – ブレスト – パリ耐久レースのスタートとゴール地点にもなっている。

毎年、最終ステージの終わりに、ライダーはコンコルド宮殿と凱旋門の間を周回する。スプリンターにとって、これはおそらく、自分が決められる最高の勝利となる。

 

コースプロフィール photo letour.fr

 

  1. 4級山岳 Côte du Pavé des Garde 1.3km・6.4%
  2. スプリントポイント Paris – Champs-Élysées highest point

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

ジャスパー・フィリップセンのコメント

この3週間、山でとても苦労した。でも、沿道にはたくさんの友達がいて、それが特別なものになった。緑のジャージは私にとってとても意味のあるもので、子供の頃からの夢が叶ったんだ。

シャンゼリゼで勝てればいいなと思っている。私はすでにそこで勝っているし、それがどれほど特別なものか分かっている。

 

TotalEnergiesのサガンは、最後のツール。一度アタックをかけたところを見たけれど、良い所なしで終わってしまった。この後は、世界選手権に出場する。

 

Groupama – FDJのティボー・ピノは、昨日見せ場を作ったが、勝利には届かず。最後のツールを沸かせて去っていく。

 

Alpecin-Deceuninckのマチュー・ファンデルプールは、今回のツールでステージ優勝なし。ジャスパー・フィリップセンのリードアウトに徹した感じか。

 

セップ・クスは、顔に腕に膝に包帯が痛々しい。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、連覇するのは驚くべきことだと。チームメイトのおかげで勝利を得たと言っている。

 

タデイ・ポガチャルは、疲労困憊しているため、パリからモナコに帰宅する。

 

第21ステージスタート時の4賞着用ライダーは

  • 総合 ヨナス・ヴィンゲゴー Jumbo-Visma
  • ポイント賞 ジャスパー・フィリップセン Alpecin-Deceuninck
  • 山岳賞 ジュリオ・チッコーネ Lidl-Trek
  • 新人賞 タディ・ポガチャル UAE Team Emirates

DNSはいない

 

ニュートラルでは、エガン・ベルナルとリゴベルト・ウランが並んで喋っている。ベルナルは落車などあったけれどツールを完走だ。

 

0kmアタックを決めたのはLotto-Dstnyのヴィクトール・カンペナールツ。

 

 

まあ、これはお遊びだ。スーパーコンバット賞ですからね。ヴィクトール・カンペナールツは、かなり満足そう。

 

ツール初出場となったUno-X Pro Cycling Teamが最後尾で写真撮影。

 

タデイ・ポガチャルは、親子にウインドブレーカーをプレゼント。

 

タイムキーパーは、おめでとうヨナスと。

 

交通整理員もかわいい子が代わりにやってくれている。

 

先頭にデンマーク出身のライダーが集まる。

 

Jumbo-Vismaはワインで乾杯。

 

これも恒例だ。

 

ワウト・ファンアールトのゼッケンナンバー。今回Jumbo-Vismaは、最終日に特別ジャージで走っている。元々、特別デザインだったけど、さらに黒いジャージとなっている。

 

Alpecin-Deceuninckも最後尾で写真撮影。

 

今度はフランス人ライダーが前に。人数少ないように思うけど。

 

ジュリアン・アラフィリップは、良く逃げていたけど結果はでなかった。

 

ジュリアン・アラフィリップは、山岳賞となったジュリオ・チッコーネを祝福。

 

4級山岳 Côte du Pavé des Garde 1.3km・6.4%

マッズ・ピーダスンも、ジュリオ・チッコーネを称えている。

  1. ジュリオ・チッコーネ Lidl-Trek 1ポイント

 

残り8周

ペースを上げてシャンゼリゼに。

 

凱旋門を走れるプロライダーは少ない。世界のトップライダーだけが走ることが出来るコースだ。

 

Lotto-Dstnyのパスカル・エーンクホーンが仕掛けるが逃げれない。

 

今度はLotto-Dstnyのフレデリック・フリソン。チームで総攻撃して最後はヴィクトール・カンペナールツが行くパターンか。

 

4秒のリードがあったけれど、捕まる。

 

なんと、タデイ・ポガチャルがアタックだ。

 

後ろから、Jumbo-Vismaのネイサン・ファンフーイドンクが追ってくる。

 

残り7周

 

ネーサンファン・フーイドンクはかわってくれないので逃げれない。

 

タデイ・ポガチャルは7秒引き離す。

 

まあ、一人ではどうにもならない。

 

タデイ・ポガチャルは、一人で12秒まで引き離した。

 

おっ、ネーサンファン・フーイドンクが先頭交代してくれた。

 

残り42.6km。13秒差。

 

残り6周

17秒まで開く。

 

6秒差に。

 

タデイ・ポガチャルは、首を振っている。一人では逃げ切れない。

 

スプリントポイント Paris – Champs-Élysées highest point

スプリントポイントを通過。

 

タデイ・ポガチャルに追走が追いついて8人に。

 

7秒差。これは逃げれそうもない。

 

残り5周

タデイ・ポガチャルは先頭で粘る。

 

タデイ・ポガチャルは、捕まってしまった。

 

レミ・カヴァニャが先頭でペースを上げる。

 

3人が少し抜け出した。

 

8秒開いた。

  1. ネルソン・オリヴィラ Movistar Team
  2. サイモン・クラーク Israel – Premier Tech
  3. フレデリック・フリソン Lotto-Dstny

 

また、タデイ・ポガチャルが集団先頭に。

 

まだ、タデイは元気だ。

 

集団先頭はジュリアン・アラフィリップ。

 

残り3周

18秒差に。

 

Soudal – Quick Stepのドリース・デヴァイナンスがアタック。最後のツールだ。

 

57km/hと猛烈なスピードで走っている。

 

BORA-hansgroheのジェイ・ヒンドリーはチェーンが暴れている。バイク交換に。

 

残り2周

19秒差で残り2周に。

 

Groupama – FDJのシュテファン・キュングがパンク。

 

集団が迫ってきた。

 

ジュリアン・アラフィリップが先頭に追いつこうとしている。

 

先頭は捕まった。

 

INEOS Grenadiersのオマール・フライレにヴィクトール・カンペナールツが反応。

 

スモールギャップ。

 

残り1周

ヴィクトール・カンペナールツ先頭で残り1周に。

 

Movistar Teamのゴルカ・イサギレがアタック!

 

EF Education-EasyPostのアルベルト・ベッティオルが行くと、Alpecin-Deceuninckのセーアン・クラーウアナスンがチェックにはいる。

 

残り3.8km。もう、誰も逃がさない。

 

残り3.1km。Team Jayco AlUlaが先頭に。

 

残り2.5km。Lidl-Trekが先頭に。

 

Jumbo-Vismaは、すでにペースを落としている。

 

残り1.2kmで、またもタディ・ポガチャルが先頭に立った。

 

残り1kmを切るまで、タディ・ポガチャルが引く。

 

Alpecin-Deceuninckのがトレインを組む。

 

マチュー・ファンデルプールがジャスパー・フィリップセンを引いている。

 

マチュー・ファンデルプールが引き終わった。さきに、ディラン・フルーネウェーヘンがフィリップセンの前にでた。

 

最後はバンチスプリントだ。

 

左から、ジャスパー・フィリップセン、ディラン・フルーネウェーヘン、マッズ・ピーダスン、ヨルディ・メイウスと並ぶ。

 

最後にハンドルを投げる!

 

ジャスパー・フィリップセンと、ヨルディ・メイウスが並んでいるが。

 

ヨルディ・メイウスが良く身体を伸ばしているぞ。

 

勝ったのはヨルディ・メイウスだ!

俺?   みたいなポーズしている。最後のシャンセリゼを制したのは、BORA-hansgroheのヨルディ・メイウスとなった。ヨルディ・メイウスは、今シーズンの2勝目が非常にビックな勝利となった。

さすがに、ジャスパー・フィリップセンの5勝目とはならなかった。少し、マチューの後ろで待ちすぎてしまい、ディラン・フルーネウェーヘンに前に出られて遅れてしまった。

 

ヨナス・ヴィンゲゴーは、ツール連覇。来年は、さらに高いレベルでの戦いとなるのは間違いない。タディ・ポガチャルも100%の状態で戦えるように願いたい。

 

スポンサーリンク

リザルト

ヨルディ・メイウスのコメント

間違いなく、私のスポーツキャリアの中で最高の日だ。前回のスプリントの後、自分が達成した結果以上の可能性があることが分かった。今日はすべてが完璧に進んだ。終えることができてとても嬉しい。

4回優勝しているジャスパー・フィリプセンを破った。どうですか?

一日中気分がよかった。最初はもちろん楽だったが、フルスロットルになった瞬間から、とても気持ちよかった。 その後、マルコ・ハラーが素晴らしい仕事をしてポジショニングを行い、ダニー・ファンポッペルもそこにいた。

マッズ・ピーダスンのホイールを手にし、スリップストリームから抜け出した。

シャンゼリゼでの優勝はどうですか?

初めてのツールだった。それはすでに素晴らしい経験だ。そして今勝つことは言葉では言い表せない。

グリーンジャージが来年の目標となりますか?

特にフィリプセンのリードを見ると、それはまったく別の話になる。まずはこれを楽しみたいと思う。

 

2位のジャスパー・フィリップセンのコメント

ヨルディ・メイウスが優勝したのは本当に嬉しい。ハードワークだったし、ここでの勝利は彼にとって良いご褒美だ。

2022年、最終ステージを制したのはあなたでしたが、去年とは違うスプリントでしたか?

スプリントでは脚が少し満たされた。タフなツールだった。接戦だったけど、ヨルディが強いスプリントを見せた。

4つのステージ優勝と優勝賞金を手にしましたね。プロトンで最高のスプリンターでは?

大満足。夢が叶った。まだ少し忍び寄るものがあると思う。僕がプロトンで最高のスプリンターかどうか?このツアーを見ればそうだね。

でも、ハードワークを続けたいんだ。他の目標もすぐに見つかるだろう。でも、このツールを楽しんで、しばらくの間、心に刻んでおくつもりだ。

ステージ4勝は悪くないが、もっと勝てたかもしれない。彼は集団の中で最速で、勝利した逃亡者の後ろにゴールしたことが何度かありましたね。

カスパー・アスグリーンが勝ったステージでは、スプリント勝負に持ち込めた。でも、もしはいつでも言える。最終的には、4勝できたことにとても満足している。間違いなく成功したと思う。

 

3位のディラン・フルーネウェーヘンのコメント

いいスプリントだった。最後がバンピーなのは知っていたけど、あそこでギャップを乗り越えて、少しスピードが落ちたんだ。マッズ・ピーダスンと僕の間だと思ったんだけど、それでも彼らは追いついてきた。いいスプリントだったけど、ちょっとスタートが早すぎたかな。

でも、パリはいつも何かが違うんだ。フィリップセンを驚かせたかったけど、最初は動けなかった。アタックしたときはマッズ・ピーダスンとの決戦だと思ったけど、さらに2人に抜かれた。

これまでで最高の脚だったかもしれない。今日は脚があったから勝ちたかった。でも、もううんざりだよ。

 

マチュー・ファンデルプールのコメント

我々は、またチームで完璧な仕事をしたと思う。とても忙しかったけど、彼を降ろす良いリードアウトができたと思う。彼はただ足が少し欠けていただけだと思う。しかし、彼はすでに素晴らしいツールに乗っている。ステージ4勝、グリーン。これ以上望むことはできなかった。

最後は、あなたでスプリントを狙うと言われてましたが?

もしかしたら自分のスプリントをすることもできたかもしれないが、ジャスパーは自分の速さを示したかったと思う。私たちはまだ昨年のビデオを見ていた。そこから彼はなんと速くシュートを打ったのでしょう…今日は脚が少し弱かっただけだと彼は私に言った。それは何も恥ずかしいことではない。

第21ステージリザルト

Rnk Rider Team UCI Time
1
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 210 2:56:13
2
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 150 ,,
3
 GROENEWEGEN Dylan
Team Jayco AlUla 110 ,,
4
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 90 ,,
5
 BOL Cees
Astana Qazaqstan Team 70 ,,
6
 GIRMAY Biniam
Intermarché – Circus – Wanty 55 ,,
7
 COQUARD Bryan
Cofidis 45 ,,
8
 WÆRENSKJOLD Søren
Uno-X Pro Cycling Team 40 ,,
9
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech 35 ,,
10
 MOZZATO Luca
Team Arkéa Samsic 30 ,,
11
 SAGAN Peter
TotalEnergies 25 ,,
12
 LAMPAERT Yves
Soudal – Quick Step 20 ,,
13
 TRENTIN Matteo
UAE Team Emirates 15 ,,
14
 WELSFORD Sam
Team dsm – firmenich 10 ,,
15
 MØRKØV Michael
Soudal – Quick Step 5 ,,
16
 LOUVEL Matis
Team Arkéa Samsic   ,,
17
 ARANBURU Alex
Movistar Team   ,,
18
 CALMEJANE Lilian
Intermarché – Circus – Wanty   ,,
19
 FEDOROV Yevgeniy
Astana Qazaqstan Team   ,,
20
 WRIGHT Fred
Bahrain – Victorious   ,,
21
 COSNEFROY Benoît
AG2R Citroën Team   ,,
22
 NAESEN Oliver
AG2R Citroën Team   ,,
23
 VERMEERSCH Florian
Lotto Dstny   ,,
24
 NEILANDS Krists
Israel – Premier Tech   ,,
25
 VAN DER POEL Mathieu
Alpecin-Deceuninck   ,,
26
 MADOUAS Valentin
Groupama – FDJ   ,,
27
 OSS Daniel
TotalEnergies   ,,
28
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies   ,,
29
 MOSCON Gianni
Astana Qazaqstan Team   ,,
30
 SMITH Dion
Intermarché – Circus – Wanty   ,,

総合

Rnk Prev ▼▲ Rider Team UCI   Time
1 1
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 1300
29″
82:05:42
2 2
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 1040
51″
7:29
3 3
 YATES Adam
UAE Team Emirates 880
10″
10:56
4 4
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 750
19″
12:23
5 5
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 620
12″
13:17
6 6
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 520
14″
13:27
7 7
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe 425
18″
14:44
8 8
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 360
33″
16:09
9 9
 GAUDU David
Groupama – FDJ 295   23:08
10 10
 MARTIN Guillaume
Cofidis 230   26:30
11 11
 PINOT Thibaut
Groupama – FDJ 190
2″
28:03
12 12
 KUSS Sepp
Jumbo-Visma 165   37:32
13 13
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 140   47:52
14 14
 MAJKA Rafał
UAE Team Emirates 110   56:09
15 15
 CASTROVIEJO Jonathan
INEOS Grenadiers 100   56:37
16 16
 HARPER Chris
Team Jayco AlUla 90   57:29
17 17
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team 85
8″
1:04:59
18 18
 KELDERMAN Wilco
Jumbo-Visma 80   1:06:46
19 19
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 70   1:12:41
20 20
 MADOUAS Valentin
Groupama – FDJ 60   1:14:10
21 21
 BUCHMANN Emanuel
BORA – hansgrohe 50   1:15:44
22 22
 BARGUIL Warren
Team Arkéa Samsic 50   1:17:06
23 23
 GROßSCHARTNER Felix
UAE Team Emirates 50   1:45:21
24 24
 BENOOT Tiesj
Jumbo-Visma 50   1:46:55
25 25
 BERTHET Clément
AG2R Citroën Team 50   1:50:19
26 26
 JUNGELS Bob
BORA – hansgrohe 40   1:58:46
27 27
 POELS Wout
Bahrain – Victorious 40
10″
2:05:44
28 28
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious 40   2:10:32
29 29
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 40   2:15:27
30 30
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team 40
4″
2:15:33

ポイント賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Deceuninck 377
2 2
 PEDERSEN Mads
Lidl – Trek 258
3 3
 COQUARD Bryan
Cofidis 203
4 4
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 186
5 5
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 128
6 6
 ASGREEN Kasper
Soudal – Quick Step 125
7 7
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 123
8 8
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious 106
9 9
 BILBAO Pello
Bahrain – Victorious 103
10 10
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 95

山岳賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Points
1 1
 CICCONE Giulio
Lidl – Trek 106
2 2
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 92
3 3
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 89
4 4
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost 58
5 5
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 55
6 6
 YATES Simon
Team Jayco AlUla 44
7 7
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team 38
8 8
 HINDLEY Jai
BORA – hansgrohe 31
9 9
 KWIATKOWSKI Michał
INEOS Grenadiers 30
10 10
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 29

新人賞

Rnk Prev ▼▲ Rider Team Time
1 1
 POGAČAR Tadej
UAE Team Emirates 82:13:11
2 2
 RODRÍGUEZ Carlos
INEOS Grenadiers 5:48
3 3
 GALL Felix
AG2R Citroën Team 8:40
4 4
 PIDCOCK Thomas
INEOS Grenadiers 40:23
5 5
 SKJELMOSE Mattias
Lidl – Trek 2:07:58
6 6
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team 2:08:04
7 7
 BURGAUDEAU Mathieu
TotalEnergies 2:13:44
8 8
 CHAMPOUSSIN Clément
Team Arkéa Samsic 2:50:38
9 9
 DINHAM Matthew
Team dsm – firmenich 3:06:03
10 10
 VAN GILS Maxim
Lotto Dstny 3:10:20

チーム賞

Rnk Prev ▼▲ Team Class Time
1 1  Jumbo-Visma WT 247:19:41
2 2  UAE Team Emirates WT 13:49
3 3  INEOS Grenadiers WT 27:38
4 4  Bahrain – Victorious WT 28:37
5 5  Groupama – FDJ WT 57:20
6 6  AG2R Citroën Team WT 1:51:00
7 7  BORA – hansgrohe WT 2:05:08
8 8  Team Jayco AlUla WT 3:21:33
9 9  Israel – Premier Tech PRT 4:33:49
10 10  Movistar Team WT 4:38:26
11 11  Cofidis WT 5:07:36
12 12  Team Arkéa Samsic WT 5:12:45
13 13  Team dsm – firmenich WT 5:56:36
14 14  Lidl – Trek WT 6:05:57
15 15  Uno-X Pro Cycling Team PRT 6:22:08
16 16  Intermarché – Circus – Wanty WT 6:57:01
17 17  TotalEnergies PRT 7:13:29
18 18  Astana Qazaqstan Team WT 7:15:34
19 19  EF Education-EasyPost WT 8:09:42
20 20  Soudal – Quick Step WT 9:16:20
21 21  Lotto Dstny PRT 9:43:47
22 22  Alpecin-Deceuninck WT 10:51:58
こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました