ロードバイクの情報を発信しています!

2023 オンループ・ヘットニュースブラッドで怪物ぶりを発揮したライダーは?

海外情報
Image by 0fjd125gk87 from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

ベルギーのオープニングウィークエンド。オンループ・ヘットニュースブラッドでは、Jumbo-Vismaがワウト・ファンアールト抜きでも抜群の強さを発揮した。

Bahrain Victoriousから移籍したヤン・トラトニクも効果的に集団先頭で攻撃を仕掛ける姿がみられた。そして、クリストフ・ラポルト、続いてディラン・ファンバーレがアタック。

ディラン・ファンバーレは、先頭グループから3人をつき切れで追い落として勝利。それは、素晴らしい走りだったが、2位になったライダーの活躍も忘れてはいけない。

落車して膝から血を流しながら集団の頭をとったアルノー・デリー(Lotto-Dstny)だ。

 

スポンサーリンク

鬼神か

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

 

残り50kmで落車したアルノー・デリーは、膝から流血。バイクチェンジして集団に追いついたが、その時点で単独で追っており、足を使っている。

だが、すぐに集団復帰。

 

 

残り42kmでは、再び先頭に戻っているのだ。

 

 

そして、カペルミュールの登りでは巨体を揺らしながらティム・ウェレンスの後ろを追っている。

2023エトワール・ド・ベセージュ第4ステージの登りゴールでも、スプリンターで8位という信じられない強さも見せていたが、石畳の登りもこなせるとは思わなかった。

 

ただ、アルノー・デリーは、2017パリ~ルーベのジュニアレースで7位となっており、石畳もベルギーのライダーらしく乗りこなしている。

 

 

カペルミュールで出来た追走4人の中には、Jumbo-Vismaのクリストフ・ラポルトがいた。前でチームメイトのディラン・ファンバーレが逃げているので、先頭交代には入らない。

結局4人はゴール前で集団に捕まる。

 

 

それでも、足を使っていないクリストフ・ラポルトをアルノー・デリーは破って2位でゴールしたのだ。クリストフ・ラポルトは、Cofidis時代にはエーススプリンターを務めており、キャリア26勝の強さを誇っている。

それを退けたのだから、凄いことだ。

 

 

アルノー・デリーは、ゴール後に天を仰いでいたが、これは悔しさからだった。

 

アルノー・デリーのコメント

 

アルノー・デリーは、ゴール後のインタビューで次のように答えている。

 

20歳の2位は悪くないね。ディラン・ファンバーレの後ろで、ティム・ウェレンス、マテイ・モホリッチと一緒に追走するのが精一杯だったんだ。ティムのおかげで2位になれたんだ。

 

膝から大量の出血をしながら、すべてをやり遂げた。この転倒がなければ、もっと良かったと思う?

超神経質で、コーナーの通過が少し速すぎたのかもしれない。ほとんど何もなかった。

でも、明日に備えよう。フレデリック・フリソンとブレント・ファンムールのおかげで、モーレンベルクに間に合うようにプロトンのトップ10に入ることができたんだ。

 

カペルミュールからできた、4人の逃げは強烈でしたね。

ハハ、今日は本当に超強力で、超脚力があったんだ。壁での走りは印象的だった。3年前、テレビでこのレースを見ていたのに、今は自分が壁の上の人間になっている。信じられない。

 

アルノー・デリーは、ひょっとするとスプリントだけでなく、クラシックも狙っていけるサガンのようなスーパーなライダーに成長するかもしれない。

しかも、まだ20歳だ。

すでに、Soudal – Quick StepのGMパトリック・ルフェーブルが狙っていると言われており、2025年以降の争奪戦は相当なものとなりそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました