ロードバイクの情報を発信しています!

Campagnoloが新たなパワーメーターの特許出願

機材情報
Photo credit: nocibomber on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

Campagnoloは、新たなパワーメーターに関する特許を出願している。

実は、Campagnoloのパワーメーターに関する特許は2019年から出ている。昨年も出していて、それが搭載されていると言われたLotto Soudalが乗るバイクも公開されていた。

今回の特許では、どんな内容となっているのだろうか。

 

スポンサーリンク

Campagnoloの特許出願

Image credit: Campagnolo

 

今回、米国に特許出願されたものは、温度補償された応力・ひずみセンサーを備えた自転車部品として提出されている。

すでに似たようなものが2021年12月に出願されており、少し改良が加えられいるようだ。

 

今回の特許内容は

  • 前記本体に支持され、検出すべき応力
  • 歪みの方向に従って整列された少なくとも第1の応力
  • 歪みセンサーと、前記本体に支持され、前記感知応力
  • 歪みセンサーと関連付けられた少なくとも第1の温度センサーは、前記第1の応力
  • 歪みセンサーと前記第1の温度センサーが非平行非同時平面に存している

うん、ややこしい。さすがは特許の世界。

 

いつものようにCampagnoloは多くの可能な設計を概説している。わかりやすく言えば、チェーンセットのクランクアームに取り付けられたひずみゲージに依存する装置ということだ。

ひずみゲージは、外側に固定することも、中空のクランクアームの空洞に入れることも可能。

温度センサーが含まれており、「温度補償された応力/歪み測定の信頼性を向上させる」ことができる。

今回の特許では、Campagnoloのパワーメーターの測定は、全てクランクアームで行われる設計になっている。

だが、これで新しいパワーメーターがすぐに登場する訳でもない。Campagnoloは、実に様々な特許を出願しており、スパイダーなのか、ペダルなのか、どのタイプになるかはわからない。

まずは、プロがテストするでしょうから、どんなタイプになるか興味がありますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました