ロードバイクの情報を発信しています!

2022 シビウサイクリングツアー プロローグ  日本から3選手出場

海外情報
Photo credit: Andrei-Daniel Nicolae on VisualHunt
この記事は約12分で読めます。

ルーマニアで行われるシビウサイクリングツアー。Sibiu Cycling Tour(2.1)

シビウサイクリングツアーの過去の優勝者には、2019ツール・ド・フランス優勝のエガン・ベルナル(2017年)やイバン・ソーサ(2018年)が含まれている。

プロローグを含む5レースで行われるステージレース。最終日には、個人TTとロードの2本立ての日程となっている。

 

過去の優勝者

  • 2021 ジョヴァンニ・アレオッティ
  • 2020  グレゴール・ミュールベルガー
  • 2019  ケビン・リベラ
  • 2018 イバン・ソーサ
  • 2017 エガン・ベルナル
  • 2016  MIHAYLOV Nikolay 引退
  • 2015  マウロ・フィネット
  • 2014  ROGINA Radosla 引退
  • 2013 ダビテ・レベリン
  • 2012  ヒクトル・デラパルテ

 

スポンサーリンク

プロローグ    シビウ~シビウ 2.3km

コースマップ photo mailchi

 

2.3kmと短いけど、カーブが多いのでスピードの調整に気を使いそう。アストラ博物館にゴールする。昨年のシビウ市街地で行われたコースとは違い、完全に郊外で誰もいないような場所。

 

コースプロフィール photo mailchi

 

高低差はそれほどないように見えるが、実際のコースでは登りがある。それに道路幅は狭い。

 

注目されるライダー

  •  BORA – hansgrohe ジョヴァンニ・アレオッティ
  •  Jumbo-Visma パスカル・エーンクホーン、クリス・ハーパー
  •  Astana Qazaqstan Team ステファン・デボット
  •  Lotto Soudal  ハーム・ファンフック
  •  Israel – Premier Tech カールフレドリク・ハーゲン、ジェームス・ピッコリ
  •  Cofidis ルーベン・フェルナンデス
  •  Drone Hopper – Androni Giocattoli アンドレア・ピッコロ
  •  Bardiani-CSF-Faizanè フィリッポ・フィオレッリ
  •  EF Education-NIPPO Development Team 岡篤史、織田聖、門田 祐輔

 

ディビット・デッカー Jumbo-Visma

名選手エリック・デッカーの息子。

 

距離が短いので3分以内にゴールする。多くの選手がロードバイクをそのまま使う中、ディビット・デッカーはTTバイクを使用。前半の直線が有利だ。

 

2分46秒と、ここまでのトップタイムをたたき出した。

 

ユーゴ・トゥミレ Cofidis

Cofidisに今年から加入の20歳。3分2秒。Cofidisも若手主体のメンバー。

 

ステファン・デボット Astana Qazaqstan Team

距離が短いのでみんなロードバイクが多い。2020年末にNTT cyclingから移籍。

 

ステファン・ボットは後輪にディスクホイールを履かせている。2分49秒。

 

カールフレドリク・ハーゲン Israel – Premier Tech

   

カールフレドリク・ハーゲンは、ツールに選出されると思っていたけど、今のところプエルタのメンバーにも入っていない。

2019ブエルタ総合8位の力は落車により戻ってこないのか。2分57秒。

 

アンドレ・カルバリョ Cofidis

今回1クラスのレースということもあり、Cofidisは若い選手で占められている。

 

アンドレ・カルバリョは、2分58秒。

 

パスカル・エーンクホーン Jumbo-Visma

パスカル・エーンクホーンは、TTバイクを用意して貰っている。

 

後輪はディスクホイール装着。

 

2022オランダのロードチャンピオンとなっている。

 

パスカル・エーンクホーンは、トップタイムが奪えるか。

 

パスカル・エーンクホーンは、2分45秒で暫定2位だ。

 

ルイス・ジョー BORA – hansgrohe

 

19歳の新人。2分49秒と中々のタイムを出した。現在トップは、BORA – hansgroheのマーティン・ラースの2分44秒。

 

ティム・ファンダイク Jumbo-Visma

今年開発チームから昇格したティム・ファンダイク。22歳。ミック・ファンダイクと双子の兄弟だ。

 

ティム・ファンダイクもTTバイクを使用。見事にトップタイムの2分43秒をたたき出した。

 

ここまでの暫定トップで、すでにインタビューも受けている。

 

ガイ・サジフ Israel – Premier Tech

イスラエル生え抜きの選手で、イスラエル選手権ロードでは3度優勝。同じく個人タイムトライヤルでは、2度優勝している。キャリア5勝は全てイスラセル選手権のものだ。2分53秒。

 

岡篤史 EF Education-NIPPO Development Team

日本から参加の岡篤史。

 

ジャパンツアー第3ステージで優勝。ポイント賞2位となっている。今回はエースナンバーだ。

 

岡篤史のタイムは2分54秒。もう一人織田聖か門田 祐輔も映っていたけど、背番号が見えないと誰かわからない。せめてスタートラインに立った時には名前を全員出して貰えると良いのだけど。

 

終わってみると、優勝はJumbo-Vismaのティム・ファンダイク。75分の1秒差という僅差だった。距離が2.3kmと短いのでタイム差は本当に少ない。

ティム・ファンダイクは、昨年のクロレース第6ステージで優勝して以来のキャリア2勝目だ。

 

スポンサーリンク

リザルト

プロローグ リザルト

ティム・ファンダイクのコメント(公式サイトより)

この勝利がどうしても必要だったんだ。大怪我で嫌な思いをしていたので、また勝てたのはうれしい。このようなプロローグはかなり近い。

短距離走ではないけど、うまく戦力を分散させなければならない。これからの数日間で、デビッドと一緒にまたステージ優勝し、さらにハイム・レームライズとクリス・ハーパーに総合で良いポジションを与えたいと思う。私たちは今、全力で取り組んでいる。

RnkRiderTeamUCITimeAvg
1
 VAN DIJKE Tim
Jumbo-Visma140:02:4350.798
2
 BOGUSLAWSKI Marceli
HRE Mazowsze Serce Polski5,,50.798
3
 LAAS Martin
BORA – hansgrohe30:0250.182
4
 EENKHOORN Pascal
Jumbo-Visma 0:0349.880
5
 DEKKER David
Jumbo-Visma 0:0449.581
6
 BLOEM Joren
ABLOC CT 0:0549.286
7
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk ,,49.286
8
 LINDNER Tom
P&S Benotti ,,49.286
9
 JONES Taj
Israel – Premier Tech ,,49.286
10
 LÜHRS Luis-Joe
BORA – hansgrohe 0:0648.994
11
 DE BOD Stefan
Astana Qazaqstan Team ,,48.994
12
 GAZZOLI Michele
Astana Qazaqstan Team ,,48.994
13
 DALLA VALLE Nicolas
Giotti Victoria – Savini Due ,,48.994
14
 SELIG Rüdiger
Lotto Soudal ,,48.994
15
 SAJNOK Szymon
Cofidis ,,48.994
16
 BÁRTA Jan
Elkov – Kasper ,,48.994
17
 PICCOLO Andrea
Drone Hopper – Androni Giocattoli ,,48.994
18
 NOLDE Tobias
P&S Benotti ,,48.994
19
 MEILER Lukas
Team Vorarlberg 0:0748.706
20
 HOFSTEDE Lennard
Jumbo-Visma ,,48.706
21
 BREIN Sindre Hvesser
Yoeleo Test Team p/b 4Mind ,,48.706
22
 RÜEGG Lukas
Team Vorarlberg 0:0848.421
23
 ŤOUPALÍK Adam
Elkov – Kasper ,,48.421
24
 FIORELLI Filippo
Bardiani-CSF-Faizanè 0:0948.140
25
 THALMANN Roland
Team Vorarlberg ,,48.140
26
 OTRUBA Jakub
Elkov – Kasper ,,48.140
27
 BEADLE Hamish
Team Novo Nordisk ,,48.140
28
 KUKRLE Michael
Elkov – Kasper ,,48.140
29
 HARPER Chris
Jumbo-Visma ,,48.140
30
 FERNÁNDEZ Rubén
Cofidis ,,48.140

岡篤史68位、織田聖103位、門田祐輔148位。

総合

RnkRiderTeamUCITime
1
 VAN DIJKE Tim
Jumbo-Visma30:02:42
2
 BOGUSLAWSKI Marceli
HRE Mazowsze Serce Polski 0:01
3
 LAAS Martin
BORA – hansgrohe 0:02
4
 EENKHOORN Pascal
Jumbo-Visma 0:03
5
 DEKKER David
Jumbo-Visma 0:05
6
 BLOEM Joren
ABLOC CT ,,
7
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk ,,
8
 LINDNER Tom
P&S Benotti ,,
9
 JONES Taj
Israel – Premier Tech 0:06
10
 LÜHRS Luis-Joe
BORA – hansgrohe ,,

ポイント賞

RnkRiderTeamPoints
1
 VAN DIJKE Tim
Jumbo-Visma25
2
 BOGUSLAWSKI Marceli
HRE Mazowsze Serce Polski20
3
 LAAS Martin
BORA – hansgrohe15
4
 EENKHOORN Pascal
Jumbo-Visma12
5
 DEKKER David
Jumbo-Visma9
6
 BLOEM Joren
ABLOC CT7
7
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk6
8
 LINDNER Tom
P&S Benotti5
9
 JONES Taj
Israel – Premier Tech4
10
 LÜHRS Luis-Joe
BORA – hansgrohe3

新人賞

RnkRiderTeamTime
1
 VAN DIJKE Tim
Jumbo-Visma0:02:42
2
 KOPECKÝ Matyáš
Team Novo Nordisk0:05
3
 LINDNER Tom
P&S Benotti,,
4
 JONES Taj
Israel – Premier Tech0:06
5
 LÜHRS Luis-Joe
BORA – hansgrohe,,
6
 PICCOLO Andrea
Drone Hopper – Androni Giocattoli0:07
7
 BREIN Sindre Hvesser
Yoeleo Test Team p/b 4Mind0:08
8
 POMORSKI Michał
HRE Mazowsze Serce Polski0:11
9
 KAŠPAR Jan
ATT Investments,,
10
 MARTINELLI Alessio
Bardiani-CSF-Faizanè0:12

コメント

タイトルとURLをコピーしました