ロードバイクの情報を発信しています!

2021世界選手権ロードレース女子エリート 新女王となったのは誰?

海外情報
Photo credit: anapedrosa169 on Visualhunt
この記事は約8分で読めます。

エリート女子の世界チャンピオンを決めるレース。

近年は、オランダが圧倒的に強く、2017年から連続してオランダがチャンピオンを生み出している。

今回もオレンジのユニフォームがレースを動かしていきそうだ。

 

スポンサーリンク

アントワープ~ルーヴェン 157.1km

コースプロフィール photo uci

 

アントワープのグロートマルクトからスタート。ウィルレイク、コンティフ、メッヘレン、キールベーゲンを通過する。

その後、南に向かい、トレメロ、ウェルフテル、ロツェラールを経由してルーヴェンに到着。

ここで15.5kmのローカルサーキットに突入。

  1. ウインペルス(7.9%で360m、最大9%)
  2. シントアントニウスベルク(5.5%で230m、最大11%)
  3. カイザースベルク(6.6%で290m、最大9%)
  4. デコウクスラン(2.5%で975m、最大6%)
  5. ウインペルス(7.9%で360m、最大9%)

 

ルーヴェンサーキットから、オーベレルエイセとその周辺のフランドリエンサーキットに突入。上のコースプロフィールの黄色の部分だ。

  1. Smeysberg(8.8%で700m、最大16%)
  2. 石畳のMoskesstraat(8%で550m、最大16%)
  3. OverijseのSカーブ(5.5%で738m、最大18.3%)
  4. Taymansstraat
  5. 急で狭いBekestraat(7.7%で439m、最大15%)
  6. Veeweidestraat(5.2%で484m、最大12%)

最後の登りの後、同じルートでルーヴェンに戻り、サーキットに再び入る。獲得標高は1.049m。

 

スタート

YouTubeストリーミング スクリーンショット以下同様

スタートライン先頭はベルギーとオランダが占めている。

 

ローリングスタートしてすぐにパンク。早く追いつきたいところ。スペインのSANTESTEBAN Ane

 

2018、2020世界チャンピオンのアンナ・ファンデルブレッヘンは、今日が引退レース。最後を飾ることが出来るのだろうか?

 

スタートしてしばらくして、スロベニアのウルシュカ・ブラヴェック(BRAVEC Urška)がアタック!

 

コロンビアの選手は、なんとハンドルが下がってしまっている。信じられん。

 

先頭にアルゼンチンの選手が追いつく。

  1. ウルシュカ・ブラヴェック(スロベニア)
  2. ローランド・ルシアナ(アルゼンチン)

 

集団から二人がアタック。すでに23秒離れており追いつくのに時間がかかりそう。

 

あらら、集団も追いついてしまった。これは振り出し。

 

二人が集団から抜け出す。これは決まるか?   最初に逃げていたウルシュカ・ブラヴェックがまたアタック!

  1. ウルシュカ・ブラヴェック(スロベニア)
  2. バートン・ニーナ(ルクセンブルク)

しかし、すぐに捕まる。

 

ウインペルス(7.9%で360m、最大9%)

ルーヴェンサーキットに入ってきた。アタックはないけれど、自然淘汰という形になりそうだ。

 

シントアントニウスベルク(5.5%で230m、最大11%)

英国が先頭でペースを上げる。

 

先頭は、最初のフニッシュラインを通過。まだ大集団だ。av40km/h程度。

 

英国は攻撃を止めない。ずっと先頭を引き続けている。

 

なんと日本のエースの与那嶺選手が遅れている。ここで遅れるとは~。

 

ウインペルス(7.9%で360m、最大9%)

今度はドイツが先頭でペースを作る。

 

ニュージーランドのミカエラ・ドラモンドが一人先頭に出る。

 

順調にタイム差を広げて32秒となる。

 

集団はペースを上げて追っているようには見えない。ベルギー、英国が先頭に。

 

ミカエラ・ドラモンドのリードは48秒から少しずつ削られていく。一人では厳しい。

 

ミカエラ・ドラモンドは、捕まってしまう。誰の援護も得られなかった。

 

Smeysberg(8.8%で700m、最大16%)

ここで、またふるい落としがあるかな。フランドルのサーキットに入ってきた。

 

石畳のMoskesstraat(8%で550m、最大16%)

ここでアタックがかかるかと思ったけれどかからない。

 

オランダのデミ・ヴォラリングがチェーン落ち。さっきからマシンの調子が良くない。

 

登りを押して上がって、結局バイク交換。もう追いつくのは難しいかも。リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを制しているのにチャンスがなくなってしまった。

少ししたら、追いついていたけど。

 

Smeysberg(8.8%で700m、最大16%)

アネミエク・ファンフルーテンが登りで攻撃。だが、連続で誰かが引き継ぐ訳ではないので逃げにはならない。シクロクロスで活躍するルシンダ・ブラットも仕掛けるが決まらない。

 

今度は、TTで勝利したエレン・ファンダイクも攻撃する。オランダの波状攻撃だ。

 

ドイツが登りで攻撃。

 

二人が抜け出すが、決まるかなあ~。   と、思っていたらやっぱり決まらない。

  1. LUDWIG Cecilie Uttrup (Denmark)
  2. FREI Sina (Switzerland)

 

今度は、アネミエク・ファンフルーテンが少し前に出る。これは決まるか?

 

やはり、決まらない。これはスプリントかな~。

 

ルーヴェン市内に帰ってきた。ここから2回のローカルラウンドを走る。

 

フランスのオード・ニアンニックが少し集団をリードしてゴールラインを通過。

 

集団から3人が出るが集団もすぐ後ろだ。

 

フランスのオード・ニアンニックも捕まってしまう。

 

デコウクスラン(2.5%で975m、最大6%)

もう、残り28kmだ。

 

ここで、スペインのマヴィ・ガルシアがアタック!

 

単独だと逃がして貰える。どこまで行けるかな。

 

アネミエク・ファンフルーテンがアタックをかける。

 

だが、アネミエク・ファンフルーテンがアタックをかけるとすぐにチェックに入られる。

 

集団は、アネミエク・ファンフルーテンが先頭を引く。

 

マヴィ・ガルシアの後ろに集団が見えてくる。

 

マヴィ・ガルシアは、12秒差で逃げ続ける。

 

マヴィ・ガルシアは、残り10kmで捕まってしまった。

 

ルシンダ・ブラットがアタックをかける。ここからはオランダの波状攻撃となりそうだ。

 

アネミエク・ファンフルーテンがまたもアタック。

 

デコウクスラン(2.5%で975m、最大6%)

今度は、エレン・ファンダイクがペースを上げる。

 

5人が抜け出したが、これは決まるのか?

オランダのエレン・ファンダイクとマリアンヌ・フォスが入っているメンバーがすぐに追いつかれる。

 

だめだ、これはスプリントだ。

 

エレン・ファンダイクがラスト3kmで3人となるが、これも決まらない。

 

最後の登りだが、距離が短すぎる。

 

ラスト1.3kmでイタリアが先頭を固める。後ろはオランダだ。

 

イタリアが3人のトレインを作り一人ずつが引いていく。

 

最後に引くのは、イタリアのロンゴ・ボルギーニ。

 

ロンゴ・ボルギーニで先頭でゴールに向かう。

 

ロンゴ・ボルギーニのリードが終わって、エリサ・バルサモがスプリント開始!

 

オランダのマリアンヌ・フォスが追い込んでくる。二人の一騎打ちだ。

 

だが、エリサ・バルサモは譲らない。

 

なんと、23歳の新女王誕生だ。現在はValcar – Travel & Serviceで走っており、2022年からTrek-Segafredo Womenに移籍となる。

キャリア9勝目が世界選手権を制覇する勝利をなった。

2位のマリアンヌ・フォスは欧州選手権の後に酷い風邪に。今回もベストな状態で望めた訳ではなかったようだ。

3位のカタジナ・ニエウィアドーマは、Canyon SRAM Racing所属。これでキャリア18勝目だ。4位にはハンガリーのブランカ・カタバス。これからシクロクロスシーズンなので、こちらで期待したい。

 

リザルト

RnkRiderTeamUCITime
1
 BALSAMO Elisa
Italy6003:52:27
2
 VOS Marianne
Netherlands475,,
3
 NIEWIADOMA Katarzyna
Poland4000:01
4
 VAS Kata Blanka
Hungary325,,
5
 SIERRA Arlenis
Cuba275,,
6
 JACKSON Alison
Canada225,,
7
 VOLLERING Demi
Netherlands175,,
8
 LUDWIG Cecilie Uttrup
Denmark150,,
9
 BRENNAUER Lisa
Germany125,,
10
 RIVERA Coryn
United States100,,

與那嶺恵理は、9分13秒遅れの85位でゴール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました