ロードバイクの情報を発信しています!

2021世界選手権女子エリート個人タイムトライヤル 新女王は誰か?

海外情報
Photo credit: Dimitris Graffin on VisualHunt.com
この記事は約7分で読めます。

UCI世界選手権女子エリート。

2020年チャンピオンのアンナ・ファンデルブレッヘン、2019年チャンピオンのクロエ・ダイガードも出場しない。

そのため、新しい女王が誕生する。誰が2021年のタイムトライヤルの女王となるだろう。

 

スポンサーリンク

個人TT クノックヘイスト~ブルージュ 30.3km

コースプロフィール photo  uci

 

スタートとゴールは男子エリート、U23と一緒。距離は男子U23と全く一緒の30.3km。

第1計測は、13.8km。第2計測は、20.8km地点にある。

 

リサ・トーマス

モビスターで走っているリサ・トーマス。直前のTour Cycliste Féminin International de l’Ardècheでは総合優勝している。

17分21秒で、第1計測の暫定トップに躍り出る。ただ、途中で、後ろからスタートしたエレン・ファンダイクに抜かれてしまう。

ゴールは、暫定5位。38分56秒。

 

エレン・ファンダイク

2013世界選手権ロード女王。Trek-Segafredo Womenで走っており、直前のヨーロッパ選手権ロード優勝、ヨーロッパ選手権TTで2位となっている。

キャリア58勝をあげている34歳のベテランだ。

 

ひえ~、平地で55km/hで走っている。男子と変わらんじゃん。第1計測で、リサ・トーマスの記録を53秒も短縮。これは凄いタイムだ。

第2計測も断トツの24分50秒。1分22秒も2位に対してタイム差をつけている。

 

ゴールタイムは、36分5秒。av50.383 km/h。なんと女子で50km/hを越えてくるとは~。

 

リサ・クライン

Canyon SRAM Racingで走るドイツ代表のリサ・クライン。ヨーロッパ選手権TTでは4位。
ゴールでは、37分57秒。暫定2位。
 
 

アナ・キーゼンホファー

東京オリンピックでロードチャンピオンとなった、アナ・キーゼンホファー。ロードよりもTTのほうが得意だ。

ヨーロッパ選手権は7位。ゴールでは、39分2秒、av46.579km/h。暫定14位。

 

アンバー・ネーベン

PHOTOS BY: CASEY B. GIBSON

46歳のアメリカのライダー。2008年と2016年の世界チャンピオン。

ブランド名を消したTrek SpeedConceptに乗っている。最新でもなく数年このバイクに乗っている。

ディスクブレーキでもない。Princeton CarbonWorks Wake6560フロントホイールとBlur633ディスクホイールを使用。

タイヤは、ContinentalGP5000。Dashサドルは、一番後ろにセットしてある。ペダルはスピードプレイだ。

 

PHOTOS BY: CASEY B. GIBSON

バーエクステンションのShimanoDi2ボタンは、指で操作できる。ガーミンマウントはすべてカスタムメイト。

 

PHOTOS BY: CASEY B. GIBSON

CeramicSpeed OSPWを使用。バルブボートはテープで覆われている。

 

第1計測は17分5秒。第2計測は25分42秒で暫定2位となる。46歳とは思えない。

 

ゴールは37分30秒。暫定2位となる。凄いパワーだ。しかも、5週間前に骨盤骨折しているのに~。

 

リサ・ブレナウアー

ドイツの第一人者。リサ・ブレナウアー。2014世界選手権TT女王。

 

第1計測、17分で4位。第2計測5位の25分49秒。

 

安定したスピードで、ゴールは、37分30秒で5位。

 

マーレン・ローセル

スイスのマーレン・ローセル。東京オリンピックのロードでは2位。

 

180cmという長身なので、見た目も大きい。SD Worxで走っており、直前のヨーロッパ選手権のTTで優勝している。

第1計測で、ついにエレン・ファンダイクの記録を3秒更新。第2計測でも24分47秒で暫定トップ。これはゴールでもトップタイムととなるか?

 

だが、ゴールでは36分16秒とエレン・ファンダイクの記録に7秒届かない。2位となった。最後に失速した感じか。

 

アネミエク・ファンフルーテン

東京オリンビック女子タイムトライヤルで金メダルを獲得した、アネミエク・ファンフルーテン。

 

第1計測では、16分41秒、av49.612km/h。なんと3位通過だ。これはトップから17秒遅れとなっている。

 

オリンピック女王は、36分29秒で3位でゴールとなった。全てを勝てる訳ではないので仕方ない。同じオランダチームのエレン・ファンダイクに負けたのは複雑な気持ちだろう。

 

終わってみると、早くからスタートしたエレン・ファンダイクの記録を誰も抜くことが出来なかった。TTなどは、コンデションが大きく関係してくる。最も強く、パワーの出たのがエレン・ファンダイクだったということだ。

2013年以来、2度目の世界チャンピオンに返り咲き。女性でもav50km/hを越えているのだから凄いパワーだ。

 

リザルト

RnkRiderTeamUCITimeAvg
1
 VAN DIJK Ellen
Netherlands3500:36:0550.383
2
 REUSSER Marlen
Switzerland2500:1050.152
3
 VAN VLEUTEN Annemiek
Netherlands2000:2449.831
4
 NEBEN Amber
United States1501:2448.502
5
 BRENNAUER Lisa
Germany1251:2948.394
6
 LABOUS Juliette
France1001:4748.011
7
 KLEIN Lisa
Germany851:5247.905
8
 LOWDEN Joscelin
Great Britain701:5947.758
9
 MARKUS Riejanne
Netherlands60,,47.758
10
 AMIALIUSIK Alena
Belarus502:1947.344
11
 KIRCHMANN Leah
Canada402:3447.038
12
 NORSGAARD Emma
Denmark302:4346.856
13
 CANUEL Karol-Ann
Canada252:4846.755
14
 THOMAS Leah
United States202:5046.715
15
 KONONENKO Valeriya
Ukraine15,,46.715
16
 CORDON-RAGOT Audrey
France102:5646.595
17
 KIESENHOFER Anna
Austria5,,46.595
18
 EKLUND Nathalie
Sweden52:5746.576
19
 BUJAK Eugenia
Slovenia52:5946.536
20
 KARASIEWICZ Karolina
Poland53:0446.437

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました