ロードバイクの情報を発信しています!

2021ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ  まさか平坦ステージで~

海外情報
Photo credit: Jose Javier Martin Espartosa on Visualhunt.com
この記事は約13分で読めます。

ブエルタは2日連続のスプリンターステージ。

第4ステージよりも更に、フラットでゴールも平坦。スプリンターのためのステージだ。唯一気を付けなければならないのは風の影響だけだ。

マイヨプントス(ポイント賞ジャージ)の争いは、ファビオ・ヤコブセンとジャスパー・フィリップセンの二人が激しく争いそうだ。

 

スポンサーリンク

第5ステージ    タランコン〜アルバセテ 184.4㎞

第5ステージ photo lavuelta

 

獲得標高は600m。昨日は結構アップダウンがあったけれど、今回のブエルタでは最もフラットに近いステージとなる。

山岳ポイントもなく、スプリントポイントのみ。

 

  1. スプリントポイント ラローダ ボーナスタイム

 

ゴール手前5km photo lavuelta

 

最後のカーブはゴール手前1km。ラスト900mは直線という完全スプリントのゴールとなる。

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング゜スクリーンショット以下同様

気になるのは、アルノー・デマール(Groupama-FDJ)。

第4ステージでは完璧なトレインを作りながらも勝利出来なかった。ファビオ・ヤコブセン、ジャスパー・フィリップセン、二人の争いに割って入ることが出来るのか、こちらも注目しておきたい。

 

リーダージャージのレイン・タラマエ。昨日はゴール手前2.2kmで落車。不幸中の幸いで、本当に運が良かったとも言える。ゴール手前3km以内だったので、タイム差はトップと同タイム。

ケガもなくてよかった。もう一日はリーダージャージをキープ出来るはずだ。

 

第5ステージ スタートでの4賞

  • 総合 レイン・タラマエ(Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux)
  • ポイント賞   ファビオ・ヤコブセン(Deceuninck-Quick-Step)
  • 山岳賞 ケニー・エリッソンド(Trek-Segafredo)
  • 新人賞 エガン・ベルナル(INEOS Grenadiers)

 

逃げは3人

スペインのプロチーム3人が逃げている。

  1. サンチェス・ ペライオ(Burgos-BH)
  2. オイエル・ラスカノ(Caja Rural – Seguros RGA)
  3. シャビエル・アスパレン(Euskaltel – Euskadi)

 

こちらのシャビエル・アスパレンが乗っているOrbeaは新型だ。

 

このデザインは何を意味しているのかな。シャビエル・アスパレンは、2度目の逃げとなる。

 

集団は、残り108.8kmで6分18秒も離れている。スプリンターチームが先頭に出てきて、これからタイムを縮めていきそうだ。

 

ファビオ・ヤコブセンはカメラに気づくと手を振って答える。

 

山岳賞ジャージのケニー・エリッソンドとギョーム・マルタンは集団後方でおしゃべりしながら走っている。後方はかなり楽に走っているようだ。

 

新人賞ジャージのエガン・ベルナルはイネオスで総合タイムが最も良い。だが、一人でリーダーの役目を担うつもりはないという。

まずは第7ステージのアリカンテの登りで誰が調子が良いかわかるだろう。

 

スプリンターチームも牽引に加わるとわずか10kmで3分縮めた。多分、射程圏内になるまで縮めるのでは。

 

先頭は、Alpecin-Fenixのジェイ・ヴァイン。2番手はヨセフ・チェルニー。スプリンターチームが詰めていく。すでに2分台となった。

 

最後尾では、ジャック・ヘイグトム・ピドコックが物凄く話しながら走っている。トム・ピドコックはオリンピックが終わって3週間休んでいたので、後半になったくらいで調子を上げてくるのでは。

 

スプリントポイント ラローダ ボーナスタイム

スプリントポイントは

  1. オイエル・ラスカノ(Caja Rural – Seguros RGA) 20ポイント 3秒
  2. サンチェス・ ペライオ(Burgos-BH) 17ポイント 2秒
  3. シャビエル・アスパレン(Euskaltel – Euskadi) 15ポイント 1秒

 

4位はジャスパー・フィリップセン13ポイント。5位はアルノー・デマール10ポイント。

 

先頭では、Burgos-BHサンチェス・ ペライオが切れてしまう。

 

先頭は二人に。

  1. オイエル・ラスカノ(Caja Rural – Seguros RGA) 
  2. シャビエル・アスパレン(Euskaltel – Euskadi)

 

シャビエル・アスパレン(Euskaltel – Euskadi)がなんと付き切れしてしまう。最後にもがいたけど無理だった。

 

そのまま離れていってしまう。

 

最後まで逃げていたオイエル・ラスカノもラスト15.7kmで捕まってしまう。

 

ラスト11.6kmで落車発生。先頭から少し後ろの部分で起こってしまった。

 

かなりの人数が巻き込まれてしまう。

 

これは大きい落車だ。

 

先頭は30人くらいしかいない。ペースをあげずに待っている。

 

   

なんと、またもリーダーのレイン・タラマエが落車。

 

無線で話している。バイク交換が必要か。

 

Team BikeExchangeのミケル・ニエベが肘を負傷したようだ。

 

さらに、ロマン・バルデが座り込んでいる。

 

レイン・タラマエはチームメイトがいない。1分24秒遅れており復帰は難しい。

 

ロマン・バルデはクリス・ハミルトンに支えて貰ってなんとか走っている。

 

先頭はイネオスがペースアップ。

 

エガン・ベルナルが2番手。

 

Alpecin-FenixとBORAが先頭に。

 

レイン・タラマエは、ようやくチームメイトが追いつてきたが間に合わない。

 

ラスト1.5kmではUAEが先頭。

 

Alpecin-Fenixがゴール前でトレインを作る。まずは、アレクサンダー・クリガーが引く。

 

アレクサンダー・クリガーが外れて、サッシャ・モドロにバトンタッチ。

 

Alpecin-Fenixの最後の一人サッシャ・モドロがジャスパー・フィリップセンを引く。

 

 

ジャスパー・フィリップセンがロングスプリント開始だ。隣は、Team DSMのアルベルト・ダイネーゼ

 

ジャスパー・フィリップセンの渾身のスプリトンだ。

 

ジャスパー・フィリップセンは、先頭を譲らずそのままゴール!

なんとブエルタ2勝目をあげた。ジャスパー・フィリップセンは、この少し長いスプリントでもスピードが落ちない。今回は、トレインも完璧に出来たので言うことなしだ。

これでファビオ・ヤコブセンを逆転してポイント賞ジャージも獲得。二人の戦いはまだまだ続きそうだ。

 

 

リーダージャージのレイン・タラマエは自ら先頭を引いてゴール。落車でジャージを失うなんて悲しい。流石に、今回は追いつかなかった。

これで、リーダージャージはケニー・エリッソンドの手に渡った。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第5ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix100804:24:41
2
 JAKOBSEN Fabio
Deceuninck – Quick Step4050,,
3
 DAINESE Alberto
Team DSM2035,,
4
 MOLANO Juan Sebastián
UAE-Team Emirates1225,,
5
 ALLEGAERT Piet
Cofidis, Solutions Crédits418,,
6
 ABERASTURI Jon
Caja Rural – Seguros RGA 15,,
7
 MEEUS Jordi
BORA – hansgrohe 12,,
8
 MINALI Riccardo
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux 10,,
9
 JANSE VAN RENSBURG Reinardt
Team Qhubeka NextHash 8,,
10
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ 6,,

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
12▲1
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo2017:33:57
23▲1
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma 0:05
34▲1
 CALMEJANE Lilian
AG2R Citroën Team 0:10
45▲1
 MAS Enric
Movistar Team 0:20
56▲1
 LÓPEZ Miguel Ángel
Movistar Team 0:26
67▲1
 VALVERDE Alejandro
Movistar Team 0:32
78▲1
 CICCONE Giulio
Trek – Segafredo ,,
89▲1
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers ,,
910▲1
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious 0:44
1011▲1
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious 0:45

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
12▲1
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix  131
21▼1
 JAKOBSEN Fabio
Deceuninck – Quick Step  130
33
 ARANBURU Alex
Astana – Premier Tech  50
46▲2
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ  50
54▼1
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange  43
69▲3
 DAINESE Alberto
Team DSM  43
710▲3
 ALLEGAERT Piet
Cofidis, Solutions Crédits  37
815▲7
 MOLANO Juan Sebastián
UAE-Team Emirates  36
95▼4
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  33
1014▲4
 ABERASTURI Jon
Caja Rural – Seguros RGA  32

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
11
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  10
22
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo  7
33
 DOMBROWSKI Joe
UAE-Team Emirates  6
44
 BAYER Tobias
Alpecin-Fenix  5
55
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma  3
66
 CALMEJANE Lilian
AG2R Citroën Team  3
77
 SOTO Antonio Jesús
Euskaltel – Euskadi  3
88
 VANMARCKE Sep
Israel Start-Up Nation  2
99
 MAS Enric
Movistar Team  1
1010
 OLIVEIRA Rui
UAE-Team Emirates  1

レイン・タラマエは山岳賞ジャージはそのままキープ。

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers17:34:29
22
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious0:13
33
 VLASOV Aleksandr
Astana – Premier Tech0:16
45▲1
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo0:59
56▲1
 CARR Simon
EF Education – Nippo1:02
67▲1
 BAYER Tobias
Alpecin-Fenix1:12
78▲1
 PADUN Mark
Bahrain – Victorious1:13
89▲1
 CEPEDA Jefferson Alveiro
Caja Rural – Seguros RGA1:41
910▲1
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team1:44
1011▲1
 MARTÍN Gotzon
Euskaltel – Euskadi2:05

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました