ロードバイクの情報を発信しています!

2021ブエルタ・ア・エスパーニャで発見された新しいOrbeaエアロバイク

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

ブエルタ第2ステージで、逃げに乗ったEuskaltel – Euskadiシャビエル・アスパレンが乗っていたOrbeaのバイクが新型だったようだ。

第2ステージのレースレポートでも紹介していたけど、新型だとは気づかなかった。

 

新型のOrbea    Tiz-cycling スクリーンショット

 

第3ステージでも、Euskaltel – Euskadiアントニオ・ソトが逃げに乗っていたけど、バイクのカラーリングは黒でジャピエル・アスパレンが乗っていたバイクとは違っていた。

上のデザインのバイクは、サボートカーを見ると一台だけ用意されていた。つまり、シャビエル・アスパレンと他に二人だけが、このカラーリングの新型バイクに乗っている。

 

スポンサーリンク

新型Orbeaの特徴

新型のOrbea    Tiz-cycling スクリーンショット

 

プレゼンテーションを確認すると、3人がこの新型バイクに乗っている。

 

これを、通常のEuskaltel – Euskadiが使うOrbea Orcaのバイクと比べてみると

Euskaltel – Euskadi Twitterより

 

シートチューブとダウンチューブの形状が全く違う。

どちらかというと、Orbeaのタイムトライヤルバイクのフレーム形状をロードバイクに取り入れた感じだ。

新型バイクでは、ボトムプラケットとヘッドチューブに大きなジャンクションが見られる。

ヘッドチューブの接合部で、フォークはダウンチューブに統合され、ダウンチューブはフロントホイールの後部を包み込むようになっている。

チェーンステイもシートステイに接続する部分で上向きにねじれている。

グランツールで数時間に渡って映像が流れれば、バイクブランドにとっては良い宣伝になる。レースは新しい機材のテストする機会でもあるけど、宣伝のためでもある。

この新しいOrbeaエアロバイクがいつ販売されるのかはわからないが、もうじき発表があるはずだ。

今度、Euskaltel – Euskadiが逃げに乗った時には、じっくりと見てみることにしよう。

ただ、二人しかこのバイクに乗っていないので、逃げに乗らないと見れないですけどね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました