ロードバイクの情報を発信しています!

2021ブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージ まさかプリモッシュ・ログリッチが~

海外情報
Photo credit: Cayetano on VisualHunt.com
この記事は約17分で読めます。

第1週の休息日明けの第10ステージは、最後に登りが待っているコース。

スプリンターが越えられる登りではないので、逃げが決まりそうだ。前半のアタック合戦は凄いことになりそう。

スタート地点では、風が強く吹いているので、ファン攻撃もありそうなステージとなっている。

 

スポンサーリンク

第10ステージ ロケタス・デ・マル〜リンコン・デ・ラ・ビクトリア 189㎞

第10ステージ photo lavuelta

 

アルダルシア地方の海岸線を走るコース。ルートは主に平坦な道路を西に向かって進む。

ただ、スペイン基準の平坦なので、獲得標高は2.327mにもなる。南海岸に沿ってファンが形成される可能性も高い。

ただ、150kmほど走行して、トレデルマールの中間スプリントを通過すると、ベレスマラガ沿岸道路を出て、アンダルシアの内陸部に入る。

2級山岳の平均勾配は5%となっているが、頂上手前5kmの平均勾配は8%を越えている。実際には、10%が3km続いておりスプリンターが越えられるコースではない。

つまり、スプリンターチームが逃げを追うことはないだろう。

 

  1. スプリントポイント トレデルマール
  2. 2級山岳 プエルトデアルマチャル 10.6km・5.0% ボーナスタイム

 

逃げが成功するには、Team Jumbo-Vismaが見逃してくれるメンバーとなることが条件となりそうだ。

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

第10ステージ スタートでの4賞

  • 総合 プリモッシュ・ログリッチ(Team Jumbo-Visma)
  • ポイント賞   ファビオ・ヤコブセン(Deceuninck-Quick-Step)
  • 山岳賞 ダミアーノ・カルーゾ(Bahrain – Victorious)
  • 新人賞 エガン・ベルナル(INEOS Grenadiers)

山岳賞は、第9ステージで逃げ切ったダミアーノ・カルーゾに変わっている。

 

30人の逃げ

 

最初の1時間はav49.3kmという猛烈なスピード。だけど、アタック合戦は全く見れず。放送が始まると、もう30人が逃げている状態。

  1. ジョフリー・ブシャール AG2R-Citroen
  2. リリアン・カルメージャ AG2R-Citroen
  3. クレモン・シャンプッサン AG2R-Citroen
  4.  フローリス・デ・ティア Alpecin-Fenix
  5. アレクサンデル・アランブル Astana-Premier Tech
  6. ルイスレオン・サンチェス Astana-Premier Tech
  7. チェザーレ・ベネティティ Bora-Hansgrohe
  8. マキシミリアン・シャフマン Bora-Hansgrohe
  9. ジョナタン・ラストラ Caja Rural – Seguros RGA
  10. フレン・アメスケタ Caja Rural – Seguros RGA
  11. ギョーム・マルタン Cofidis
  12. ヘスス・エラダ Cofidis
  13. アンドレア・バジオーリ Deceuninck-Quick Step
  14. マウリ・ファンセヴェナント Deceuninck-Quick Step
  15. ローソン・クラドック EF Education-Nippo
  16. イェンス・クークレール EF Education-Nippo
  17. マグナス・コルトニールセン EF Education-Nippo
  18. シャビエル・アスパレン Euskaltel-Euskadi
  19. オリヴィラ・ルガック Groupama-FDJ
  20. ディラン・ファンバーレ Ineos Grenadiers
  21. ヨナタン・ナルバエス Ineos Grenadiers
  22. オドクリスティアン・エイキング Intermarché-Wanty-Gobert
  23. フロリアン・フェルメルシュ Lotto Soudal
  24. ダミアン・ホーゾン BikeExchange
  25. ニック・シュルツ BikeExchange
  26. テイメン・アレンスマン Team DSM
  27. マイケル・ストーラー Team DSM
  28. マーティン・トゥスフェルト Team DSM
  29. ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo
  30. ルイ・オリヴィラ UAE
  31. マッティオ・トレンティン UAE

最もタイムが良いはオドクリスティアン・エイキングの9分10秒。ギョーム・マルタンが9分39秒。これならば逃げても大丈夫だ。

 

集団は、Team Jumbo-Vismaがひくがタイム差ドンドン広がっていく、現在、79.2kmで6分25秒。更に広がりそうだ。逃げ集団は贈り物が貰えそうだ。

 

新城幸也はチームの先頭を走る。

 

ポイント賞のファビオ・ヤコブセンは30人の逃げが決まる前に逃げていた。今日の出番はないが、ご機嫌で投げキッスまでしていたほど。

 

逃げ集団は、人数が多いので順調にタイム差を広げていく。間違いなく、この中からステージ優勝が出る。

 

山岳賞のダミアーノ・カルーゾはメイン集団の最後尾にいる。流石に第9ステージの逃げ切りの疲れがあるのかな。

 

イネオスのディラン・ファンバーレとヨナタン・ナルバエスも積極的に回している。多分、31人もいると引いていないライダーもいるはず。

 

プリモッシュ・ログリッチは、スポーツディレクターのニールマンと話込んでいる。そろそろバーチャルリーダーがかわるタイム差となってきたが、逃げを容認するようだ。

 

さあ、ついにオドクリスティアン・エイキングがバーチャルリーダーに。どこまでTeam Jumbo-Vismaは、ボーナスをくれるだろう。

 

スプリントポイント トレデルマール

先頭から、スプリントポイントを1位通過した、マッティオ・トレンティンと、アレックス・アランブルがアタック!

 

これに2人がジョインして先頭は4人に。

  1.  フローリス・デ・ティア Alpecin-Fenix
  2. アレクサンデル・アランブル Astana-Premier Tech
  3. ヘスス・エラダ Cofidis
  4. マッティオ・トレンティン UAE

 

2級山岳 プエルトデアルマチャル 10.6km・5.0% ボーナスタイム

残り27.8kmでタイム差は、12分42秒に。パーチャルでオドクリスティアン・エイキングが3分12秒リード。ギョーム・マルタンも29秒のリードで総合2位。

 

先頭の4人は29秒差をつけたが、登りなので後ろに追走集団が見える。クライマーがそろそろ牙をむいてくる頃だ。

 

まずは、登りで4人が追いついてくる。次々と追いついてきそうだ。

 

先頭は フローリス・デ・ティア(Alpecin-Fenix)だが、次々に代わりそうだ。

 

今度は、ルイ・オリヴィラがアタック!

 

ルイ・オリヴィラはプロ初勝利に向けて爆走するが、後ろからケニー・エリッソンドが8秒差で追っている。

 

画面が切り替わると、もうケニー・エリッソンドがルイ・オリヴィラを抜いてトップに。

 

だが、後続が追いついて先頭集団が出来上がりそうだ。

 

追いついてきたマイケル・ストーラーがアタック。ブエルタ2勝目を狙っている。

 

メイン集団は、モビスターとイネオスが引き始める。流石にこのタイム差はいけないだろう。

 

先頭のマイケル・ストーラーを追う追走は7人。更に絞られそうだ。

バーチャルリーダーのオドクリスティアン・エイキングもいる。間違いなく、今日でマイヨ・ロホ獲得だ。

 

ギョーム・マルタンは、バーチャルリーダーのオドクリスティアン・エイキングをマーク。

 

マイケル・ストーラーは、後続に36秒のタイム差をつける。下りで追いつかれない為にも、もっと稼いでおきたい。

 

ギョーム・マルタンが頂上手前1kmからアタックをかけて、振り切ろうするが皆離れない。追走は8人。

  1. ジョフリー・ブシャール AG2R-Citroen
  2. クレモン・シャンプッサン AG2R-Citroen
  3. ギョーム・マルタン Cofidis
  4. マウリ・ファンセヴェナント Deceuninck-Quick Step
  5. ディラン・ファンバーレ Ineos Grenadiers
  6. オドクリスティアン・エイキング Intermarché-Wanty-Gobert
  7. ニック・シュルツ BikeExchange
  8. ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo

 

追走集団も2級山岳を越える。あとは下りだけだ。

 

なんと、ここでリチャル・カラパスが引く集団からプリモッシュ・ログリッチがアタック!

 

なんと誰も、プリモッシュ・ログリッチについていけない。

 

プリモッシュ・ログリッチを追走するのは、エンリク・マス、ミゲルアンヘル・ロペス、セップ・クス、ジャック・ヘイグだけ。イネオスは全滅だ。

 

マイケル・ストーラーは、残り7.7kmで51秒も後続にタイム差をつけた。これはブエルタ2勝目は間違いない。

 

ログリッチは、後続を引き離し始めた。すでに20秒のタイム差を稼ぎ出す。頂上までには更にタイム差を広げそうだ。

 

先頭のマイケル・ストーラーを追うのは3人。

  1. クレモン・シャンプッサン AG2R-Citroen
  2. マウリ・ファンセヴェナント Deceuninck-Quick Step
  3. オドクリスティアン・エイキング Intermarché-Wanty-Gobert

 

マイケル・ストーラーは、残り2.3kmで21秒まで迫られる。

 

あ~、ここでプリモッシュ・ログリッチがカーブで落車してしまう。

 

 

ログリッチは、チェーンをはめて再び走りだす。大きなケガはないようだ。

 

 

ログリッチは、後続の3人に追いつかれてしまう。プリモッシュ・ログリッチのアタックは帳消しだ。

 

もう、ログリッチは後ろについて下るだけだ。大きなケガはないようだが、擦過傷と打撲はあるだろう。

 

マイケル・ストーラーは、無事に逃げ切り。ゴール前では、何度も後ろを振り向いて確認。マイケル・ストーラーは、第7ステージに続いてブエルタ2勝目だ。

これで来シーズンはFDJに移籍させるのだから、Team DSMはよほどチーム予算に困っているとしか思えない。

ステージ5位で帰ってきたオドクリスティアン・エイキングがマイヨ・ロホに。

Intermarché-Wanty-Gobertは、レイン・タラマエに続いて、二人目のマイヨ・ロホ獲得となった。これは凄いことだ。

オドクリスティアン・エイキングは、ノルウェー出身の26歳。2016、2017年とFDJで走っていたが、2018年からWanty – Groupe Gobertに移籍。

これまでプロ通算3勝をあげている。ギョーム・マルタンに対して58秒。ブリモッシュ・ログリッチに対して、2分17秒のタイム差があるが明日のステージで守れるかはわからない。

プリモッシュ・ログリッチは、登りであればいつでも仕掛けてくるので明日のゴールの登りで、しっかりとついていかないといけない。

だが、激坂が待っているので……。

 

こちらはハイライト動画

 

リザルト

第10ステージ リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1
 STORER Michael
Team DSM100804:09:21
2
 VANSEVENANT Mauri
Deceuninck – Quick Step40500:22
3
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team2035,,
4
 VAN BAARLE Dylan
INEOS Grenadiers1225,,
5
 EIKING Odd Christian
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux418,,
6
 NARVÁEZ Jhonatan
INEOS Grenadiers 150:51
7
 SCHULTZ Nick
Team BikeExchange 12,,
8
 BOUCHARD Geoffrey
AG2R Citroën Team 10,,
9
 CALMEJANE Lilian
AG2R Citroën Team 8,,
10
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo 6,,
11
 AMEZQUETA Julen
Caja Rural – Seguros RGA 5,,
12
 MARTIN Guillaume
Cofidis, Solutions Crédits 4,,
13
 TRENTIN Matteo
UAE-Team Emirates 31:32
14
 DE TIER Floris
Alpecin-Fenix 2,,
15
 LE GAC Olivier
Groupama – FDJ 12:20
16
 LASTRA Jonathan
Caja Rural – Seguros RGA  3:00
17
 HOWSON Damien
Team BikeExchange  3:02
18
 BAGIOLI Andrea
Deceuninck – Quick Step  ,,
19
 HERRADA Jesús
Cofidis, Solutions Crédits  ,,
20
 OLIVEIRA Rui
UAE-Team Emirates  3:16

逃げのメンバーがほとんど逃げ切りという大盤振る舞い。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCITime
119▲18
 EIKING Odd Christian
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux2038:37:46
220▲18
 MARTIN Guillaume
Cofidis, Solutions Crédits 0:58
31▼2
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma 2:17
42▼2
 MAS Enric
Movistar Team 2:45
53▼2
 LÓPEZ Miguel Ángel
Movistar Team 3:38
64▼2
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious 3:59
75▼2
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers 4:46
88
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma 4:57
96▼3
 YATES Adam
INEOS Grenadiers 5:01
109▼1
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe 5:42

オドクリスティアン・エイキングは、生涯最大の大きなプレゼントを貰った。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
11
 JAKOBSEN Fabio
Deceuninck – Quick Step  180
22
 PHILIPSEN Jasper
Alpecin-Fenix  164
33
 DÉMARE Arnaud
Groupama – FDJ  74
44
 DAINESE Alberto
Team DSM  73
55
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma  71
66
 MATTHEWS Michael
Team BikeExchange  70
77
 CORT Magnus
EF Education – Nippo  67
89▲1
 CALMEJANE Lilian
AG2R Citroën Team  59
922▲13
 TRENTIN Matteo
UAE-Team Emirates  54

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntPoints
11
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious  28
22
 BARDET Romain
Team DSM  22
35▲2
 STORER Michael
Team DSM  17
43▼1
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers  16
54▼1
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious  15
66
 ROGLIČ Primož
Team Jumbo-Visma  12
78▲1
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo  11
87▼1
 TAARAMÄE Rein
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  10
99
 KUSS Sepp
Team Jumbo-Visma  9
1010
 MAS Enric
Movistar Team  7

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11
 BERNAL Egan
INEOS Grenadiers38:42:32
22
 VLASOV Aleksandr
Astana – Premier Tech1:26
33
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious2:08
44
 LÓPEZ Juan Pedro
Trek – Segafredo4:37
55
 ROCHAS Rémy
Cofidis, Solutions Crédits16:54
68▲2
 CHAMPOUSSIN Clément
AG2R Citroën Team19:10
711▲4
 STORER Michael
Team DSM29:31
86▼2
 CRAS Steff
Lotto Soudal31:54
97▼2
 PADUN Mark
Bahrain – Victorious37:09
109▼1
 SIVAKOV Pavel
INEOS Grenadiers38:29

コメント

タイトルとURLをコピーしました